11月2日から、下の娘の七五三で故郷クマモトに帰らなイカンてのに、その直前にバタバタと仕事が入ってきやがった、、

クマモトではほとんど仕事するつもりなく、ゆっくり滞在しようとしてたのに、「そこを何とか、、お願いします」とか言われると断りきれない、人の良い自分が全くもってイヤになる(断りゃ、それはそれで適当に誰かをつれてきて巧く乗り切るヤツらだとは分かってはいるんだけどね)、、
で、結局、仕事を4つ抱えて帰るハメに、、、帰省先でも徹夜せいてか!?

ああ、、、暇なときは残酷なほど暇なのに、いったん仕事が来だしたら雪崩をうったように入ってくるのが、フリーの辛さ、、しかも大概、ここで入ってきたら困るというときに限って入ってくる、、
そこんとこ、何とか、うま〜く一年365日に、万遍なく均してくれませんかねぇ、神様、、、
[PR]
by cinema-stadium | 2006-10-30 22:30 | Comments(4)

at 三軒茶屋シネマ    2006 10/25

ヨカ話でした。九州育ち、昭和世代、ばぁちゃん子のおいらには、かなり効けますなぁ、、
編集(演出?)のおかしな部分も、話がアレじゃ文句言う気にもならんわなぁ、、

e0089956_1551648.jpg貧乏な暮らしがぜんぜん湿っぽくなく、逆に誇り高く見えるんで、作り手の狙いは成功と言えるんではないでしょか。
基本的にエピソードの羅列なんで、その一つひとつの描写にそこまでの深みはないけど、とにかく主人公を演じた男の子がみんな良かったんで味わいはあるんです。運動会の弁当のエピソード、野球への和菓子屋の息子参入のエピソードは、特に大好きだった。

観終わった後、なぜかお袋に無性に会いたくなった、、、歳かな、、


>>CINEMA / LINEUPへ
>>サ行タイトル一覧へ
[PR]
by cinema-stadium | 2006-10-26 01:55 | Comments(0)

■かもめ食堂(HR)

at 三軒茶屋シネマ    2006 10/25

このユルくて、ホンワカとした透明感、いいなぁ、、大好きだなぁ!(勝因はフィンランド・ロケ!)
過去も、未来も問わない話のスタンスも実に心地良い!へぇ〜〜、こんな垢抜けた雰囲気、日本映画にも出せるんだぁ、、

e0089956_2258552.jpg食い物を扱う題材で、それが美味く見えるって大事だけど、それは、まぁまぁってことで(おにぎりはもう少し美味そうに見せて欲しかった、、)、、でも、それ以上に現地ヘルシンキの店のお客たちが何気にいい!コーヒーの煎れ方教える親父が特にいい!
にしても、ずいぶんと見てない間に、巧い女優さんになったなぁ、、小林聡美。
あ〜〜なんか、オイラも店持ちたくなってきたよ、、


>>CINEMA / LINEUPへ
>>カ行タイトル一覧へ
[PR]
by cinema-stadium | 2006-10-25 20:43 | Comments(2)

at オーチャードホール    2006 10/21


親愛なるクリント・イーストウッド先生

私は途中から涙が止まらず画面がはっきり見えませんでしたので、来週本公開になってから、もう一度観させてもらおうと思います。
e0089956_2483739.jpgそれにしても、、、ただでさえ今年はベストワン候補が多い中、こうもアッケなく、ズ抜けてイチバンに飛び出すなんてそりゃ他の作品があまりにかわいそうじゃないですか、先生、、、
いや、これは今年のベストというより、生涯のベストとさえ言って良い領域のもの、、
観終わった後、私はイーストウッド先生の作品をリアルタイムで観られる時代に生きていることを神様に感謝しました。
年末公開の「硫黄島からの手紙」を見た日には、いったい私はどうなることでしょう、、

Sorry,スコセッシ師匠、、、「ディパーティッド」未見ですが、どうやらあなたの無冠の帝王伝説は残念ながら未だ続きそうです、、、もう、運が悪いとあきらめるしかないでしょう、、
とにかく、イーストウッド先生とスピルバーグ兄ィの連名がクレジットされた瞬間、ああ私はこの映画に出会うために生まれてきたのだなと思い、また号泣しました、、二人にはただただありがとうと言うしかありません、、私はこれから先、実直に生きて参ります。


PS.映画始まる前の六本木レッドカーペット中継はクソでしたが、上映後のレイニーとヘイズ、そして原作者ブラッドリーさんの会場登場は、超サプライズでマジうれしかったです。
話も泣けるコメントの連発で、などさんと「上映前のレッドカーペットも、これなら無かったことにしよう」という気にまでなりました、、
映画祭のクソ演出まで帳消しにしてしまうイーストウッド先生の作品力は、もはや神の所業と言うべきでしょう、、、


>>CINEMA / LINEUPへ
>>タ行タイトル一覧へ
[PR]
by cinema-stadium | 2006-10-22 02:49 | Comments(7)

オープニング上映作品であるイーストウッド先生の「父親たちの星条旗」を観たいがタメに、午後4時に渋谷オーチャードホールに入場、、、したら、六本木ヒルズのほうのレッドカーペットの中継画像が延々、、、

レッドカーペットといっても、オスカー授賞式のような華やいだ雰囲気を想像したらまるで大違いですからね、、ただただ距離が長いだけで閑散としたレッドカーペットを50m間隔ぐらいで、さほど大したこともないヤツらのチンタラした行進が続くだけ、、それが1時間も、ダラダラと渋谷の会場に生中継で流される訳である、、、もうウンコでも投げつけたくなるような腐った演出!!ただれきった企画!!

