■ブタがいた教室(HR)

at チネチッタ9   2008 11/29

正直驚いた!こんなに良い映画だったとは、、
とにもかくにも、子供たちがみんな素晴らしい!我が国の子役たちも凄いレベルになったもんだ、、てゆーか、これ絶対演出プランがしっかりしてたに違いない!
e0089956_2365311.jpgおいらは金八や中学生日記で繰り広げられる、あの「私演技してます」「台本間違わず言ってます」的な自己マン役者どもが集まるウソ臭いクラスの話し合いシーンが大っキライなんだが、この子たちの話し合いシーンには全くウソが感じられない、、てゆーか、ドキュメンタリー的なキリトリ方が実に素晴らしく、集団パッションの起伏を見事に拾い上げてて奇跡的!!
26人の子供たちの表情もキレイに均等割に映してるのに、それぞれが印象に残るし、明らかに教師役の妻夫木くんより、子供26人の一塊を主役として成立させてるのが凄い!!学校もの映画として実に正しいと思う。惜しむらくは、あまりに子供たちが素晴らしいゆえ、繰り返される情報の重複をどうしても切れなかった、作り手の優しさだろう(編集がマズいのではない、、それほど子供たちがイイのである)。
妻夫木くんの、クラスの主役は子供だと分かってて、子供に学ぶ“引きの演技”も素晴らしく、おいら、昔思い出して何度も涙しましたわ、、

ところで、一緒に観た娘も面白く観てくれたのだが、娘のクラスであんな話し合いはやってるのかと聞くと、学級会というものが存在しない、だって、、マジかよ??クラスで何か問題があれば、教師が一方的に怒ったり、決めたりしてるのだと、、、いやあ、あんなクソ学校のアホ教師どもには最初から期待はしてないが、学力もろくすっぽ付けられないヘボばかりなくせに、子供たちの精神的なぶつかり合いの場も作らず、何もやらないって、なんのためのガッコ?クラス?
この作品、ああ今週いっぱいで上映終了やんか、、全く話題になってないようだけど、未見の人、ぜひ!特に世の教師どもは全員観れ(オレ様の命令じゃ)!!!そして己の無能さを思い知れ!
[PR]
by cinema-stadium | 2008-11-30 02:37 | Comments(2)

at シネプレックス熊本7   2008 11/22

師範代、マクさん、ぱてんさんとともに故郷クマモトで観る。
まずは冒頭の三人主演作の予告に、一同大笑い!
e0089956_158233.jpg「l地獄の黙示録」「ディアハンター」「プラトーン」「プライベートライアン」と過去の戦争名作といわれる作品のパロディも本格描写ゆえに余計に笑えたが、やっぱ傑作は一連の「シンプル・ジャック」ネタ!スティラーとダウニーJr.(サイコー!)によるダスティン・ホフマン、トム・ハンクス、ショーン・ペンのオスカー戦線ネタもチョー笑えた。

かなりの満足度だったが、役者たちのサボテン・ブラザーズ並みのノー天気なダマされっぷりを期待してたゆえに、もっと面白くできたはず、というのも正直な想い。もしくはやり方次第では劇中役者たちの扱い次第では、観てるこちらすらダマせたよなぁ、、とか。
でも、豪華なカメオ出演者たちにも驚かされたし、これ以上求めるのは欲張りというものか。

観終わって、トロピックサンダー宣材前で撮った40代男4人の記念写真もサイコーに笑えましたわ。劇場のオネェさんの戸惑い顔が忘れられん。ま、前回のブレイブストーリーのリベンジは果たせたということで。
[PR]
by cinema-stadium | 2008-11-30 01:58 | Comments(1)

11/22公開「トロピックサンダー」は、Webサイトも笑える!
映画の中でベン・スティラー、ジャック・ブラック、ロバート・ダウニーJr.がそれぞれ架空の役者に扮している訳だが、Webからはそれぞれの劇中役の公式サイト(もちろん架空)に飛べるようになっているのだ。
さらには、それぞれの代表作の公式サイト(もちろん架空)まで存在する念の入れよう。しかもそれぞれがフラッシュサイトの凝った作りに加えて壁紙ダウンロードサービス付き!ああ、ここまで徹底してウソつくなんて、あっぱれ!オイラもこんなに人を幸せにする嘘をつきまくりたい!

e0089956_2533016.jpgなかでもロバート・ダウニーJr.扮する名優カーク・ラザラスの代表作「悪魔の小径」の公式サイトには、あっと驚くゲストまで!さすが皮膚手術までして黒人役になりきる名優の代表作だけのことはある!ダウニーJr.がWeb上のウソまで本格的にナリキってる様に大爆笑!

あ、「トロピックサンダー」初日はクマモトで迎えることになりますわ!おお、どうせなら、「ブレイブストーリー」観た時のウソつきメンバー勢揃いで一緒に観れんかなぁ・・2倍も3倍も楽しそう。
[PR]
by cinema-stadium | 2008-11-08 02:57 | Comments(6)

at 109シネマズ川崎4   2008 11/2

クソ映画かもしれんと思いつつ、とにかく笑いたくて選んだ作品がこれ。
いやあ意外に面白かったし、予想以上に笑えた。

塚地と谷原章介が良いし、北川景子が可愛いんだなこれが。個人的には佐田真由美とやらのモデルが好みだけど。
e0089956_1424281.jpgオイラどっかでバカにして観てたんでしょうな、北川と佐田のキャラ配置がどーも違和感あったけど、最後あぁなるほど、と単純にダマされましたわ。
池内博之と塚地の古典的コントに素直に笑たし、ラストのびっくりゲストはニヤリだし(つくづく美里っちゃんの「My Revolution」て名曲だなと)。
しっかし、声まで選べるちゅうとこでの鶴光登場には大笑いしましたぜ。
ああ、なるほど、まさしくオイラ世代が作った単純なバカ映画ってこった、、妙に高尚なものにしようなどとハナから目指してないトコが好感持てましたわ。
[PR]
by cinema-stadium | 2008-11-04 14:37 | Comments(0)

■イーグル・アイ(HR)

at チネチッタ1   2008 11/1

「アイアンマン」に続いて、ひたすら単純に面白かった!
シャイア・ラブーフがスピルバーグに気に入られているのも初めて納得できた。

“すべての動きが見られている”という設定を、とことん貫く描写の素晴らしいこと!
あそこに行きゃ逃れられるじゃん、と思わせる甘さが一切ない。

e0089956_12273794.jpg「フレンチ・コネクション」や「ボーン」シリーズ感じさせるカーアクションも最高!!
すべてを支配してるドンがSF世界でないのにリアルな存在感あって、そいつが狙う標的に関してもこの手の過去作品から微妙なズレを与えてるのが素晴らしい!
ラストの大人な心地良さも素敵!
ああ、などさんと一緒に狂喜乱舞すべき作品やった、、
[PR]
by cinema-stadium | 2008-11-04 12:28 | Comments(0)