at チネチッタ2   2007 08/19

乗れなかった などさんにイヤミのごとく、オイラは絶賛の嵐をくれてやろう!!
まさか、こんな展開の話だとは夢にも思わず、オイラは狂喜乱舞!!
e0089956_813516.jpgガキの頃、超合金集めて、自分なりの構図やアングルで闘わせていた感覚をつい思い出してしもたわい。
マイケル・ベイ最高!(前半ちとトロいけど) ミーガンちゃんエロくて素敵!スゲェぞILM!よーもまぁ、こんだけバカバカしいまでの観たい画つくってくれて感謝・・(マクさん、気が狂うこと間違いなし!)
サムとトランスフォーマー軍団の気持ちの通い合いが思ってた以上に自然で心地よかった。
さぁ、続編に期待だ!
[PR]
by cinema-stadium | 2007-08-20 08:01 | Comments(10)

■怪談(2B)

at チネチッタ10   2007 08/15

怖いぞ、黒木瞳!やめてくれ、その微笑みは!
ある意味、貞子の呪いのビデオテープより怖い、黒木瞳の愛の無間地獄!
e0089956_3231042.jpg中田秀夫監督は、こーゆー時代劇の情念描写も巧いんだなぁ、改めて力量ある人だなと・・(日米「リング2」以外はホント安定してますなぁ)。
極めて正しい日本ホラーでした!
奥寺脚本が一部ブレるのと、編集分かりづらいとこあった(ともに井上真央がらみ)以外は、レベル高く「嗤う伊衛門」並の見応えでした。
[PR]
by cinema-stadium | 2007-08-16 03:23 | Comments(0)

■オーシャンズ13(H)

at チネチッタ12   2007 08/15

なんでだろう、、おいら、このシリーズ観ると、眠気襲ってくるんだよな、、
う〜〜ん、なんだか、バラまいたカードをただ回収していくだけの感じがしてしょーがないんだな、、
e0089956_2504427.jpgう〜〜〜む、なんか気の抜けた、ぬるいビール飲んでるような、、まぁ、5〜6回ウツラウツラとしたオイラにゃ言う資格ないんだろうけど、、。
でも、基本コメディであっても、登場人物それぞれが、もっと切羽詰まった当事者意識は持って欲しいんだけど、、どうにも仲良しクラブの匂いが漂い過ぎてて緊張感ないんだよな、、

期待してたアル・パチーノも大したことない悪役だったし。
キャラ的に印象残ったのは、キャメロン・ディアスもどきのファニー婆エレン・バーキン(お前いったい歳いくつや?)くらいか。
[PR]
by cinema-stadium | 2007-08-16 02:51 | Comments(0)

■天然コケッコー(HR)

at 109シネマズ川崎   2007 08/12

トランスフォマーとクゥ気になりつつ、ぱてんさんおススメの作品に、まず

新宿の音と、過疎の村の音を等しく聞けるそよに涙、、
すべてを受け入れてしまうこの映画のたたずまいは何なんでしょ、、まぶしい夏の太陽、稲穂やあぜ道から漂ってきそうな草の匂い、、、その初っ端の風景に今年いちばん癒されたオイラは、つくづく田舎の人間なんだなと改めて実感したよ、、

それに、小中学校あわせて全校7人一クラスって、、おいら、最後の勤務地で目の当たりにしてたもん、あんな複式学級を、、、
e0089956_2221254.jpg他の街も知らないようなせまい山村社会のせまい人間関係だけで、こん子たちはさぞ未来もせまかろー、、と当時、半ば哀れんで彼らを見てた腐ったオイラだったけど、上京して10年以上経つ今じゃ、あの風景がどんだけ豊かで、あそこに流れている時間がどんだけ美しいものだったか、、、とすら思うもん。
そんなオイラに、今頃気づいたかバーカ、と罵声を浴びせるでなく、こんなオイラをも受け入れてくれそうな、たたずまいがこの映画にはあるんです、、切なく癒される感じというか、、

山下監督の「リンダ、リンダ、リンダ」も「リアリズムの宿」も見てないオイラだが、この無駄に力を入れない、小手先でごまかそうとしない自然体の演出がオイラは大好きだ!
あたかも主人公そよのまわりを吹く「そよ風」になった感じで、彼女らの二年間を見守れるこの幸福感ときたら、、

そよ役の夏帆という子、しっかと田舎の大地を踏みつけてる感じが何とも可愛い!黒板との○○で、おいらの今年の新人女優賞決定!頭良さそうな顔してるので今後どう伸びるか楽しみ!
そよも、弟も、いぶきも、あっちゃんも、かっちゃんも、さっちゃんも、、みんな愛しい!!
音楽の無駄な垂れ流しせず、田舎の音をじっくり聴かせてくれる音づくりも好感!
今年帰省できないけど、なんか帰省した気になった2時間だった。
[PR]
by cinema-stadium | 2007-08-13 02:24 | Comments(7)

at チネチッタ7   2007 08/04

長女のみクマモトで、夏休みの宿題のため熊本城の歴史を調べている中、東京組の次女とカミサンとおいらでレイトショーに行く。

次女を喜ばせるつもりが、おいらとカミサンのほうが激泣!!!
e0089956_239922.jpgすばらしい!!!何がすばらしいって、料理がホントにおいしそうに見えるのがスゴいじゃないか!!おいら、時々CGアニメなのを忘れてたもん。
冒頭5分でリングイニの腕前の成長の話なんだろうな、と話のスジを読んだおいら、、、あの予想もしなかったクライマックスの厨房描写には号泣!!
でも、やっぱいちばんの爆泣ポイントは、イーゴの瞬間回想でした、、、ありゃ泣けるよ、、、まるで「トイ・ストーリ−2」の号泣シーン並み!

にしてもピクサーの作画力(CG力)には恐れ入りますわ、、
[PR]
by cinema-stadium | 2007-08-05 02:39 | Comments(6)