音楽と映像

「バンド・オブ・ブラザース」の吹替え版放送の
最後に流れるイメージソング
“廃虚の鳩”(だれが歌ってんのか忘れたが)とやらが異様にドン臭い。

あの映像見てイメージしたんは、そんな腰砕けのフワフワした音かい!
(歌詞はなんて言ってるか知らんが)余韻ブチ壊しですがな。



そういや最近の映画でも、大御所ジェームス・ホーナーの
「ウインドトーカーズ」での仕事は浮いて聞こえたなぁ。
ウーさんの世界とイマイチ相性が悪いように思うんだけど。

逆に余韻の振り幅を大きくしてくれたのは、
「ピンポン」のエンドロールで流れる
曲(タイトルとかも全然知らんが)だったなぁ。
「猫の恩返し」の最後の曲も気持ち良かったなぁ・・
その辺も結局は、好みの問題なんかなぁ。
[PR]
by cinema-stadium | 2002-08-11 03:05 | Comments(0)