娘の入学式

おいらの子供時代も、21世紀の今でも、
九州でも、江戸でも、
驚くほど代わり映えしない学校教育の式典・・
進歩や進化とは無縁の空間に改めて笑た。



娘の担任は、2年目の若い女の先生だった。
カミサンは「せめて1年生はベテランの人がいいのに」と嫌がった。
おいらは「ベテランのオバはん先生でなくて良かった」と喜んだ。


>>子育ての話 / LINEUPへ
[PR]
by cinema-stadium | 2004-04-06 22:59 | Comments(0)