■インファナル・アフェア  (HR)

at  渋谷東急 2003 10/14

うひょ〜、ガツンと来ましたぜ!ガツンと!
こんなガツンは「男たちの挽歌」1作目以来じゃないか?
とにかく泣けた!泣けた!泣けましたぜ!
少々のエエ男系ぐらい、平気でボロクソにけなす、うちのカミサンが
TVスポット見て「なんか、この映画、
いい男たちの匂いプンプンするね」と言ってたけど、まさしくズバリ!

おいらが2回連続して観るなんて十数年ぶりですわ!
観る前はトニー・レオンとアンディ・ラウの銃撃戦か?と思いこんでたら、
なんのなんの、ドラマで見せる、魅せる!
使い古された感のあるアイデアを逆利用する
そのシナリオの発想力と構築力に唸ったね、おいらは!

ほいで、その完璧なホンを今までの香港ノアールっぽくなく
終始クールに描き尽くしたカントクのセンスに惚れましたぜ!
監督だれや?思たら、5〜6年前イキのいいストリートギャングを描いて、
おいらのハートを心地よくジャストミートした
「古惑仔コーズウェイベイの疾風」の監督やんか!
ありゃとてつもなく熱かったけど、こんなクールな世界も描けるのね、、
もう、なんといってもトニーとアンディの素敵なこと、、
この二人になら犯されてもいいですワ、、、おいら


>>CINEMA / LINEUPへ
>>ア行タイトル一覧へ
[PR]
by cinema-stadium | 2003-10-14 23:43 | Comments(0)