授業参観

立て込んでて、「スパイダーマン2」の先行にも
いけない状態なのだが、
娘の初めての授業参観だけは見にいかないわけにはいかず・・
無理して行ってきた。



東京すべての公立小学校がそうなのか知らぬが、
月曜から土曜まで「公開授業」の週間として設定されており、
好きな時に見たい授業を観れるシステムは親としては実にありがたい。
で、結局、最終日の最終授業の体育を見ることに。
観た授業は1年生の2クラスがいっしょにやる、
いわゆる「合同体育」であった。

入学当初、学校に行くこと自体を毎日楽しみにしてた娘が
最近、あんまし楽しそうでないばかりか、
なんか気だるさを伴ってるのが少し気にはなってたが、
暑さから来るものと軽く思ってた。
しかし、今日わかった。こりゃつまらんはずだ。
ここまで東京の公立小学校の教師のレベルが低いとはびっくりした。
いや、低いというより、ほぼ間違いなく無能である。

まず始業開始のチャイムが鳴っても
中々、子供たちが体育館に入ってこない、、
あまりに遅いので、場所と時間を間違ったのかと、カミサンに電話して
確認しようとしたとき、2クラスの子供が担任を先頭に現れた。

そのとき、すでにチャイムから15分経過・・
この時点で楽しいはずの体育の時間が、
45分のうち15分が消えている。
いかに低学年とはいえ、着替えにそんな手間がかかるとは
聞いたことはない。
普通、子供自らが休み時間にサーッと着替えて、
1分でも早く始め、1分でも長くやりたいと思うのが体育ではないのか??

で、体育館に入ったはいいが、
並んで準備体操が終わるまでに、また10分・・
とにかく、だらだら、だらだら、、
担任の教師2人がだらだらだらだら動きゃあ、そら子供もそうである・・
しかも教師の話が通らない・・話を誰も聞いちゃいない・・てゆうか、
説明するオバはん教師(1年主任)が
子供を振り向かそうという工夫すらしないんである。
一方的に全体に向かって小声でしゃべって
「聞こえましたか」「わかりましたか」だけ・・

相手は1年生である・・普通に大人に説明するように話して、
伝わるわけなかろう・・
こいつバカじゃなかろうか、と真剣に思った。
オバはんなら、もう何年も教師やってるはず、、、
こんな腐れババぁが
よう何十年も教師を続けられるちゅう事実がホントに不思議。

ほいで、授業開始後30分でやっと、本題の時間に入る。
残りは15分。ボールを使ったリレーである。
当然、子供たちは勝敗が絡むリレーでは盛り上がる・・

ここで「そうかぁ今日はリレーの授業かぁ」とばかり思ったおいらは
オバはん教師が第1レースが終わって、子供たちにどんな助言なり
アドバイスや励ましなりを与えるか、興味津々であった。
しかし、勝ったチームを拍手して終わり。それで終わりである。
しかも、このオバはん、嬉しくもなさそうなツラで、単に拍手を強いるだけ・・
その時点で、残りは10分。

次、いきなりドッジボールに移ることに。
ドッジボールと聞いて喜ぶ、阿呆な男子の姿は今も昔も変わらない・・
しかし、またチーム分けと説明に5分・・
やっと、試合開始・・この時点で、残り5分・・
2人の担任教師は、ホイッスル鳴らして審判するだけ・・
で、5分してチャイム鳴って終了である・・

さぁ、授業の最後に全員を集めて、気の利いたまとめの言葉でも
あのババぁが言うのかぁ・・あやつに言えるかな?
と心配したが、心配は無用だった。
授業の最後に全員を集めないんである、
皆を集めて、ほめる言葉を一言もかけないんである、
そのまま、だらだらと解散させただけである。

もうこうなりゃ、教師のいる意味なんてまるでない。
45分の体育のうち、子供がからだを動かしてる時間が
10分強しかない・・
だったら、45分まるまる好きに遊んでる方が有意義じゃん!
よほど充実してるじゃん!
親もそっちのほうが嬉しいに決まっとるやんか!

まるで、やる気のないババぁ教師は、即刻クビにせぇ!
いや死刑でもええぞ! 子供にとって1億害あって1利なし!
しかも、おいらたちの税金で
あの能無しババぁども食わせてると思うと無性にムカつく!
死ね!おんどりゃ!!・・
と「スパイダーマン2」観れないストレスぶつけてみても
あの学校はようならん・・

それにしても、5月の運動会を観て思ったことが的中であった・・
家に帰ってカミサンに話したところ、何も今回の体育に限らないらしい・・
カミサンは数日前に国語の授業を観たらしいが、それも酷かったらしい。
(なんでも、ウチの娘が45分の国語授業の中でしたことは、
前日書いた自分の短冊1枚を、画用紙にはっただけとか・・)

「子供の時間をバカにしないでほしいわ」
おいらの話を聞いてカミサンが怒り出した。
「このままじゃ、上級生になったときの
ウチの娘のドヨーーンとした雰囲気がもう想像できるもん」

娘に転校させるのは可哀想ということで、
いま住んでるとこからの引っ越しなんて考えもしなかったが、
あんなヒデェ学校にやるくらいなら、
引っ越して違う学校にやった方がいい
という話にまでなった。

とりあえずは、次の「公開授業」のとき、他のクラス、他の学年の授業も
観てみようということに・・
無能教師が1年の担任コンビだけなら、なんとか1年我慢して、
すべての学年、クラスの担任が同じようにボンクラ揃いなら、
来年には引っ越そうということになった。

おいらの感じた学校全体の雰囲気、
子供たちのトータルな印象からすると、
この学校は、やる気のないババぁ教師たちに蝕まれた
再起不能の学校と判断したが・・はて??

忙しいのに、こんな長文書かせんな!
ババぁ教師め、はよ死ね!


>>子育ての話 / LINEUPへ
[PR]
by cinema-stadium | 2004-07-04 23:18 | Comments(0)