あっと驚く展開でしたな「おくりびと」、、、観てないけど。

にしても、滝田さんとモッくん嬉しそうやったなぁ、おめでとう!
って、よく考えっと、その二人とも20年くらい前にクマモト映画祭で賞をあげた人やんか!
なんと先見の目があった映画祭だったんだろ、、、もう無いけど。
毎年のように常連でクマモトに来てた滝田さん、いつもニコニコ飲んだくれてた姿しか覚えとらんなぁ。

次は、などさん、オスカー頼む!
レッドカーペットをオイラと二人バオリで歩いて、レスリー・ニールセンのごとく全裸でステージに立ち、「こんユダどもが!!」てコメント放ち、世界を幸せにしてあげようぞ!
[PR]
by cinema-stadium | 2009-02-24 00:48 | Comments(2)

at 試写会   2009 02/09

この作品に、あれこれ難癖つけたところで、意味はなかろう。

e0089956_1453488.jpgとにかく、かわいい女の子が父親のために悪の組織とカンフーで闘う、、もーそれで良いではないか!
、、と分かっていながらも、どーせ知性もモラルもないんなら、もう少しお色気入れんかい!まるでなしつーのは寂しいのぉ。
ファックシーンなくとも、ちとザワめかせるサービスカット入れるぐらいの気の利き方あってもいいよな。
子供の観客を視野に入れてるからか、妙なとこで清潔感漂わすんだから、もー

あ、ittokuさん、再びアリガトね。なんだかんだ言いながらこんな映画でもオイラは楽しめるのです。
[PR]
by cinema-stadium | 2009-02-10 01:46 | Comments(2)

■シャッフル(H)

at 109シネマズ川崎10   2009 02/08

ハッキリ言って、出来は良くない、、けど、かなりチャレンジングなことやってるので、つい応援したくなる。

日月火水木金土という並びで過ぎてく1週間が、この主人公には木、月、土、火、金、日、水という順にシャッフルして訪れるちゅー、そのアイデアはバツグンに面白いと思た。
e0089956_2303723.jpgなぜそんなことが起こるのか?タイムトラベルとも超常現象とも、そこをまるで追求しない潔さ(鈍感さ?)、
および主人公がほぼ一日の終わりにしぜんと就寝するというルールにはオイラは目をつぶろう、、
(いや、突っ込みどこ、かなり満載なんだけどさ、、あの傷があの日に無いのはおかしいだろうとか、あんなことされ、後は放ったらかしかい!とか)

最初の日に起きた事象そのものは変わらず、その前後を主人公サンドラがジグザグに行ったり来たりするんで、
当然、彼女の気持ちや行動は、ふつうの曜日順で時間が進行していくのとはまるで違ったものになるんだけど、、。
そこがキモなのに、それが実に消化不良の扱いばかり。けど、かなり難しいパズルをやろうとしたその気概そのものをオイラ買う〜〜
だって、1週間のシャッフルって、これ今までオイラ観たことないもん!
ミステリータッチにしたのが失敗の原因かなぁ。基本良い話なんでファンタジーにしたら泣けたかも。「ゴースト」のウーピー的なルール語り手を置くとかしてさ。

などさんには、ぜひ観てもらいたか。キミだったらどう料理しただろうか、興味津々。
[PR]
by cinema-stadium | 2009-02-09 02:34 | Comments(5)

■容疑者Xの献身(HR)

at 三軒茶屋シネマ   2009 02/06

敬愛する師範代がクソミソのように言い、しかもオイラの大ッキライな亀山Pのフジテレビ作品…いい映画のはずがなかろーもん、、

てな感じでまるで、期待も興味もなかったし、「ハッピーフライト」のおまけで観たはずが、、、
なんと!こりゃ予想外にイイではないか!!!!!
少なくともオイラが観たフジテレビドラマの映画化で最高傑作ではないか?
不覚にも、オイラ泣いたもん!(て、などさんにゆーたら、「実はオレも」てゆーてたから、安心したよ、オイラ)

e0089956_355463.jpgオイラ、原作もテレビも知らんから、それを持ち出されたら何も言えんが、
この作品に乗れんという人は、福山・柴崎の殺人推理ドラマという視点で観てる人じゃないの?
こりゃ、堤真一と松雪泰子の「仕立て屋の恋」ですばい!!
本来なら堤真一役はもっとダサダサなヤツに演らせるとヨカとでしょうけど、映画はビジネスちゅー側面考えると、多いにこのキャスティングあり!
堤真一もそっちに振ろうと好演してたし、オイラ思いっきし共感できたもん!
みんながちゃんと面白くしようと頑張ってるし、実際シナリオがヨカて思うもん。
福山・柴崎も、自分が主役だ!みたいに全然出しゃばってなく、堤-松雪ラブストーリーの脇に徹してるのが逆に好印象!

