■ゴシカ  (H)

at 109シネマズ 2004 02/29

先月「悪霊喰」を最終日に観に行って、開始10分で爆睡・・
ホラー好きとしては、かなり幸先悪い今年のスタート。
で、昨年、この作品と同じダーク・キャッスルの作品「ゴーストシップ」に
楽しませてもらったので、かなり「ゴシカ」に期待してた訳である。

で・・宣伝文句に出てた「リング」「呪怨」というよりは、
おいらの印象は、プロデューサー・ゼメキスの3〜4年前の作品、
ハリソン爺の「ホワット・ライズ・ビニーズ」に近いですな。
「ホワット〜」も結構楽しませてもらったクチなんで、
この「ゴシカ」も嫌いではないです。

「ホワット〜」に溢れてたゼメキスのヒッチコックへのリスペクトみたいな、
古典的な匂いは今回はなく、
ビジュアルで楽しませようみたいなトコいいす。
独房の寄ったり引いたりの画は、
「パニックルーム」なんかより遥かに好感!
トラップ・キャストが一人いるんだけど、
そいつの描き方にあと一捻り欲しかったなぁ・・


>>CINEMA / LINEUPへ
>>カ行タイトル一覧へ
[PR]
by cinema-stadium | 2004-02-29 01:15 | Comments(0)

次女、1歳になる

あれから「もう」1年と思うべきなのか、
「まだ」1年しかと思うべきなのか、
ケーキの上のたった1本のロウソクを見たら、かなり複雑な心境・・
今日も相変わらず、泣いたり笑ったり叫んだり踊ったりに
忙しい次女であったが、とにかくこれからも健康で、
腐った野郎だけには出あわぬことを祈りつつ・・・


>>子育ての話 / LINEUPへ
[PR]
by cinema-stadium | 2004-02-28 05:13 | Comments(0)

at 三茶中央 2004 02/27

なんと懐かしい清潔感だろ、、、
ばあちゃん子のおいらは、
険しい山道を雨に打たれながら歩くばあちゃんの姿だけで、
死んでしもた・・


>>CINEMA / LINEUPへ
>>ア行タイトル一覧へ
[PR]
by cinema-stadium | 2004-02-27 01:12 | Comments(0)

at 渋谷東映 2004 02/20

前半1/3・・京香ねぇさんの驚きポーズと
ゼブラー○ースが登場するとこまでは、
おーっ、またしても傑作と出会ったか?と思た。
それほど、笑たし、大好きやった、最初の1/3。

が、そんあと柄本明が見えなくなってからは・・
ハッキリ言ってつまんなかったっす。
クドカンにしちゃ、翔兄ぃ以外のキャラがぬる過ぎや思たです。
ちゅうか「ドラッグストア・ガール」であんだけ、
ひとり一人のキャラに愛情注いでたクドカンとは思えん・・

篤郎くんは好演だけど、
キャラ自体に捻りがなく今ひとつ物足りんし・・
翔兄ぃの子と車椅子の子は広い意味で役回り同じなんで、
どっちか一人でエエ、、そう思ったのはおいらだけ? つうか、翔兄ぃを
そもそも家族持ちにする必要があったのかすら疑問でござる。

ほいで最後の対決、、これが何とも、
ちとツラカッタっす(というかオモロない)、おいらは。
たけしの「みんなやってるか」かと思た。
(たけしのは、あれはアレでいいと思うんだけど)
最後の続編を匂わす翔兄ぃのポーズは決まっててカッコ良かった!

けど、ちょい前の群衆シーンは、おいらの嫌いな
「サラリーマン金太郎ザ・ムービー」の群衆シーン思い出しちまった・・
つうか、期待大き過ぎたんかなぁ・・

それと、せっかくザ・ハイロウズの「日曜日よりの使者」
(関係ないが、個人的においらの上京時のテーマ曲だった・・)を使って、
インの仕方、ありゃないっスよ。ヒロトの声(♪このまま〜)じゃなく、
ドラムの音でインしなきゃ!そうすりゃ決まったと思うけどなぁ、、
エンディングの曲出しのタイミングとセンスは、
「ジョゼ」や「アイデン」の後、ほいで、昔から好きな曲ということもあり、
かな〜り不満!


