野沢尚「深紅」

関西出張の行き帰りの新幹線で、一気に読んでしもた。

野沢さんの書いたシナリオで、
自分の中に残ってる映画ってほとんどないし、
TVドラマもすぐ浮かぶのは「眠れる森」くらいしか・・
でも、小説家・野沢尚って
「破線のマリス」読んでからずっと気になっちょりました。



「マリス」は最後暗胆たる気持ちになるけど、
面白かったのには違いない。
んで、「マリス」読んで、野沢って人、人間信じらんない奴なんかなぁって
勝手に思ってたけど、今度読んだ「深紅」で、それ撤回。

こりゃいいスよ!
最初の2〜3ページ読んだだけでガバッと鷲掴みされて、
あとは貪るように読み干した。
前半の強烈なまでのインパクトから、中盤以降、
ちっちゃなちっちゃな世界に入りこんでくんだけど、それが逆に泣ける・・・

映画化希望!ぜひ、池脇千鶴と田中麗奈で!
もしくは、あと2年後の上野樹里と長澤まさみで!
あとはひたすら、凡作で終わった「マリス」の映画化の
二の舞いにならぬことだけを祈る!
[PR]
by cinema-stadium | 2004-03-08 02:56 | Comments(0)