タトゥの男

今日もいつものごとこく、ファミレスで仕事やってると、
隣の方からなんか違和感のある色彩がチラチラと眼に入ってきた。
よく見ると、ウデいっぱいにタトゥを入れたバカ者…
モトイ、ワカ者の手であった。
その趣味の悪いこと・・まるでウロコだ。お前は半魚人か!?

つづく
[PR]
by cinema-stadium | 2004-08-31 03:25 | Comments(0)

at シネマメディアージュ 2004 08/24

上京してすぐ行って以来、8年ぶりにお台場に行った。
前行った時は新橋からゆりかもめに乗り換えて、
1時間以上かそれくらい妙に時間がかかった印象があって、
以来、えらく遠い場所と思い込んでたけど、
今回、大井町から、りんかい線を使ったら、最寄り駅から35分で着いた。

この前、永田町で有楽町線に乗り換えれば銀座まで
25分で着くことに初めて気づいたのに次いでビックリ!
何年か住んでも、新しい発見があるのは東京ならではなんでしょな・・
あ、単においらが田舎もんで気づかなかっただけか・・
しかし、改めておいらの最寄り駅の利便性には感心した次第である。
渋谷まで10分、新宿まで25分、六本木まで30分・・
んんん娘たちの教育には、あんまし良くないなぁ・・

ということで、「キャット・ウーマン」。
お台場映画王のスニークプレビュー作品は、
おいらの読みがドンピシャ・・
まわりは拍手してたが、おいらは、内心ため息・・
実は「エイリアンVSプレデター」であって欲しいなとか、
せめてシャマランの「ヴィレッジ」を!!とか願ってたもんで、
あまりの的中ぶりに失笑してしもた・・

んで、「バットマン・リターンズ」からのスピンオフ
「キャット・ウーマン」だが、
ハル・ベリーの動きはキレがあっていいけど、
やっぱおいらの中で、キャット・ウーマンは、
ミッシェル・ファイファー姐のもの・・
ハル・ベリーにミャ〜〜〜オと言われてもなぁ・・

悪役のシャロン・ストーンはまさに、お前そのものやんか!
といいたくなるほどハマリ役!
おそらく、来年のラジー賞の主要部門の独占間違いなし!
の作品ではないでしょか?


>>CINEMA / LINEUPへ
>>カ行タイトル一覧へ
[PR]
by cinema-stadium | 2004-08-24 19:59 | Comments(0)

at シャンゼリゼ 2004 08/17

傑作!!!!!!!!!
よもや、おいらにとっての「ジョゼ」の対抗馬が
「マッハ!!!!!!!!」になろうとは、思いもしなかった・・

ブルース・リーを最初に観た時の衝撃と、
ジャッキーに出会った時の痛快さの両方をあわせ持つ、
20年に一度会えるかどうかの、映画的興奮!!

オリンピック一色の世の中に気合い一発!
未見の人、いますぐ劇場に走るべし!!!!


>>CINEMA / LINEUPへ
>>マ行タイトル一覧へ
[PR]
by cinema-stadium | 2004-08-17 19:58 | Comments(0)

クズ球団

さすがはヨミウリ!!やってくれるのぉ〜〜
しかし、一場はちとカワイソ過ぎる・・
おいらが一場だとしても、多分もらってるもの・・
一人の前途ある若者の人生を滅茶苦茶にしやがって!
恥を知れ、ヨミウリ!!

つづき
[PR]
by cinema-stadium | 2004-08-14 23:37 | Comments(0)

at 109シネマズ 2004 08/13

震えた・・鳥肌立った・・号泣した・・
これほどアメージングとワンダーに満ち溢れた作品になっていたとは!!
映像的にはもう200点をくれてやってもイイ!!最高の3乗!!!
アメコミヒーローものとしては、「スーパーマン2」以来のド傑作!!

ビル壁面アクションと電車アクションは思い出すだけでマジ涙出てくる・・
DVD絶対買い!!まるで興味なかった1作目のDVDも
欲しくなったぞ、おいらは!

いやあ、今回のトビー・マグワイアは最高(おいらならオスカーやる)!
今回の悪役ドクターオクトパスもまた最高で、泣けた泣けた!
オズボーンの生死の運命を手中に収めながら、
「スパイダーマンを連れてきたら、トリチウムを渡す」と
逆に条件を提示され、それを素直に呑む、滑稽さもかなり笑えた!

