■LOOPER ルーパー(HR)

at ららぽーと横浜TOHOシネマズ1  2013.01.12

地元のほうではSF作家の梶尾真治さん一押しとのウワサ。ならタイムトラベル表現は安心だろうと臨む。
e0089956_756356.jpg

●なんか「ターミネーター」の一作目とか、「12モンキーズ」に出会ったときの感触に近かった。恐らく続編は無いだろうからクローネンバーグの「デッドゾーン」的位置のカルト的人気を持つ作品になるだろう。
●ターゲットは30年後の自分、というシンプルな魅力的プロットに加え、まさかあの要素まで絡ませて来たのにはビックリした。まだまだアイデア残されてるんだなあ、映画って。
●欲を言えば、エミリー・ブラントとレヴィット君の愛を、やり過ぎなくらい切ない系に振って欲しかったし、ブルース・ウィリスの上海ラブもあと少し丁寧さが欲しいわな。その対比は俺好み映画としてのキーですし。
●エミリー・ブラントは「砂漠でサーモンフィッシング」も良かったが、これも全く違う田舎の母役を好演してて魅力の幅が広い。次回のボンドガールに推薦!
●しかし、良いタイトルだなあ。タイトルが余韻を増す好例。
[PR]
by cinema-stadium | 2013-01-13 03:32 | Comments(0)