■ザ・コンサルタント(H)

109シネマズ二子玉川9 2017.1.21
e0089956_10482446.jpg●予告見る限り、好きな要素だらけで期待してたが、全部のキャラがモヤッとしたまま着地した感じで、ストレス残った。
●まず優秀な会計士であることが(不正を一晩で暴くシークエンスは良かったが)、戦闘シークエンスでまるで活かされないのはどうよ。以前、デンゼル・ワシントンが演った、ホームセンターの店員が実は、、という「イコライザー」の方が、よほど裏と表の絡み方もバランスも旨かったよなぁ。
●え?アナ・ケンドリックの絡みは、そんだけ?をはじめ、捜査側がまるで本筋と絡まないのも驚くし(なら彼ら最初から必要ないじゃん!)、黒幕がスキだらけで意外に小物感たっぷりなのと、強敵の素性も出てきた瞬間分かる弱さは相当イタイ。
●、、といった感じで、これまでのアクション映画の流れを期待すると、全部肩透かしを食らう、、そういう意味では新しい映画なのかもしれん。
●ただ、素晴らしいのは、主役のヒーローの童貞感!これは今の時代にマッチしているこの作品の強みであることは確か。
●にしても、邦題ひでぇな、カタカナにすりゃカッコええって考えてるの見え見えで反吐が出る。まま「会計士」のほうが1000倍はマシ。
[PR]
by cinema-stadium | 2017-01-21 23:00 | Comments(0)