やっぱり腐れタダレきっとる厚生労働省

夕べ〜今日の夜中、上の娘が高熱を出したので、
日曜の夜でも確実にやってる近くの大きな病院につれてった。
んで、そこで受付するとき、窓口の兄ちゃんから、いきなり
「初診料とは別に〜〜〜のため4200円がかかりますが、
いいですか?」と聞かれた。



最初はよう話を聞いとらんだったが、どうやら診察とは関係なく
4200円も払わなんいかんらしいことを悟り、
「は?なんやそれ?」と兄ちゃんに聞き返した。

兄ちゃんの話からすると、どうやら厚生労働省からの通達で
開業医と大病院の患者数のバランスをはかるため、
ベッド数200以上の病院に、
緊急を要する者以外が診察受ける時には初診の際、
別途4200円取るようになった、と、こういうことらしい・・

別に兄ちゃんのせいでもないが、
つい「打たるっぞ」と口から出てしもた・・

娘が苦しんでて、緊急を要するから、
他に病院は開いとらんから
仕方なくここに来たとぞ、バカたれ!

要するに貧乏人は大病院に来るなということらしい・・
誰が決めて、いつからそぎゃんとの始まったつや??
ほなこつ、ブッシュのバター犬・小泉が首相になってから、
ロクな国にはなりよらん・・

娘のためならナンボでも金払う気はあるが、
こげん納得いかん金は本当はビタ一文たりとも払いたくねーぞ、、、

幼い子を持つ、貧乏人の親の皆さん、このクソ国家は、
皆さんの子供は大きな病院に診せに来るなてですばい!

そろそろ、永田町から霞ヶ関にかけて、将軍様に一発テポドンをば
ぶち込んでもらわんといかんごたるな!


>>子育ての話 / LINEUPへ
[PR]
by cinema-stadium | 2005-02-14 03:15 | Comments(0)