at  109シネマズ 2003 12/28

娘と吹替え版を観に。よく出来てますなぁ、さすがピクサー!
父と子それぞれの子離れと自立というテーマを、
ロードムービーと脱走劇というカタチに組み込むちゃあ、
そりゃ大人でも引き込まれますわな。
そのカットバックの巧さと来たら、、、、
おいルーカス、お前、彼らの爪の垢でも煎じて飲め!!

唯一、気になったんは、今回ワルが全然おらんことくらい、、
最初にマーリン一家の運命を変えた、
あのサカナの扱いはあれでいいんやろか?
しかし、なんだかんだ言っても、「JAWS」世代のおいらとしては、
ブルースという名のサメには泣けたし、あのキャラ最高!!
吹替えにちゃんと中島ヒロトくんの名を見っけたけど、
どのキャラの声やってたんやろ???
だけど、頑張ってますな、彼も。


>>CINEMA / LINEUPへ
>>ハ行タイトル一覧へ
[PR]
by cinema-stadium | 2003-12-28 00:14 | Comments(0)

at  109シネマズ 2003 12/21

これを、今この時代に、ハリウッド映画として見せられる、
という事実が、何よりイタイ。
それほど、深淵なるものに触れようとする
姿勢と意志が確かに感じられた。
「ラストサムライ」は志の映画である。

確かに渡辺謙はスバラシイし、福本清三も、真田広之も、小雪も、
作品の中での各々の役割を最高のカタチで果たしてると思う。
彼らが評価されるのは当たり前と思うけど、
やはり、おいらは、トム・クルーズの力を無視してはイカンと思う。
日本人村に一外国人としてポツンといても、
全然浮いて見えることなく、むしろ溶け込んでいる・・
かといって、存在感がないかと言えば、ちゃんと主役として、
役得の感もある渡辺謙と同一画面に入れば、
一歩も引かぬハナがある。

「ラストサムライ」はあくまで、トム・クルーズの映画である。
なんか「ラストサムライ」という外来カタカナ言葉の
タイトルになってるコト自体が、
現状の日本人をそのまま表してるような気がする。
個人的には、いろんな意味で、あのタイトルは
すごく痛烈な皮肉に思えちゃう。


>>CINEMA / LINEUPへ
>>ラ行タイトル一覧へ
[PR]
by cinema-stadium | 2003-12-21 00:11 | Comments(0)

ミシン

独身時代に買ったミシンが故障したので、
少し話を聞いてくれないかと、カミサンに言われた。
ミシンごときで何を改まってるのだろうと思ってると、
新しいのを買うか、修理に出すか、迷ってるのだと言う。

つづき
[PR]
by cinema-stadium | 2003-12-20 02:44 | Comments(0)

■着信アリ  (H)

at  試写会 2003 12/18

「リング」「回路」「仄暗い水〜」「呪怨」と
今まで観たことのない人は、そりゃ怖いっすよ!
「リング」「回路」「仄暗い水〜」「呪怨」と観てきたおいらにゃ、
この秋元康企画・原作は、すっげ発想が安易に思えてならん。

「キングコング」のパクりの「北京原人の逆襲」をパクった感じに近いつうか。
多分、「リング」以降のジャパニーズホラーを観てる、
映画のシナリオ書いてる人なら、誰もが思いつき、
誰もが恥ずかしくて書かない(書けない)話だと、おいらは思うたけど・・
商売人・秋元らしい発想と言えば、そうなんだろうけど。

けど、そんなお話でも、ここぞの見せ場は、
グッと来る見せ物に高めて、自分のアリバイをちゃんと残す
三池監督は立派!さすがです。
ゆえに、おいらにとっては、ホラー映画というより、
エンターテインメント映画でありました。
ラストはちょい狙い過ぎの感がしたけど・・。


>>CINEMA / LINEUPへ
>>タ行タイトル一覧へ
[PR]
by cinema-stadium | 2003-12-18 00:09 | Comments(0)

at  109シネマズ 2003 12/17

さすがに、「もほーはん」の失敗で懲りたのか、
ちゃんと向田さんへのリスペクトを感じるいい出来で面白かった。

でも、でも、心底好きかというたら、
どうしても森田の「どうだ、オレって、やっぱ才能あるだろ」みたいな
顔がチラチラ脳裏によぎって、やっぱなんか好きになれん。

八千草さんと同年代の観客たちがいっぱい来てて、
涙していたのは、なんかうれしかったけれど、、。
それほど、「もほーはん」のことは今でも許せないのだ。
これで何かの賞かなんかを穫ったら、
また森田の傲慢なモノ言いが始まるかと思うと、それがまた不快。

最後に、、、、笑えるくらい、きもちわりぃぞ、木村佳乃!


>>CINEMA / LINEUPへ
>>ア行タイトル一覧へ
[PR]
by cinema-stadium | 2003-12-17 00:08 | Comments(0)

ど腐れ球団、ヨミウリ

ついに、ローズをヨミウリが買うたそうな。
ほんとどこまでもタダレきった球団である。
松井がヨミウリを辞めて以来、贔屓のヒの字もなくなり、
日々嫌悪の念が増すばかりで、
今や日本でいちばん嫌いな球団である。

つづき
[PR]
by cinema-stadium | 2003-12-11 05:01 | Comments(0)

at  三軒茶屋シネマ 2003 12/11

こりゃ傑作!イイとは聞いてたが、ここまでイイとは!!
フレディがジェイソンに嫉妬するちゃあ、泣いた!笑た!驚いた!
フレディ世界とジェイソン世界をきちんと描き分けて、
ちゃんと融合させたシナリオと演出に感服です。
今年のマイベスト10入り確実!!


>>CINEMA / LINEUPへ
>>ハ行タイトル一覧へ
[PR]
by cinema-stadium | 2003-12-11 00:06 | Comments(0)

■SWAT  (SO)

at  三軒茶屋シネマ 2003 12/11

コリン・ファレルと「バイオハザード」の姉ちゃんが、
出てなかったら、目も当てられんかったはず。
何の新しさも驚きもなかった、、
この手のコロンビア作品に付きものの愛嬌がまるでなし!
期待しとっただけに残念。


>>CINEMA / LINEUPへ
>>サ行タイトル一覧へ
[PR]
by cinema-stadium | 2003-12-11 00:04 | Comments(0)

日比谷の手形

昨日、日比谷のファーストキッチンで昼飯食った後、店を出ると、
ふと近くの公開空地に並ぶスターたちの手形が目に入ったので、
初めて、まじめに見てみることにした。

三船敏郎、森繁、、なんや昔ん人と年寄ばっかやんけ!
翔兄ぃは?真田さんは?

つづき
[PR]
by cinema-stadium | 2003-12-10 02:41 | Comments(0)

■解夏  (H)

at  試写会 2003 12/09

さだまさしって最近やたら名前聞くけど、何?今ブームなの?
いまの深津っちゃんドラマでも頻繁に出るし(名や曲ね)・・。
ま、いいけど、、、。

プロデュースにフジの亀山氏と
幻冬社の見城さんが名を連ねてるのが興味深いというか、、。
いよいよ見城さんが第二の角川春樹に向けて動き出したか?
「がんばっていきまっしょい」の磯村監督はじめ、
現場の映画人たちの誠実さは、
よーく伝わってくる作品でした。
大沢たかおを初めてイイと思った。


>>CINEMA / LINEUPへ
>>カ行タイトル一覧へ
[PR]
by cinema-stadium | 2003-12-09 23:59 | Comments(0)