これぞドラマ!!

今日のヤンキースとレッドソックスのア・リーグ優勝決定戦の最終戦は
今年観たどんな映画よりもドラマチックでスリリングで面白かった・・
おいらが野球の試合で号泣したの、いつ以来だろうか。



ヤンキースは前の七回裏にせっかくジオンビのホームランで
4-2と2点差に迫ったのに、
8回表、代わったウェルズがホームランを浴び5-2に・・
もうおいらはこの時点で試合をあきらめた。

ふてくされてベランダで煙草をふかし、
さ、次の松井の打席を観たら、仕事すすめよと思ってた。
「相手は世界一のピッチャーのペドロ・マルチネス、
しかも今日は調子がいいときてる・・もう勝てるわきゃあねぇ・・」
ついにバンビーノの呪いも解け、
今年のア・リーグ代表はレッドソックス・・
おいらだけでなく世界の誰もが、そう思ったことだろう・・


ところがだ、その裏1死から奇跡が起こった!
ペドロに対し、ジーター、バー二ー、松井、ポサーダの
4連打で3点差を追い付いたのだ!
松井が同点のホームを踏んだときは、こちらも思わずガッツポーズ!
ほいで画面の松井といっしょに飛び跳ね、そして号泣・・・・
ここから先は、もう仕事どころじゃない!

そして、延長10回裏、ブーンのサヨナラホームランで
ヤンキース優勝・・
もう、おいらは燃え尽きてフラフラである・・

今日はワインでも買って祝杯でもあげよう・・
明後日からはワールドシリーズだ!!

>>BASEBALL / LINEUPへ
[PR]
by cinema-stadium | 2003-10-17 04:58 | Comments(0)