■沈黙サイレンス(HR)

ららぽーと横浜premiere 2017.1.27
e0089956_16294010.jpg●観てる自分が踏み絵を踏まされてるかの如き錯覚すら起きる、かつて神父志したスコセッシ師匠、渾身の一作。
●劇伴一切使わない沈黙の徹底ぶりと、ギリギリの選択の連続は、ある意味スコセッシ版「ダークナイト」か。勘違い日本描写でなく、日本の香りもちゃんと出ていると思ったよ。
●観てもいないでガタガタいう奴らの騒音がウルセェが、物知り顔でなく異国からのパードレ視線に徹して、奇妙な国の閉鎖思考を理解しようと、淡々と歩みよってくるスコセッシ師匠の姿勢は好きだなぁ。それが退屈に見える人も多いかもしれんがな。
●イッセー尾形がトランプに一瞬見えたが、ある意味スコセッシの予言と警告かもしれんねぇ。いまだから必要な映画であることは間違いない。
●浅野くんが「一方に偏るな」とかいう笑える矛盾とキチジローの狡猾な弱さが、まるで変わってない日本そのものでイタイわ。
●アンドリューも、カイロ・レンも、窪塚くんも、浅野くんも、イッセーさんも、塚本監督もみんな素晴らしい仕事。みんなこの作品のあと、ホントに化けそう、 、スコセッシ師匠と出会えて羨ましいわ
[PR]
by cinema-stadium | 2017-01-27 23:36 | Comments(0)