at 有楽町スバル座 2005 02/25

かなり面白いぞ、これは!!中身に少し触れるだけで、
観てない人にとっては楽しみが半減しちゃうくらい、
この映画の情報は非常にナーバスな問題なんで、
とくに詳しくは書かないが、とにかく、まず話そのものが完璧に面白い!!

事件そのものより、
2人のキーパーソンを追っかけていく演出も大正解!
惜しむらくは、見てるもんを、
あともう少し上手く騙してほしかったのと、
主役の兄ちゃんも悪くはないんだけど、
多くの人に見てもらうには
もっと華のある人気役者にしても良かったのでは、、


>>CINEMA / LINEUPへ
>>サ行タイトル一覧へ
[PR]
by cinema-stadium | 2005-02-25 22:04 | Comments(0)

at 丸の内TOEI2 2005 02/25

昨日やっと念願の映画のハシゴができた!
まずビデオ版から愛してやまない「呪怨」のハリウッド版から・・

いやあ「インデペンデンス・デイ」の大統領を
いきなりあんな扱いするちゃあ、あまりに失礼というか、、
冒頭からかなり驚かされてしまいましたがな。

テレビの『学校の怪談G』の「片隅」「44444444」、
ビデオ版「呪怨1&2」劇場版「呪怨1&2」と、
伽耶子&俊男くんシリーズを全部見てるもんにとっちゃ、
今回のハリウッド版は、見せ場的には焼き直しのオンパレードなんで、
今さら全然恐くはないんだけど、ここまで徹してくれたら、逆に素晴らしい!!

なんか、前2作の映画版までは、
散在した恐怖エピソードの寄せ集めという感が強かったが、
このサム・ライミのプロデュース版は、さすがに
プロットにうるさいハリウッドだからか、
その辺、各キャラのエピソードをひとつの話に集約していってる分、
非常にまとまり感があって、もう完璧に
超一級のこけおどしエンターテインメントとして成立してる!

何より、奥菜恵の映画版1作目のプロットとほぼ同じでありながら、
何気にビデオ版〜日本の劇場版2本と繋がった話としても
観れるのが凄い!
もうルーカスもびっくりの呪怨サーガと呼んでよかろう。
(アメリカじゃ話が分かりにくいという声もあったそうだが、
これまでの呪怨シリーズで一番分かりやすいやんか!
つくづくバカだねぇ、アメリカ白人どもは・・)

「リング」貞子の千里眼実験エピソードを思い起こさせる
ザラついた映像で、
俊男くんと伽耶子さんの秘められた事件を見せられるにいたっちゃ、
おいらは、もはや恐いというより、かなり笑た!笑た!!
今回の俊男くんと伽耶子さんの出張活動にも
腹がネジレルくらい楽しませてもらいましたが、、、
やっぱ一番ゾーッとした(でも笑えた)のは、
インデペンデンスデイ大統領の写真のくだり・・
恐怖映画での写真の使い方は、まだこの手が残ってたか、ちくしょう!!

まぁ良く出来た化け物屋敷アトラクションを体験したような
劇場出た後の満腹感が非常に心地よい、大好きな作品だ。


>>CINEMA / LINEUPへ
>>サ行タイトル一覧へ
[PR]
by cinema-stadium | 2005-02-25 22:00 | Comments(0)

狂った教室

今週、暇になるはずだったが、結局、
急な仕事が舞い込んで、映画も見ずじまい。

そんな状況にも関わらず、娘の授業参観は見逃すわけにも行かず、
徹夜明けの眠い目をこすりながら、1時間目の道徳の授業へ、、、

つづき
[PR]
by cinema-stadium | 2005-02-25 00:22 | Comments(0)

■着信アリ 2  (GO)

at 109シネマズ 2005 02/19

もう辛抱たまらんと、久々映画館へ。
『呪怨』を観るつもりが時間が合わず、なぜかこの作品に・・

前作は、元キネ旬編集長・黒井&あの秋元康の厚かましいパクリ発想と、
柴崎の棒立ち演技は反吐が出るほど嫌いだけど、
三池監督のパワフルな見せ物演出は結構好きだったとゆう程度なんで、
さほど観たいという作品でもなかったが、
とりあえず映画館に入りたかったので観ることに。

監督・塚本連平??・・知らんなぁ・・
で、冒頭の保育園の下り…おお!いきなり「仄暗い水〜」のパクリかいな!
でも寒い、寒すぎるぞ、オープニングにおける
これから先の予兆および作品カラーの提示としては!
「仄暗い〜」の中田監督の爪の垢でも煎じて飲め!!!
て思たら、案の定、冒頭の親子は、な〜〜も後に絡みもせん・・

恐怖の理由(わけ)を追っかけるのに一生懸命で、
得体の知れぬ恐ろしさが、
何の関係もない善人たちに襲いかかる理不尽さが
ぜ〜〜んぜん伝わらんから、ちぃとも恐くない。
かと言って、三池さんみたく、呪い殺される現場を
テレビ生中継で見せるパワーもない・・
前作からさらに遡って、異国の地に呪いの根源を持っていく
アイデアの強引さは良しとしても、あまりに説明台詞が多すぎて、
聞いてるうちに興醒めしちまう、この悪循環・・
テレビの深夜枠のミステリーならピッタリかもしれぬが、、、

いいとこを無理矢理探すとするなら、主役のミムラという子が、
時間を追うごとに
案外安心して観れるように変わっていったところ・・
ひょっとしたら、カジシンさん原作映画化第2弾の主役はイケルかも・・
と、ちと期待を持てたこと。塩田監督だから、ぜひ化けてほしい。


>>CINEMA / LINEUPへ
>>タ行タイトル一覧へ
[PR]
by cinema-stadium | 2005-02-19 21:51 | Comments(0)

駅弁

と言っても、変な意味のそれでなく、
まさに食い物のそれのことである。

昨日から関西に出張してて今帰ってきたとこで、
帰りの晩飯は新大阪で
なんか派手めな色合の地場ものの弁当を買ったが、
それ食って、つくづく思ったことがある。

つづき
[PR]
by cinema-stadium | 2005-02-17 03:45 | Comments(0)

夕べ〜今日の夜中、上の娘が高熱を出したので、
日曜の夜でも確実にやってる近くの大きな病院につれてった。
んで、そこで受付するとき、窓口の兄ちゃんから、いきなり
「初診料とは別に〜〜〜のため4200円がかかりますが、
いいですか?」と聞かれた。

つづき
[PR]
by cinema-stadium | 2005-02-14 03:15 | Comments(0)