ジョン・マクレーンとジャック・バウアー

「ダイ・ハード4.0」にしびれまくったオイラであるが、観てる途中で何度か頭をよぎったのが、同じFOX系TV作品「24」(以下、「24」未見の人には申し訳ない話題だが、、)。

「24」のジャック・バウアーが最先端なITチームを率いて近代テロに立ち向かうのに対し、ジョン・マクレーンは超アナログな1匹オオカミ的ヒーロー、、、と一見まるでタイプの違うヒーローに観てしまうかもしれんが、マクレーンとバウアーは互いに影響モロ受け合いの関係だと、オイラはみる、、。


e0089956_15572210.jpg無論、「ダイ・ハード3」公開のはるか後に始まった「24」だから、最初に影響受けてるのはバウアーのほう。
「24」において、テロリスト連中の企みの進展ごとに、ことごとく遮るようにジャック・バウアーが現れる、あの絶妙な邪魔のタイミングはまさにマクレーンゆずり。さらにバウアーの危機的状況に置かれた時のクールな対処の仕方もマクレーンゆずり。

一方、「ダイハード4.0」では「3」の時代には考えられなかったようなサイバーテロ集団が相手・・んで、その悪党の描き方は、さすがに近代テロを研究し尽くした感すらある「24」ゆずり。実際、今回の“投げ売り”集団が「24」バウアーの新しい敵、と言っても何ら違和感はありません。それに、バウアーが普段CTUチームにやらせてることを、「4.0」でマクレーンはハッカー少年一人(+デブハッカー)にやらせてる訳だし、、、

んでも、ナンダカンダ言って、オイラにとって二人のいちばんの魅力は、互いに悪党に対しては徹底して冷酷無比なプロフェッショナルでいられるくせ、娘のためなら任務のことも2の次に飛んじゃうところだ。
ここが、マクレーンとバウアーの共通の魅力であり、共通の弱点!!
さらに、二人の娘はそれぞれ同じくらい向こう見ずな気の強さで「さすが○○○の娘だな」と悪党どもに言われるのも共通項(この父娘関係はマクレーンがバウアー家ゆずり)

まぁ「24」が登場したおかげで、オイラの中では、近年のアクション映画を観ても「うひょ〜〜!おもしれぇ!」と思える作品がかなり激減した訳だが(だって「24」の話のほうがオモレぇもん)、
「ダイ・ハード4.0」は久々魂の底から「24」シリーズよりおもしれぇ!!と思えた作品だ!

んで、結局オイラ、何を言いたかったかというと、「ダイ・ハード24 〜 ジョン・マクレーンVSジャック・バウアー 〜」を観たい!!それだけ!!
細菌兵器と核攻撃とサイバーテロの同時トリプル波状テロを、NY市警のアナログ刑事ジョン・マクレーンとテロ対策ユニットCTUのジャック・バウアーが時には対立しながらも協力し合って(爆)、テロ集団を壊滅させてゆく・・
うぉおお観たいぞ、こんな「ダイ・ハード」、こんな「24」!(と一人で盛り上がって眠れなかったオイラ、、)
なぁにスティーブ・マックイーンとポール・ニューマンを超高層ビル火災で出会わせたFOXだ、できんこつはなか!
[PR]
by cinema-stadium | 2007-06-24 16:01 | Comments(0)