とにかく絶品の要素はめじろ押しだが・・が・・
やっぱ、MJは、やっぱあかん・・
どこにあんなアホ女にヒーローが守る価値があろうか・・
確かに今回は前作より魅力的に撮ろうとしてるサム・ライミの
心意気はみてとれて実際に前より可愛いと思えるシーンも増えてた・・

が、やっぱ、ハッキリ言おう・・キルスティン・ダンスト・・お前はブスだ!
確かに「チアーズ」では可愛く見えたが、
それはキャラそのものが魅力的だったからに他ならない!
なのにMJというキャラはどうしようもないバカ女・・
もう、こうなりゃK・ダンストのブスぶりが際立ってしょうがない!
(確かに1作目よりいいですよ、後半のアクションじゃ
ノーブラで頑張ってたし…)

さらに決定的なのは、ピーター・パーカーの叔母さんの方が
とてつもなく誇り高き女で魅力的なことだ!
(叔母さん救出シーンに、ロイス・レーンをヘリ落下から助ける
スーパーマンが重なって、おいらは号泣に次ぐ号泣・・)
このMJと叔母さんのいかんともし難い人間としての価値の差たるや・・
バカ女はバカ男とそのまんま結婚してりゃいいものを・・ったく!

こうなりゃ、MJを3作目の冒頭で殺してほしいね、おいらは!
そして悲しみに暮れるピーター・パーカーの前に、
キーラ・ナイトレイ、もしくはスカーレット・ヨハンソンが・・
まぁ、MJみたいな女に惹かれるとこが
スパイダーマンが普通の人っぽくてイイという人もいるだろうが、
やっぱ、限度ってもんがあろう・・少なくともヒーローなんだから・・
もしくは、『ドカベン』の岩鬼が、ブスで気のイイ夏子はんを思うが如し、
スパイダーマンがどっか常人とは美的感覚のズレたヒーローで、
夏子はんみたいな娘を思うのなら、まだ面白いと思うが・・

まぁ、原作コミック知らずに好き勝手言うたけど、
要するに200点満点なとこを100点マイナスなのは、
MJというキャラと、
あんなバカ女にウジウジしてるピーター・パーカーの関係性があるからだ!
「君に本当のことを明かしたら、君が敵に狙われる・・」って、
パーカー君たら・・
だったら、最初っからMJのそばをウロチョロすんな!!

でも、でも・・電車アクションを観た時に、
おいらの中での今夏ベスト1が決定した!!
ありがとう、サム・ライミ!でも3作目ではMJを殺してね・・
まったく、MJは、おいらにとっては
『SW』サーガにおける
イォークとジャージャーのようなもんである・・はよ死ね!


>>CINEMA / LINEUPへ
>>サ行タイトル一覧へ
[PR]
by cinema-stadium | 2004-08-13 19:47 | Comments(0)

at よみうりホール 2004 08/08

DVDは持ってても、まだ観たことのなかった「グリーン〜」を
やっと(今ごろ)スクリーンで観れた!
おいらにとっては画だけきれいだった「英雄」より、
ずっとこっちの方が好き!

竹の上での格闘なんて、おれら凡人には考えることもできんもん!
いや驚いた!
とても「ハルク」と同じ監督とは思えん!

チャン・ツィイー、カッチョエエ!!
「初恋のきた道」のストーカー女も可愛かったが、
こっちのお転婆な姫の方が、おいらにはグッときた。
よかった、よかったDVD買ってて。


>>CINEMA / LINEUPへ
>>カ行タイトル一覧へ
[PR]
by cinema-stadium | 2004-08-08 19:45 | Comments(0)

at 試写会 2004 08/05

アルモドバル製作、『ミミック』のデル・トロ監督による
“ヨーロッパ最恐の怨霊ホラー”と聞いて
期待しないホラーファンがこの世にいようか!

して、、、、どうだったかと言えば、

おい宣伝部、ウソばっかこくな!全然怖くないやん!
宣伝のベクトル間違えてるから、上映後のザワツキ凄いし、
途中で出ていく奴もかなりいたし・・

てゆうか、「スタンド・バイ・ミー」と「シックスセンス」を合わせたような
かなり見応えのあるエエ話やんか!
校庭のあっと驚く設定からして、
個人的にかなりインスパイアされるもんがあった・・

「シックスセンス」+「スタンド・バイ・ミー」ということで、よろしく!!


>>CINEMA / LINEUPへ
>>タ行タイトル一覧へ
[PR]
by cinema-stadium | 2004-08-05 19:39 | Comments(0)

at 試写会 2004 08/04

師範代、ぱてんさん・・ごめんなさい、お先に観ちゃいました。
上映後、これほど盛大な拍手があった作品は東京で初めてでした・・・
でもおいらは「ウォーターボーイズ」の無茶苦茶な若さの炸裂感の方が好き。

前とまったく同じやん!!というのが強くて、
おいらは廻りの人たちの幸福感についていけんかったのが正直なとこ。

「ロック・ストック・トゥー・スモーキングバレルズ」の後の
「スナッチ」の物足りなさに近いもんが・・

結局、作り手に惚れ込んで観ると肩すかし喰らうのかも・・
上野樹里ちゃんがいなかったら、
ひょっとして大嫌いな映画だったかもしれん・・


>>CINEMA / LINEUPへ
>>サ行タイトル一覧へ
[PR]
by cinema-stadium | 2004-08-04 19:34 | Comments(0)