■フレフレ少女(H)

at チネチッタ11   2008 10/11

なんというか、矢口カントク的な笑いに行きたいのか、古厩カントク的な空気を紡ぎとる世界で見せたいのか、振り幅のハッキリしない前半のモタモタした感じは、観ててイライラした。

e0089956_2453212.jpgきっと、ガッキーのセーラー服と学ラン姿のギャップを撮りたいと思ったのが全ての始まりなんだろうけど、嘘くさいキャラのまま推移していくんで、その辺まるでオイラのハートを揺さぶらない。
応援団の個々のつながりが感じられないわ、そもそも個が魅力的でないわで、いかんですわ、こんなホンにGO出しちゃ、、
あれくらいの落とし方と、あの程度の先輩の影響力で、皆の気持ちが応援団に向かうわけなかろーもん、、

ガッキーの団長声に、まだまだ役に入り込めてない照れを感じて、最後まで居心地悪さがつきまとったけど、救いは、「野球」をちゃんと撮ってたところと、学ラン姿のガッキーの型の美しさ、、
手足長い彼女がカッチョイイからこそ、もっとカワユク、ここち良く撮れたんじゃないかと。そう思うと余計もったいなかですな。
[PR]
by cinema-stadium | 2008-10-19 02:46 | Comments(0)

at チネチッタ5   2008 10/11

スティーブ・カレルのスッとぼけた演技も悪くはないが、何がいちばん笑たかて、ビル・マーレイ登場シーン!今年、一瞬のシーンでこれだけ心がふわっと和んだことはない!
他にも、大統領をジェームズ・カーンがやってたり、悪の親玉をテレンス・スタンプがやってたりと、脇の懐かしい顔ぶれだけで結構楽しめた。

e0089956_212292.jpgにしても、アン・ハサウェイのなんと可愛いこと!「プラダ」の彼女も大好きだが、可愛らしさという点ではメリル・ストリープと画面上で並ぶより、スティーブ・カレルみたいなダメ男が隣にいる方がより知的でセクシーなキュートさが際立つと思いますわ、、いま最高のコメディエンヌですな

007(ロジャー版)のパロディ?が随所に見られたのもオイラとしてはポイント高だし、名優アラン・アーキンに結構ハードなことやらせるノリ(「リトル・ミス・サンシャイン」みたくポックリ逝っちゃうんじゃないかと、心配になりましたわ)も好きだし、007をピンクパンサーのテイストでやったみたいな世界観は充分楽しめた。ぜひ続編を!

とか言いながらも、同じピーター・シーガル監督作でいえば「50回目のファーストキス」のほうが好きだけど、、
[PR]
by cinema-stadium | 2008-10-19 02:12 | Comments(0)

at チネチッタ4   2008 10/05

いやあ、、、東京に家族で住むものにとっちゃ、なんと身につまされる話だこと!
e0089956_351640.jpg結局ホントのとこ、何にも頼れないのかも、、といった不安=オイラの感じてる東京の孤独の本質に恐ろしいレベルで近づいた傑作であった、、
黒沢さんのホラーで培った独特の緊張感ある人と人の距離感がイタいし、こわいよ〜
雨は降り込む、電車は走る、、、
家族って実は怖いし、案外笑えるし、意外と哀しいもんだってのが良く出てて、
香川照之はもちろんだけど、この津田寛治、いいし、泣けた!井川遥、美しい!

ああ、にしても、最後どうとでも受けとれるようにした黒沢さん上手いなぁ・・
[PR]
by cinema-stadium | 2008-10-11 03:51 | Comments(0)