◼︎レヴェナント 蘇りし者(HR)

チネチッタ8 2016/4/23
e0089956_10373545.jpg●レオ、祝オスカー受賞、おめでとう!アレハンドロ監督は、先の「バードマン」の小手先のイヤラしさが何か嫌いだったが、この有無を言わせぬ腰の据わった骨太感は素晴らしい。重々しいが魂の振幅が映像に刻まれている。
●作品を成功に導いたレオの堂々たる主役ぶりも素晴らしいが、オレはそれ以上に野卑なトム・コーディの方を買う。作品における自らの立ち位置をよく理解しているイイ役者だと思う。
[PR]
by cinema-stadium | 2016-04-23 18:51 | Comments(0)