ありがとう、、松井

今日は仕事で試合を見れなかったが、打ち合せ先で敗戦を知った、、
同じく松井&ヤンキースの熱狂的ファンの仕事仲間から、
試合経過と、松井の今日の内容をおおまかに教えてもらい、
おいらは思い切り沈んでしまった、、、
負けは負けでも、おいらがもっとも恐れ、もっとも望まない負け方であった、、、



試合後の松井の心中を思うと、胸が痛くて痛くてたまらない、、
なんで、松井と知り合いでもないおいらがこんなに苦しいのか、
自分でも不思議ではあるけど、なんか松井を見てると
自分の家族、あるいは自分自身がやってるかのごとき思いに
なっちまうんである、、、
おそらく、多くの松井ファンがそうであるように、、

でも、今日の結果に、世界でいちばん悔しく、歯がゆく、
つらい思いしているのは、他でもない松井本人なんだから、
もう今日の試合のことはあれこれ言うまい、、、
早く日本に帰ってきて、ゆっくり休養してほしいもんだ。

ニューヨークじゃ、いろいろ言われるだろうけど、何ら恥じることはない。
勝負事なんだから、勝者がいれば敗者がいるわけで、
たまたま今回ヤンキースは後者になっただけのこと、、
松井はその中で、たまたま今日打てなかっただけなんである。

松井は天才でも、完璧でもないから、今日みたいなこともある。
逆に、完成してないからこそ、まだまだこれから伸びてくプレーヤーなんである。
きっと、今日の試合が、来季の松井をもっと大きく成長させてくれることだろう、、
(スタインブレナーにはわかんないかもしれんが、、)

とにかく、おいらはただただ松井に、
今年も夢を見さしてくれてありがとう、ということと、
一年間お疲れさまと言いたい、、、、

そして、来季、たとえピンストライプでなく、
違うユニフォーム着ることになったとしても、また来年、
おいらは応援し続けるぜ、Hideki Matsuiを!

>>BASEBALL / LINEUPへ
[PR]
by cinema-stadium | 2005-10-11 23:39 | Comments(0)