夏の満員電車

きのおの朝、2日徹夜して作った企画書を担当者に渡すために、
普段は無縁の満員電車に乗るはめになった。

キレイなオネイさんが肌も露な姿で、おいらに密着してくる!
いい匂いの髪がじかに鼻に当たる!!こりゃたまらんですわ。



手のアリバイを明確にするため、両手でつり革をもち、
余計なことを考えぬよう、目を閉じた。
途中の駅で、密着感が変わり、匂いも変わった。
目を開けると、むさ苦しいオッサンがおいらにまとわりついていた・・
お前は向こうへ行け!おいらに近寄るな!!

ということで、無事に企画書を渡した後は、
貪るように2日分の睡眠を取り戻した・・そんな昨日のおいらであった。
[PR]
by cinema-stadium | 2002-07-27 01:59 | Comments(0)