at ワーナーマイカル港北6   2008 01/27

んで、「シナモン」より、などさん脚本のこちらが
おいらの目的だったわけであるが、話も作画も、結構クオリティ高く、
「シナモン」より、はるかに大人も楽しめる作品になってた。
さすがは百戦錬磨のなどさん、キャラの描き分けからして手堅くまとめてる!
e0089956_21555445.jpg
友人の作品に評価つけるの、かなり難しく気も引けるが
観終わって、単刀直入にシナモンファンの娘に
「シナモンとねずみ物語、どっちが面白かった?」
と聞くと、「ねずみ物語!」と即答してきた。
子どもの観る目がいちばん正直で的確です!

おいら、ジョージとジェラルドの後継者話をどう決着つけるかに、
作家などさんの本質をみようと集中してた訳であるが、
ああくるとは、などさん、すっかりヨカ大人にならした、、というか手堅い!

おいらは声を大にして言いたい、
こん話ば作ったとは「妄想代理人」と「パプリカ」ば作った人と同じ人ばい!
[PR]
by cinema-stadium | 2008-01-27 21:56 | Comments(2)

at ワーナーマイカル港北6   2008 01/27

ううむ、杉井ギサブローなのになぜこうなるのか、、
とか考えてる間に終わっちまった、、
てゆーか、もうどうでもいいんだけど、、
e0089956_21105275.jpg
どう見ても同種のキャラが
シナモンに「どこから来たの?」とか聞く時点で
ついていけないオイラであった、、
まぁ、下の娘は怖がるどころか、おびえるシナモンたちに大笑いしてたけど
[PR]
by cinema-stadium | 2008-01-27 21:13 | Comments(0)

インディ前売り買うた!

インディ前売り開始!の窓口掲示見て、即買うた!
などさん、す、すまん!
金なかったけん、自分のぶんだけ確保してしもた、、、
24Pのコレクターズブックのオマケ付き(数量限定)ちゅーこつで
はよ買わんと、なくなる思て、迷わず買うた。
e0089956_12405126.jpg
(などさん、たとえキミのぶんのオマケが全国どこ行っても
手に入らんとしても、ちゃんとコンビニで白黒コピーしてやるけん、
安心しとき、、、、オーホッホッホホ)

ということで、インディファンの皆様、劇場窓口へ前売り買いにダッシュ!
http://www.indianajones.jp/
やっぱ前売り券を直に手にすると、ホントにもうすぐ観れるという実感が!!
中学以来、前売り券を机まわりに貼ったよ!
[PR]
by cinema-stadium | 2008-01-27 12:42 | Comments(2)

at 109シネマズ港北4   2008 01/26

カミさんが珍しく観たいと言ったので、急遽劇場へ。

カミさん、あまりの出血描写に、顔を背けながら観てたが
観終わり「スゴい血の出るシザーハンズだったね」と軽く寸評、、

e0089956_23404687.jpgおいら、ウタが始まるたび何度も頭が船を漕いだけど、
それでも、それ以外の画作りや
ジョニーさんの気合入った面構えが目に入ると、持ち直す、の繰り返し、
人生でミュージカルほとんど観てないおいらには、
あれが優れたミュージカル描写かまるでわからんが、
踊りもない台詞代わりの歌は、正直、眠気との闘いがかなりしんどかった、、

が、ジョニーさんがピシュッと一人やってからは、
ようやくオイラ覚醒、、、
以降は、ティムの芸術的でダークな出血祭りに酔う!
ああ、にしても歌の掛け合い、ジョニさんとリックマン、最後のジョニさんとヘレナのだけは圧巻だったよ!
ひょっとして、それやりたいがためのそれ以外の歌だったのか?
個人的には、前半の歌のかったるさ以外は、かなり面白かったが、
好みとしては「チャリ・チョコ」のほうが大好きだね。
そだ、今度、カミさんに「チャリ・チョコ」見せてみよう。
[PR]
by cinema-stadium | 2008-01-27 03:01

at シネマGAGA   2008 01/16

仕事で面白くないことあったので、帰りに気分転換しに渋谷へ。

ホントはチャウ・シンチーや中島哲也、あるいは、若かりし頃のぱてん氏が撮れば、スケートシーン以外も、キレあるバカっぷりを楽しめたと思うんだけど、
だけど、売りのスケートシーン(だけ?)で、その辺の不満も相殺してくれた!

e0089956_016374.jpgそれほど「プロデューサーズ」のナチ信奉者ウィル・フェレルと「バス男」のジョン・ヘダーの史上初のフィギュア男性ペアは、氷上で向かい合うだけで愛おしい!
ラストのフィギュアシーンに至っちゃ、久々涙出るほど笑た、笑た!
まさか選曲があの曲だとは、、イントロから腹イタくなったよ、おいら。
もうそれだけで一見の価値あり!!
終わった後にゃ、仕事のイヤなことも忘れ、帰りの電車で思い出し笑いで、前の人に気味悪がられてしもた。
[PR]
by cinema-stadium | 2008-01-17 00:17 | Comments(0)

at 109シネマズ港北4   2008 01/12

などさんと今年最初に一緒に行った映画は、ヒドい出来、、という以上に、実に不愉快な作品であった。
一作目は結構スキなだけに、唖然、呆然、愕然、、、

e0089956_2332198.jpg映画的モラルもなければ、話も転ばないわ、愛敬ないわ、まるで救いようなし、、
冒頭5分で知能の未熟な映画であることが、すぐ判明し、それ以降は頭の悪いチンピラ同士の喧嘩見てるようで、胸くそ悪くなった。
どうにも演出ヘボくて、どっちがどっちかまるで区別つかんし、何匹いるのか、どこにいけばいいのか、さっぱり、、
せっかく「24」のクールビューティなミッシェルが主役なのに、ぜんぜん魅力的に見せてくれんし、、