あまりに映画始まる気配ないので、係員に聞いたら、、映画は5時15分からとのこと、、あのなぁ、こっちは崇高なるイーストウッド先生の新作だけを楽しみに来たんじゃ!!客バカにしとるんか!!(まぁ、そのこと小さく記してあったチケットをよく読まなかったオイラも悪いが、、)
それ聞いて即刻、などさんとブリブリ最低のクソ演出をののしりながら一時退出、、

何が腹立つって、「父親たちの星条旗」を見に来た客が、あの六本木ヒルズまわりでキャーとか騒いでるバカどもと同じように、芸能人がスクリーンに映りゃ喜ぶだろうと思ってる企画者の薄らクソ安易な発想が不快極まりなし!!おそらく世界映画祭史上、映画の上映前の最低最悪のクソ演出でないか!!これを企画したバカは死ぬべきだと、マジで思う、、死ねワリャ!!

中身カンポスだけならまだしも、見てくれもサム過ぎ、、、、そもそも映画を愛していないヤツらが考えた、海外の映画祭とかをただ猿真似しただけの安っぽいレッドカーペット風景を、映画上映前に、しかもイーストウッド先生作品の前にタレ流すなんざ、もう恥ずかしいったらありゃしない!!せめてもの救いはイーストウッド先生がそこにいらっしゃらなかったことだけ、、

これを企画したアホウどもへ、もう一度言う、映画を観に来てる映画ファンをナメるんじゃない!!オーチャードホールには、かなりな数の外国人も来てたというのに、、、、こんな世界に向けた恥さらし行為を考えたヤツら、頼むから、死んでくれ!!
[PR]
by cinema-stadium | 2006-10-21 22:41 | Comments(2)

at 有楽町スバル座    2006 10/19

いやいや、プログラムピクチャーとして充分な出来ですよ。適度にハラハラするし、適度にアクションも魅せてくれるし。
過去140年、裏切り者が一人もいなかった(ホンマか?)シークレット・サービス内部に、とうとう誰か裏切り者が!!という設定だけで、おいらワクワク!!
「24」以前なら、キーファーは明らかにその裏切り者として適役キャラだったんだけどね。やっぱ、20世紀フォックスはジャック・バウアーのイメージを壊したくないんだろうなぁ(映画版「24」でも稼いでもらわなきゃイカンしね)、、

e0089956_22435167.jpgまぁキーファーはヨシとして、主役のマイケル・ダグラスだね、おいらの引っ掛かりは、、彼が主役だと、どことなく安っぽく見えるんだよな、作品全体が。ゼタ姐さんに精気を吸い取られた最近の彼は、なんか痛々しいもん。もう彼も、ヒーロー路線では、きついと思うなぁ。
それに対し、キーファーの相棒の新米女性シークレット・サービスの彼女はイイ!!知的な顔つきと、スマートな身のこなしが実に魅力的!!ブラッカイマーあたりの新作アクションに使われていきそうな気配、、

それにしても、キム・ベイシンガーがファーストレディとは、、、、、、別に悪い訳ではないけど、彼女にいちばん似合ってるのは、やっぱ「8マイル」のエミネムの母ちゃん役みたいなビッチでしょ、、、


>>CINEMA / LINEUPへ
>>サ行タイトル一覧へ
[PR]
by cinema-stadium | 2006-10-19 22:44 | Comments(0)

at 新宿ミラノ3    2006 10/19

こりゃまた一般受けしそうにもない映画を作ったなぁ、シャマラン!!おいらは大好きだぜ!!「シックス・センス」「アンブレイカブル」「サイン」「ヴィレッジ」、ほいでこの作品と、出来不出来はおいといて、映画としての独創性でいったら、シャマランの右に出るもんはおらんとちゃうか!
e0089956_22152495.jpgてっきり人魚映画と思ってたのに、一つのアパートに住んでる住民たち皆が、人類の未来に対してそれぞれに役割を持ってるなんて、すげぇエエお話やんけ!!皆がおとぎ話に合わせた自分の役割になんの疑いも持たず、「彼女」を救おうとするなんて、、、そのまっすぐな美しさは、思わずETを思い出しちゃったよ。

その「疑いもせず」というところがストーリーテリングとしてかなり強引なんで、シャマラン世界を理解できない(愛せない)人には、ちときついかもしれんが、、
おいらとしては、「彼女」がやってきて啓示するだけの存在ちゅーのが物足らんだったなぁ、、そこに何らかの見せ場(ETでいえば、エリオットの部屋で兄妹たちに、超能力によって疑似天体をつくりだしてみせるような部分)を噛ませれば、強引さというものも気にならんだったろうけど、、。


