■マイケル・ムーアの世界侵略のススメ(HR)

みゆき座 2016.6.16
e0089956_1716239.jpg
●マイケル・ムーアの作品のリズムの良さは、相変わらず心地よい。労働、教育、食事から囚人環境まで、人の幸せとは何かを辛辣な視線で問うわけで、アメリカを刺すイコール日本を刺されるわけで、かなりイタイわな
●アプローチとしては「シッコ」に近いが、相変わらず勉強になるし、何より面白いもん!やっぱ、この手の母国批判させたらマイケル・ムーアの右に出るものはおらんわ。本当の愛国者だと思う。
[PR]
by cinema-stadium | 2016-06-16 14:03 | Comments(0)