>>CINEMA / LINEUPへ
>>サ行タイトル一覧へ
[PR]
by cinema-stadium | 2004-02-20 00:54 | Comments(0)

at 109シネマズ 2004 02/18

んとね、プロデューサーが
「なんか、また『フォーウエディング』、『アバウト・ア・ボーイ』、
『ブリジットジョーンズ』みたいなのでヒットかましたいね。
幾つかプロット書いてきてよ」

んで、「へい!」とライターが何本かプロットを書いてきて、
プロデューサーが「う〜ん、どれも良いけど、どれもパンチに欠けるねぇ・・」
すると、もう一人のプロデューサーが
「いっそ全部まとめて、シャッフルさせたらエエんちゃいまっか?
クリスマスあたり舞台にしたら、ジャパンじゃ、きっと受けまっせ」
てな経緯で、できてきたよな・・
ヒジョーに気軽に心地よく楽しめましたです。

しかし、シェークスピアの国から、こんな軽いのが出てくるよになったかと、
半ば驚きつつ、ちと不安も・・
90年代にフジが月9の延長で何本も薄らバカ恋愛モノを作って当てたように、
イギリス映画がバカになってかないことを祈りつつ。
(まぁ、どんなに酷くなったとて、イギリス映画が、
あんころのフジ映画のごときレベルになることは無かろうけどね)。

個人的には、キーラ嬢のエピソードの青臭い清潔感と、
「アバウト・ア・ボーイ2」みたいなリーアム・ニーソンのエピソードが好き。
しかし、なんと役者陣の豪華なこと、、
ヒュー、リーアム、アラン・リックマン、
エマ・トンプソン、ほいでキーラ嬢・・
彼らの演技だけでも一見の価値ありっス。

しかし、今回おいらは確信したね。
「ローマの休日」をリメイクするなら、アン王女は今のキーラ嬢しかおらん!
「今」のですぞ!


>>CINEMA / LINEUPへ
>>ラ行タイトル一覧へ
[PR]
by cinema-stadium | 2004-02-18 00:51 | Comments(0)

ヤンキース戦入手

腹は立つものの、もはや、この期におよんで、
正規のチケット入手方法はない、ということで、背に腹は変えられず、
ヤフオクで2戦目をゲット・・

まぁ、1階席を4000円増で落札なら、比較的ラッキと思うべきか・・
まぁ、まだ無事手元にチケットが来るまでは予断を許さぬが・・
サギだとしたら、おのれをぶち殺しにいくからの!○山!

>>BASEBALL / LINEUPへ
[PR]
by cinema-stadium | 2004-02-14 05:11 | Comments(0)

クソが!

ヤンキース戦のチケットがとれん!
これまで3回もの申込みのチャンスがあったのに、
先行抽選にはモレ放題で、今日の一般発売も全然つながらん!
ネットも、電話もすべて駄目・・

つづき
[PR]
by cinema-stadium | 2004-02-14 05:10 | Comments(0)

入学準備

きのお、今春より小学校入学の娘のランドセルと
学習机を買いに行った。
高い!高いぞ!ランドセル!
なにやらブランドものとか、いっぱい並んでたが、
ランドセルは、ランドセルじゃ!人の足下見やがって!

つづき
[PR]
by cinema-stadium | 2004-02-14 02:54 | Comments(0)

at 109シネマズ 2004 02/07

ついに完結す!

なんや、今回はアラゴルンや、おいらのレゴラスは、どこさ行っただ?
などと思ってたら、オーマイガァッ!!
後半、チンチンは縮こまり、鳥肌が立ちまくり!!
どれだけ泣かせりゃ気が済むんだ、ピージャク!

正直、1作目「旅の仲間」の前半の
ホビット村の描写が少々かったるいなぁ・・
と思ってたんだけど、いやはや、これで納得!!
アカデミー協会は、ようこれほどのクオリティを3作続けられた
この作品に作品賞と監督賞はやらんと、映画の神様が怒り狂うぞ!

しかし、技術部門はノミネート総なめだけど、
役者部門は一人もノミネートされとらんやんか!
イアン・マッケランの勇姿に、最後のイライジャの表情に、
ショーン・アスティンの「グーニーズ」からの成長に、
おまいらは泣かんかったのか!!
どうも、この手の作品に対する役者軽視志向は気に食わん!


>>CINEMA / LINEUPへ
>>ラ行タイトル一覧へ
[PR]
by cinema-stadium | 2004-02-07 00:45 | Comments(0)

太めの眉

最近の田中麗奈の眉はなんか自然体の眉で好きだなぁ。
朝の「てるてる家族」の四女・石原さとみ(大器です、彼女は!)、
三女・上野樹里ちゃん(「ジョゼ虎」にも出てた今後期待大の女優)の
ちょっと太めの眉たちも愛しい。

もう、あのピッとカッターで切り揃えたような
細めの眉は流行んなくなったか?
大歓迎じゃ!
[PR]
by cinema-stadium | 2004-02-06 02:53 | Comments(0)