やっと、24シーズンVに突入!

先週金曜、久しぶりに何も予定がなく、一日完全オフだった。
だもんで、予定では、朝から、今まで我慢してきた24シーズンVをとりあえず1巻目だけ見て、昼からは「ザ・フォッグ」と「トゥモローワールド」を観に映画館に行って、その帰りにまた2巻目を借りて、、というつもりだった。

ところが、だ、、1巻目を見たが最後、、もうダメ、、「ザフォッグ」どころではなくなった。
見終わったら、即、次の2巻借りて、、の繰り返しで、結局、計7巻14話、まるまる1日「24」漬け、、
e0089956_20533092.jpg噂には聞いていたが、このシーズンV、初っ端から面白い!面白過ぎる!この面白さ、犯罪的!!
てゆーか、エミー賞の作品賞獲って、今度のゴールデングローブ賞にもノミネートされてるだけあって、ハッキリ言うて今シーズンの出来は、メチャメチャスバラしい!!まだ最後まで観てない段階で言うのもなんだが、恐らくシリーズNo.1の出来だろう。

※以下、シーズンVの情報を一切知りたくない方は、進むのをここでやめられたし!



ある意味、「24」も、今回が仕切り直しの意味合い強く、馴染みある、あのキャラも、このキャラも、え〜!そのキャラまで、、、って、ことごとく…。ああああ、マジで???ようも、こんな話考えつくなぁと毎回感心すること、しきり、、、

あえて一つだけエピソードに触れるとして、たとえば、、、
ロシア大統領暗殺を企てるロシア系テロリストが、「ロスにVX神経ガスを巻き散らかさない代わりに、訪米中のロシア大統領の車の移動ルートを教えろ」と、合衆国大統領に要求、、、
20万人の市民の命か、ロシア大統領の命か(ロシアとの外交上の致命傷を負うか)、の選択を迫られる合衆国大統領のその苦悩だけでも、充分話は成立するのであるが、この脚本家は、それだけじゃ済まさない。ロシア大統領の車に、合衆国大統領夫人も同乗させてしまうのである!
しかも、彼女は、大統領である旦那がテロリストの要求を呑まないように、自らの意志で自らの身体を張って乗るのである(見てない人ゴメンナサイ、でも、今シリーズの面白さの1000分の1程度に触れたに過ぎませんから、ご安心を)。

こんなのが毎回続くのである、、うぉおお、どうなるんだぁ、、と思ってると、「…59:57」と例のデジタルカウントが点滅、、、続きを知らず、このままジッとしておられるか!とTSUTAYAへ、、その繰り返しだ、、もうほとんどシャブ中といっしょ。
やっぱ、このシリーズは、「おお、この件はどうなるんだ!?」という思いに、次回の一話でちゃんと一発回答してくれるところがエラい!!ひとつの謎や危機のシチュエーションをダラダラと何回も引っ張らないのがエラ過ぎる!!あわせて、別の「次はどうなるんだ?」というシチュエーションをちゃんと他に用意しているからスゴい!!もう特にシーズンVは、毎回、参りましたって感じ、、、

今シリーズは、ゲストもスバラしいィィ!!何といっても、「ロード・オブ・ザ・リング」のサムこと、ショーン・アスティンが泣かせる!!加えて、ETといっしょに空を飛んだトーマス・ハウエルが(この辺、キーファーのブラッドパッカー世代の仲間なのか?)!!さらには、「ロボ・コップ」ピーター・ウェラーが!!ジュリアン・サンズまでもが!!

とはいえ、今シーズンのキモは、合衆国大統領であり、以前のパーマー大統領とは正反対の、ボンクラでオドオドしていながらも狡猾、というキャラ設定が非常に話を面白くしてる。
まさにボンクラ・ブッシュをコケにすることから、このシーズンVの発想はスタートしてるようで非常に痛快!
それにしても、戦争もの以外で、こんなに人が死ぬTVシリーズは、かつてあっただろうか?オイラが意識してるだけで、これまでの14話(14時間)で既に100人近くが死んでるぞ、おい。

土曜から今日まで立て込んでいて、続きが見れなかったが、さぁ今から再開だ!!
でも、ちょい複雑、、、ここで一気に見終わってしまうと、なんとも寂しくて仕方がないからなぁ、毎年、、、う〜ん、、残り5巻かぁ、、、やばいなぁ、、
[PR]
by cinema-stadium | 2006-12-18 21:02 | Comments(0)