>>CINEMA / LINEUPへ
>>ラ行タイトル一覧へ
[PR]
by cinema-stadium | 2006-10-19 22:15 | Comments(2)

at チネチッタ4    2006 10/14

大好きな「ファム・ファタール」以来のデ・パルマちゅうことで、かなり期待してた作品。結論から言えば、キライではなくてスキな作品。でも、予想してた「ヤバさ」はぜんぜんなかった。

e0089956_13121093.jpgまるでラッシュ・フィルムを観てるかのような展開に、キャラの表層をたどるのが精一杯で、誰にも感情移入できず、、
スカーレット・ヨハンソンのクラシカルな雰囲気は良しとしても、おいらの股間を揺さぶるヤらしさは全然、、
ヒラリー・スワンクに至っちゃ、なんでお前なんじゃ!?ちゅう色艶のなさ、、、「あの役は、観とるもんのチンポ勃たせてナンボや!!お前は椅子の角にぶつかって、首コッキンしとれや!!」と、などさん激怒!!ブルーフィルムに映っとるおネェちゃんの方が、明らかに魅力的でござんした(てゆーか、どこがブスの代名詞のヒラリーに似とるんじゃ!?)。

ラストのデ・パルマ種明かし劇場に至っちゃ、んな、よーもそこまで、自分に都合良く描けるなあ、とあきれを通り越して大したもん、と、感心してしもた、、
まぁ、ジョシュ・ハートネットはイイ面構えしとるし、キャメラや美術はスバラしい。簡単に見捨てられぬ不思議な魅力はある。でも、肝心かなめの悲しい死体は、一体なんだったのよ?ってのは、どうしても否めんなぁ、、あのバァさん「サスペリア2」かと思いましたわ、、


>>CINEMA / LINEUPへ
>>ハ行タイトル一覧へ
[PR]
by cinema-stadium | 2006-10-15 13:12 | Comments(0)

■16ブロック(H)

at チネグランデ    2006 10/14

耳の快気祝いに、スカッと気分になりたく、などさんと初日レイトに。
落ちぶれた酔いどれ警官が、わずか16ブロック先の裁判所まで証人を運ぶ仕事を任されるが、途中、警察仲間から妨害され生命まで狙われる、、このプロットを主演ブルース・ウイリス、監督リチャード・ドナーてやるゆーたら、映画ファンなら誰しもそこそこの期待はしようというもの。
e0089956_12461455.jpgかくして、観たものはすべてがそこそこの作品で、あらゆる面で可もなし不可もなし。声を大にして否定する気にもならないし、逆に擁護するほどでもない、、昔のローカル2本立ての添え物のほうを観て、「まぁ、こんなもんだろう」というのに近く、損も得もしなかった感じ。

なぜにウイリスが生きる希望を無くしたキャラ設定なのか(ラストまで引っ張り過ぎ)、16ブロックがどれほどの距離で、その中のどの位置に今いて、あとどれくらいで目的地に着くのか、よーわからんまま、ただウザイだけの魅力ない黒人俳優のおしゃべりに付き合わされ(昔ならエディ・マーフィがやってんだろな)、気づいたら、なんとなく終わってた。
プロットの面白さについていけなかったウイリス版「48時間」ってなとこ。てゆーか、ウイリスのアクション映画て、「ダイハード」以外、ツメ甘いのが多いよなぁ、、


>>CINEMA / LINEUPへ
>>サ行タイトル一覧へ
[PR]
by cinema-stadium | 2006-10-15 12:47 | Comments(0)

予想以上の滑り出しで、ひと安心。やっぱ、カワイイわぁ、長澤ちゃん。
彼女の生真面目なキャラを、ちゃんと活かしてたのも好感。
同じワザとらしさなら、半端にリアルで気持ちワリぃ行定ネットムービー『ピュア』
より、こっちの長澤ちゃんを買うね、おいらは!
e0089956_238766.jpg当時、気が狂うほどスキだった薬師丸ひろ子版の「セーラー服〜」を公開初日に観て、相米タッチの辛気くささが肌にあわず失望して、はや25年、、かぁーっ、もう25年である、、
同じ主題歌を長澤ちゃんが歌って、印象が薬師丸版と近かったのは、なんか嬉しかった、、、

今回、イイ味わい出してる勝因は浅草ロケですなぁ。雷門から仲見世、浅草寺、浅草神社という馴染みな風景はもちろんだけど、個人的になぜかしら縁深い吾妻橋(背景に某ビール会社のうんこビルのある橋ね、、)や、大スキな花やしきのタワーがチラリと映ったりと、あの街のサビれつつあるようでいて明るさを失わない情緒がこの話によく似合ってる。
「悪名」を上映している映画館がなぜか三茶中央だったりしたのも個人的には嬉しかったし、、

それにしても、東宝芸能って、最近、長澤ちゃん出しまくり過ぎじゃない??歌まで出させやがって、、ちょっと近頃、長澤ちゃんの目尻のシワが深くなってきたような気がせんでもない、、、もっと大事にしてあげんと!
[PR]
by cinema-stadium | 2006-10-14 02:38 | Comments(4)