■哭声 コクソン(HR)

試写 2017.1.12
e0089956_124948.jpg●これぞ韓国映画の底力!!「エクソシスト」でもなく「エンゼルハート」でもない、全く新しい気色悪さ。閑散とした山村の閉じた近隣感が今の世界の閉塞感に共通するものを感じるわ、、
●しかし「チェイサー」「哀しき獣」のあとにコレとは、、ナ・ホンジン監督は、ポン・ジュノが「殺人の追憶」の後に「グエムル」放ったのと同じように、才能の底知れぬ可能性を感じる。北朝鮮、朴槿恵、日本、、、韓国とりまく現況を全て先取りして投影したような恐るべき慧眼、そこに笑いすら乗っける余裕、、
●國村さんの善人でも悪人でも演れる幅広さをうまく利用したナイスキャスティング!「新しき世界」「ベテラン」で大好きな俳優となったファン・ジョンミンの紛らわしいキャラが、さらに世界観を混沌とさせて素晴らしい!
[PR]
by cinema-stadium | 2017-01-12 09:33 | Comments(0)