さすがにパトリス・ルコント並みの傑作とまでは言わんけど、オイラ、意表を突かれ嬉しかった分、大スキ!!!
原作もテレビ版も見てみよーかなと。
[PR]
by cinema-stadium | 2009-02-07 03:10 | Comments(3)

at 三軒茶屋シネマ   2009 02/06

平日の昼間っから、などさんと。三茶で映画観るのも2年ぶり。
まさにホームグラウンドに帰ってきた〜ちゅー感じですな!

んで、昨年見逃した本作、、、
正直、可もなし、不可もなしという感じ。でも「スウィングガールズ」より好感持ったという点は、などさんと一致した。

e0089956_21967.jpg観てる間はそこそこ楽しめるが、でも観終わったらな〜んも残んない、その薄っぺらさが良いとこでもあり、悪いとこでもあり、、ってか。
取材した材料をきれいに万遍なく配置しました、といったシナリオの、その「万遍なさぶり」が逆に本来の矢口カントクの良さや魅力を薄めてる気がするけどなぁ。
まぁ、金だしてるANAの手前、ズッカー並みの破天荒な事やれないのも分かるけど、矢口さん、最近、大人の事情を汲み取りすぎて、つまんないよ! ぜったい亀山から離れるべき!
このままなら、どんどんつまんない監督になってきそう、、

ひとつのヒコーキの安全を、空から、地上から、こんだけ多くのスタッフが支えてんだぞ!ってのは、よく出てたんで、ANAにとっては満足の出来でしょう。(とはいえ、その意味でも、ちゃんと目的地に客を運んでナンボだろーとか、などさんと話したりもしたけど、まぁ目くじら立てるほど憎たらしい作品じゃないから、途中鎮火)

綾瀬はるかは、マジックアワーの方が可愛かったな。むしろ、田畑智子がすごく可愛く思えた!
[PR]
by cinema-stadium | 2009-02-07 03:05 | Comments(0)

at 109シネマズ川崎7   2009 01/31

うちの2人の娘が第1章大好きなもので、初日に連れてく。
前日に日テレで復習番組があったらしく、2人は人間関係を完璧に把握してるから、オイラのほうがうろ覚えのキャラ模様を娘に確かめる始末。

e0089956_2535671.jpgハッキリ言って、第一章より、オイラは面白かったよ。
なるほど、第一章で感じた登場人物に感情移入できない展開の早さは、きっとマンガめくってる感覚をねらってるのね、堤カントクは。
2作目にしてコチラの目が慣れたのか、それとも女の子主役でオイラの気が緩んだのか、だいぶ観やすかった。

前作とは印象だいぶ違ってたねぇ、、1章は半端なノスタルジーに加え、大掛かりなようでいて実は狭い振り幅にイマイチ乗れんかったんけど、
今回は女の子のイマが基本ラインで、話が躍動するぶん引き込まれたよ。
カンナ役の子、上手とは言いがたいけど、なんか一生懸命なのが伝わってオイラは好き。
あと小池栄子の気色悪さがバツグン、堤さんて彼女をあんな使い方すんの巧いなぁ。
ともだちって、今回ほぼ出番ない割にネーミングクレジットだけはちゃっかりの、あの人か?、、、前作での消え際もなんだかスッキリしなかったし。

てことで、ここまで来たら第3章見逃すわけにはいくまい。てゆーか、娘たちに約束させられたし。
にしても下の子、いろんな作品の予告を観て、あれも観たいコレも観たいだと、、、
かなりな映画好きになったようで、オイラとしてはうれしいが、、う〜ん、けどまだ5才、
オイラが映画好きになったのは小3で、観たくても観せてもらえなかったことも多々あったのを考えると、はたしてどうすべきか、、
[PR]
by cinema-stadium | 2009-02-02 02:53 | Comments(0)