■君の名は。(HR)

109シネマズ二子玉川9 2016.8.26
e0089956_18130100.jpg●突っ込みどころ満載だが、それを突っついたところで何の生産性もない。むしろ、この映画的疾走感を賞賛してあげないと、この国の映画の将来は危うい。
●しかし、この「君の名は。」然り、「シン・ゴジラ」「ヒメアノ〜ル」「ディストラクション・ベイビーズ」「日本一悪い奴ら」「セトウツミ」「クリーピー」「殿、利息でござる」「ちはやふる」「モヒカン故郷へ帰る」「アイアムアヒーロー」、、と、今年、日本映画が突然の覚醒。
●ここ数年、幼いウンコ映画ばかりがヒットする状況に、この国の将来すら危うく感じてたけど、それがウソのような豊作ぶりは嬉しい限り。プロデューサーの世代交代がうまい具合に行き始めたのかな?
[PR]
by cinema-stadium | 2016-08-26 15:20 | Comments(0)