これでシリーズ打ち止め決定!よくも、あの「エイリアン」をここまで脳ミソ腐ったトコまで落としてくれたな、、このアホ監督

要するに、まれに見るウンコ映画ってこった
[PR]
by cinema-stadium | 2008-01-13 04:39 | Comments(5)

at チネチッタ8   2008 01/02

で、新年2日目は一人で、今いちばん観たいヤツを、、
1作目が大好きなんで、かなり期待していったぜ、ニコラス・ケージ!

e0089956_1414616.jpgう〜〜む、謎解きのノー書き多過ぎて、肝心のアクションがまるで少ないじゃんか!前作ではあれほどバランス良かったのに、、
なんかアメリカ歴史の博学ひけらかされてるとまでは言わんが、かなりそこに振り回されてて、正直期待はずれだったぜタートルトーブ!
人が全然死なんと言うのは、前作から好感持てるけど、エド・ハリスの手下はあれで終わりかい!
タートルトーブの品の良さは健在だけど、ディズニーのレギュレーションにちと縛られ過ぎじゃ、、
[PR]
by cinema-stadium | 2008-01-03 01:42 | Comments(0)

at ワーナーマイカル港北12   2008 01/01

今年は、最高か、面白いか、まぁまぁか、つまらんか、ヒデぇか、もっとハッキリ区別していこーと思う。
てことで、今年一本目は、家族4人でレイトへ。大人も4才の子どもも楽しめそうな映画ということで、、

e0089956_129716.jpgうん、犬を可愛く撮れてるし、被災者への配慮等もしっかりしてるし、地震シーンも下の娘が泣き出すほどパニック描写としてちゃんとしてるし、、、
何より亀山フジ映画のような汚れた商売っけよりも、まずイイ映画にしようという心意気が感じられるのは、好感持てました。
ただ、置いてけぼりのシーンは引っ張り過ぎ!なげぇ〜よ!
(おそらく意地悪な若い頃に観てたら、大笑いしてたであろー)

なんだかんだ言っても、観終わった後に、家族で感想言い合える幸せな時間をもたらしてくれる作品は貴重だと思う。
[PR]
by cinema-stadium | 2008-01-03 01:29 | Comments(0)

2007年度マイベストCINEMA

新年一発目はいつものように昨年一年間のマイベスト並べます。
正直、今年は並べるほど観てないので、後ろめたさはあるものの、、
まぁ、自分の記録として、、

1.リトル・ミス・サンシャイン
(やっぱ、オイラ何が弱いかって、ダメ人間讃歌にいちばん弱いんだよな)
e0089956_193835.jpg













2.パンズ・ラビリンス
(映画史上ナンバーワン初潮映画とでもいいますか、、)
3.ダイハード4.0
(マクレーンとのコンビにオタクハッカー組ませた勝利!勝ち気な娘もいかす!)
4.世界最速のインディアン
(アンソニー・ホプキンスが高速バイクにまたがる、それだけでスゴい画じゃないか!)
5.レミーのおいしいレストラン
(やっぱ、イーゴの瞬間回想に尽きる!)
6.天然コケッコー
(この瑞々しさ、心臓のちょっと下辺りが熱く切なくイタくなった、)
7.シッコ
(マイケル・ムーアは一級の演出家であることが、よー分かった!!)
8.ボーン・アルティメイタム
(前作スプレマシーがどんなにスゴい作品だったか、思い知らせてくれたよ)
9.ラッキーナンバー7
(ブルース・ウイリスって超大根って思うけど、その使い方の見事さと来たら、、)
10.ラブ・ソングができるまで
(なんか愛おしくて、つい残したくなる、、、POP!サイコー!!)

11.ディパーテッド
12.パフューム
13.ロッキー・ザ・ファイナル
14.プレステージ
15.ブラッド・ダイヤモンド

なんか見逃してしもた作品多くて、、、
後悔ばかり、、、

監督No1/デル・トロ(「デビルズ・バックボーン」がこんな形に昇華するとは、実に驚き!)
女優No1/「パンズ・ラビリンス」の子、「リトル・ミス〜」の子、「天然〜」の夏帆とさっちゃんと夏川結衣
男優No1/イーゴ、「ダイハード」のマクレーンの相棒、Popのヒュー!
号泣No1/「リトル・ミス〜」のバス追いかけ、「天然〜」のオープニング風景!!、
大笑いNo1/「ラブソング〜」のオープニングPV!
切なさNo1/「天然〜」の黒板前
爆睡No1/「オーシャンズ13」(面白くねぇもん、、)
サントラNo1/「パンズ〜」(などさんありがとう、やっぱイイよ、このスコア!!)
主題歌No1/「ラブソング〜」の『愛に戻る道』
パンフレットNo1/「東京タワー、オカンとボクと〜」(映画パンフはかくあるべし!)
期待外れNo1/「スパイダーマン3」(2あんだけ面白かったのに、、)
キャメラNo1/「ボーン・アルティメイタム」
 (スプレマシー、ユナイテッド93、そしてコレと益々進化する手持ちの臨場感はすげぇぜ!)
時代錯誤映画No1/「天国は待ってくれる」(岡田脚本、期待してたのに、、)
くされ映画No1/幸か不幸か、今年はヘド出るほどの映画には出会ってない、、てゆーか、そんな気配のあるヤツ避けた、、いかんせん、観る暇なくなっちゃったので
[PR]
by cinema-stadium | 2008-01-03 01:06 | Comments(0)