アカデミー賞チラ見

後半の主要部門をちょい見ただけなんで、エラそうなことは言えんけど、司会はスティーブ・マーティンとアレック・ボールドウィンの二人組だったってこと?
しかし、作品賞「アバター」でなくて良かった。「アバター」は技術的な面でのエポックメイキングな作品とは認めつつも、もし作品賞を取ったりしたら「そこまで大した映画か?」(もちろん面白いが)と、おいら途端にアンチ「アバター」になったであろう、、

見た範囲では、主演男優賞、主演女優賞の候補者各人をそれぞれの共演者や縁のある人たちが壇上で紹介するってのが、良かったなぁ、豪華な顔ぶれが並ぶし、(この形式って今年からなの??なら、他の分野とかでも今後流行りそう、、時間は長くなるけど)
ティム・ロビンスのモーガン・フリーマン紹介と、スタンリー・トウィッチのメリル・ストリープ紹介が面白かったな。スタンリーの「個人のノミネートは16回まで」には腹抱えて笑たよ。

e0089956_045395.jpg今回、個人的に嬉しかった受賞は助演男優賞クリストフ・ヴァルツと作曲賞「カールじいさん」(音楽は大好き)かなぁ、、
あと、レジー賞と主演女優賞ダブル受賞のサンドラ・ブロックは女気があって素敵よ!レジー賞にもちゃんと出席するんですもの、エラい!!!

てことで、「ハート・ロッカー」楽しみ!!
[PR]
by cinema-stadium | 2010-03-09 00:47 | Comments(0)