ドナー版 スーパーマンII観た!!

んとね、、もとから存在したドナー版、、てなわけでなく、あちこちに残ってたフィルム(ドナーが関わった分)を何とか今の時代にかき集めて、ドナー監視下で編集した作品てことでした。

e0089956_1101135.jpg1作目との関わりの深さが、レスター版よりはるかに大きいので、「デスノ」シリーズのように2作連続で間隔なく公開されてたら、違和感なくスッと入ってきた続編だったかもしれんですな、、
にしても、なんと1作目のアレが、ホントは2作目のためのモノだったとは(このドナー版2では1作目のアレを、当初の予定通り使ってあるから、話としてつじつま合わないとこもある)、、、1作目に使われた時点でドナー降板の流れは自然と始まってたのかもなぁ、、
すみません、観てない人には何とも分からない書き方で、、でも、アレばらすと、ドナー版見る楽しみなくなるので、、、別に知っても良いという人は、以下を反転させてくださいな
「アレ=地球自転の反転」。

おいらの結論、、、、ドナー版は、クラークとロイスのロマンス的要素が、ずいぶんと劣って(幼く)見える、、
やっぱオイラは切なさあるレスター版の方が大スキだなぁ、、、「リターンズ」の切なさに見事につながってるし、その時の歴史は、その時の歴史として正解なのだなと、つくづく思ったよ。
でも、要所要所で初めて見るドナー・カットがあるから、この時代に甦ったのは、ファンのもうひとつのお楽しみとして、大いにアリかなと。

ドナー降板の真相は、降板させた側(ピエール・スプレングラー)と、させられた側(ドナー)のそれぞれの言い分が、ドナー版とレスター版それぞれにコメンタリーでたっぷり入ってる模様、、、どのカットがドナーで、レスターはどのカットを追加したのかも、そこで明らかになるらしい(「明らかにしていこう」と、レスター版のコメンタリーの最初の方でピエール本人が言ってた)ので、、いつか暇な時に確認してみることにしよう、、、、
[PR]
by cinema-stadium | 2007-03-04 11:01 | Comments(0)