DVD浸けの次女

うちの2才になる次女は、どちらかというと
手のかからない子だと思う。
昔から(といっても、ここ2年のことだが)
相手してやれないときは、
DVDを垂れ流しにしてれば、それに集中してくれる。



ビデオで、上の娘にはホラー系を見せて失敗してるので、
下の娘に見せる作品は結構慎重に選んで見せてる。
ピクサー作品、ジブリ作品はじめ、パワパフ、リロ&ステッチ、
アイスエイジ、グリンチ、、、と、我が家のテレビの上には
健やかな子供用の作品が20本くらい並んでいる。

んで、下の娘のスゴいのは、それらの中の一つの作品に偏ることなく
すべてを万遍なく楽しめることだ。
昨日「パンダコパンダ」に夢中になってたかと思えば、
今日は「トイストーリー2」が見たいと言い出し、
明日は「トムとジェリー」が見たいと言っては、お気に入りの毛布にくるまり、
ゴロゴロしながらテレビ画面に集中している・・・

ほいで、ちゃんと作品に出てきたセリフから言葉の学習して
普段の生活において応用して使うし、
笑うべきシーンではガハハハと一人で陽気に大笑いしてる・・
どうやら、こちらの思ってる以上に、
DVDは娘の先生であり友達になっているようだ。

これでいいのだろうか、、、、とカミサンとともに思いながらも、
忙しいときはDVDに甘えさせてもらってる・・

う〜ん、あのゴロゴロしながらというのが、自分を見るようで辛いが・・


>>子育ての話 / LINEUPへ
[PR]
by cinema-stadium | 2005-10-02 01:15 | Comments(0)