■魔界転生  (GO)

at  渋谷東映 2003 04/30

原作も深作版も知らないから、比較するモノがないぶん
まっさらな状態で臨めた。

佐藤浩市が「壬生義士伝」に続き、いい仕事してる!
けど、魔界の皆さんが、あまりにまっすぐな情念をお持ちだったんで、
カタルシスないんだよなぁ・・
なんか全体的にノッペリした印象を持ってしまった。
平山監督と情念の黄泉がえりという組み合わせは、
ピッタシと思ってたんだけどなぁ・・
情念があの程度じゃ・・
でも、麻生久美子と黒谷友香は良かった。


>>CINEMA / LINEUPへ
>>マ行タイトル一覧へ
[PR]
by cinema-stadium | 2003-04-30 12:57 | Comments(0)

■シカゴ  (HR)

at  渋谷東急3 2003 04/30

平日の最終回で、立ち見というのは初めての経験。
舞台の方は見たことないので知らんけど、
構成の見事さにはびっくりしたなぁ。
まぁこの欲望に満ち満ちた絢爛豪華さは、
日本じゃまず作れる人おらんでしょうね。

でも、オスカー作品賞を獲らせたのは、
役者さんたちの魅力につきますぜ。
特にゼタ!!レニーも悪くはないけど、完璧にゼタに食われてるもん。
彼女が「シット!」と言うとこのアップなんか、もっと言って!って感じ。
んでもって、あの動き、あの踊り、あの歌・・もう参りましたです。
男性陣は、ギアさんも最高だけど、なによりジョン・C・ライリー!!
あの愚鈍な哀しさには泣けた、泣けた!この作品は2〜3回観る価値あり。

唯一の不満は、品というか格調の高さをあんまし感じんかったとこくらい。
その意味では、自分がもしアカデミー会員だとしたら、
作品賞は「めぐりあう時間たち」の方に一票入れたと思う。


>>CINEMA / LINEUPへ
>>サ行タイトル一覧へ
[PR]
by cinema-stadium | 2003-04-30 12:57 | Comments(0)

at  テアトル新宿 2003 04/30

予定調和も、ここまで来ると愛おしいです。
実に幸せな気分で映画館を出れたです。

主人公のインドの女の子も頑張ってるけど、
その相棒のキーラ嬢の可愛いこと!!!

10年くらい前のノニーと、昔の「恋しくて」に出ててた
ボーイッシュな女の子(誰だっけ?名前忘れた・・)を足して
二で割ったようなキュートさ!
そのふたりの親父もいい!!
母親ふたりのリアリティのなさを、補って余りある親父でした。

続編をぜひ!


>>CINEMA / LINEUPへ
>>ハ行タイトル一覧へ
[PR]
by cinema-stadium | 2003-04-30 12:54 | Comments(0)

at  試写会 2003 04/24

「ジュリア」や「ヘンリー&ジューン」の危うい香りが
大好きなおいらとしては、この作品も大スキ!

なんたって、これまたお気に入りの
「リトルダンサー」の監督スティーブン・ダルトリーだもの、

この手の作品特有の“ある種のガス”を外にまき散らすことなく、
知的に品良く各キャラにおとしてったトコに好感!!

まぁ江角や米倉かぶれの女子たちが、
この映画について語り合ってる場には、気持ち悪くて近付きたくないヤ。
もっとも向こうもお呼びでないでしょうけど。

にしても、これに出てる役者たちのスゲェこと!!!
3人の主演女優は、
それぞれの役をもう一度アミダクジで決め直したとしても、
みんな完璧にこなしたでありましょうぞ。


>>CINEMA / LINEUPへ
>>マ行タイトル一覧へ
[PR]
by cinema-stadium | 2003-04-24 12:53 | Comments(0)

■デアデビル  (H)

at  109シネマズ 2003 04/22

一言でいえば、アメリカの正義なんてこの程度・・っちゅう話。
まぁ、可もなし、不可もなし、ってな演出してるんで、
観てる間はあきない。映像暗めのスパイダーマンてトコ。

アクションも頑張っちゃいるけど、
「リベリオン」のガン=カタ・アクション観た後じゃ、
スピードぬるくて、ぬるくて。

しかし、コリン・ファレルという役者はいろんな役できるねぇ。
「俺にもコ○○ュームを!」というトコは、笑た笑た。
しかし、いろんなアーティストの曲使うんはいいけど、
まぶし方はセンスないねぇ・・お前は80年代のアメリカ映画か!


>>CINEMA / LINEUPへ
>>タ行タイトル一覧へ
[PR]
by cinema-stadium | 2003-04-22 12:49 | Comments(0)

久々サントラ買った

「キャッチミーイフユーキャン」のサントラを買うた。
ジョンのジャズな魅力もいいし、
シナトラ等の往年の名曲のまぶし方もセンスあるし、
かなりなお買い得感!
あとボンドのテーマがあれば完璧!!
[PR]
by cinema-stadium | 2003-04-15 04:37 | Comments(0)

at  試写会 2003 04/14

いまだかつて、こんなに子どもたちの笑い声が
響きっ放しの映画に出会ったことはありませぬ。

すでにタマチャンの動向を予測してたのは
凄すぎる!!!!


>>CINEMA / LINEUPへ
>>カ行タイトル一覧へ
[PR]
by cinema-stadium | 2003-04-14 12:49 | Comments(0)

at  109シネマズ 2003 04/11

昼飯食ってるとき、娘に「もう1本観る?」と聞いたら、
「観たい」ということだったので、映画館ハシゴの初体験をさせることに。

で、「リロ・アンド・スティッチ」。
これが、なんと良く出来てること。

「ポカホンタス」的エキゾチックさと、スペースものが
程よく調和しているのと、女の子リロと宇宙人スティッチが、
いわゆるよくあるディズニー的キャラでないとこがイイ!
そんだけで「ピーターパン2」の300倍は面白い。
プレスリーの味な使い方もいかしてまっせ!


>>CINEMA / LINEUPへ
>>ラ行タイトル一覧へ
[PR]
by cinema-stadium | 2003-04-11 12:47 | Comments(0)

at  109シネマズ 2003 04/11

やっぱ凄いや!泣けたわ!主題歌がTVと同じ
東京プリン版だったらヤだなと思ってたら、
ちゃんとオリジナルの歌を使ってて、オープニングから鳥肌もの。

ふーこ奪還ののび太チームと、
スネオ奪還のドラえもんチームの
カットバックの見せ方は、
最近のSWシリーズ(ルーカス)の300倍は巧い!!

して男・ジャイアンには泣けるぜ!!
チーム・アドベンチャーものとして、すげぇ良く出来てる!


>>CINEMA / LINEUPへ
>>タ行タイトル一覧へ
[PR]
by cinema-stadium | 2003-04-11 12:46 | Comments(0)

at  109シネマズ 2003 04/11

TVの新シリーズが始まるとしたら、
この上ない上出来のパイロット版てなとこでしょうか。

パー子の素顔の秘密の絡ませ方が巧いや。
関係ないけど、主人公「すわみつお」って、
そういや寅さんの甥と同姓同名じゃ・・


>>CINEMA / LINEUPへ
>>ハ行タイトル一覧へ
[PR]
by cinema-stadium | 2003-04-11 12:45 | Comments(0)