昨日の4月25日は、尾崎豊の命日だった。享年26歳。おいらは当時25歳だった。

先日、敬愛するぱてん氏からパフュームの代々木体育館ライヴに上京するという連絡を受け、「わざわざ東京までライヴ観に?」と苦笑したもんだが、その昔、おいらも、尾崎のラストライヴとなってしまった同じ代々木のステージを観に、わざわざクマモトから行ったんだっけな、、と話しながら思い出した。

e0089956_13321640.jpg電話切った後、そいや、尾崎が死んじゃったとき、地元タウン誌の編集長から、寄稿の依頼受けて書いた追悼文があったなぁ、、と、思い出し、ホコリかぶったフロッピーデータを探したら、おっと出て来た、、なつかしい、、
学生時代、何年もその編集長のもとで映画紹介を書かせてもらい、自分としてはかなりチャレンジングな文面を何度も出したんだけど、そのたんび、いつも笑って受け入れてくれたT編集長、、ああ大好きだったなぁ、今はもうステキなお母さんなんだろーな、、とか、思ったり。今おいらが食えてるのは、T編集長が当時のおいらの実験的文章を許容してくれたのはかなり大きい、、感謝してます。そのT編集長の後を受け継いだ超保守的バカ女Yとは全くソリが合わんかったけどね、、

んで、今回その尾崎の追悼文を久々読み直して、それ最初読んだT編集長が「鳥肌立った」って感想言ったのを思い出した、、確かにテクニック的には全然なんだが、当時のおいらにゃ今のおいらに全く出せなくなった熱というものがあったんだなぁ、、42のおいらが26のおいらに負けてる、、。たまには過去書いた文章を見るのも新鮮で良いな。

てことで、そんときの追悼文をばコピペして、天国の尾崎へのメッセージ、今のオイラ自身への叱咤激励としよう。尾崎、おいらはまだ頑張ってっぞ〜!二児の父としても!
あ、、そういや17年前の今の時期だったなぁ、カミサンと出会ったのは、、おいらの人生から見れば無くしたもんと得たもんがクロスした時だったんだぁ、1992年4月というのは、、、



-----------------
 4月25日。激しい痛みを伴って僕の胸に大きな風穴が空いた。以前から予期していたそれだったにもかかわらず、その痛さ、大きさは予想以上の衝撃だった。風は、最後に数え切れぬほどの悲しみを落とし、駆け抜け、とうとう星になった。

 ロックンローラーという名のもとに、心と生命を削って、その一曲一曲に彼の精神・肉体全てを支配する情念を刻みつけた風の戦士・尾崎豊が消えた。 

 彼について日々伝えられ語られるものは、全て事実であって事実でない。彼と僕らの間にある事実は、彼が残した作品…それだけである。その事実の中で、それぞれに、それぞれの尾崎豊が刻まれていったはずである。 
 カリスマ、教祖、十代の代弁者…生前から語り尽くされている彼の伝説性、あるいは彼の音楽性すら僕には全く関係ない。

 “I ── with my eyes burning much more strongly than Robert De Niro's in The Taxi Driver~"

 「十七歳の地図」のジャケットに浮かぶ英文字は「タクシー・ドライバー」のデ・ニーロよりも熱く激しいテロリストの血を持つ尾崎豊を示していた。銃の代わりにマイクロフォンとギターを手にして、弾そうに込める弾丸の代わりに、覚束無いメロディに乗っかり切れぬほどの言葉を詰め込み放つ、彼はテロリストだった…
 あの宿命の85年11月15日の代々木オリンピック・プールのステージまでは。

e0089956_1332389.jpg デビュー当時、彼の放つ言葉は、自らを支配する孤独と絶望から彼自身を救済する術でしかなかった。ペシミズムに彩られた言葉の底を支えていたのは、彼自身のかたくなまでのエゴ…それだけだった。
 彼の言葉に共感はせずとも、無垢なる魂を汚すものに獰猛な牙を向ける、言葉を支えたその清潔で純粋なエゴに僕は魅かれていた。

 「俺は生命をかける。信じる奴はついて来い」

 85年11月15日、心優しきテロリストは、テロリストとしての道を誤った。吐いてはならぬ言葉を口にした。自らのエゴを自分を求めるファンに与えた。
 そもそもテロリストをテロリストたらしめるものは、沸き立つ自らの熱い血のたぎり(エゴ)。イデオロギーなどの大義名分は身の寄り所としての言い訳でしかない。それまでの彼もそうだった。
 しかし、自らの言葉に真摯で心優しき彼は、それから、その言葉を約束として背負い続けるはめになった。そのことは同時にそれまでの狂気的なエゴの行き場の消失を意味した。
 そこから、僕は彼の傷みの軌跡を追うしかなす術がなくなった。

 昨年秋、6年ぶりの代々木オリンピック・プールで行われた Birth Tour の追加公演のタイトルは、奇しくも「The Day〜約束の日」。

 「僕たちの『15の夜』から、君たちの『15の夜』へ…」

 アンコールの最後、彼はそう言うと、もうすでに彼の手を離れ、ファンのものとなった「15の夜」を、あの日に吐いた言葉に折り合いをつけるため放った。
 彼のエゴが消えた「15の夜」はノスタルジーでしかなく、辛く痛かった。風の戦士は自らの血に逆らって、自ら背負ったファンとの約束をあの時と同じ代々木オリンピック・プールで成就した。そして、それが彼の最後のステージになった。

 4月25日、約束を果たした風の戦士は死という形で安らかな眠りについた。
 「15の夜」に凍てつく孤独を慰めた缶コーヒーも現在は百円玉では届かない。足りなくなった分は、僕ら自身で埋めていくしかない。それが空いてしまった風穴から放たれる、彼を愛した放熱への証。

(1992年タウン情報K 6月号より)
-------


おお、最後、遺作のタイトルに引っ掛けてる!!すげぇなオイラ、当時全然ちがう職業だったのに、、
[PR]
by cinema-stadium | 2009-04-26 13:47 | Comments(4)

■グラン・トリノ(HR)

at 109シネマズ港北3   2009 04/25

などさんにも言うたけど、おいら、映画観つづけて30数年、、号泣、爆泣した映画は数あれど、ここまで長時間泣きつづけっ放しの映画は初めてやった、、
玄関に贈り物が届いたり、隣家のパーティのあたりから、最後までずっと泣きっ放し、、我ながら自分の涙の持続力に驚いたよ、まったく。
「ミリオンダラー・ベイビー」との兄弟映画でありながら、観た後の気持ちの良さときたら「スペースカウボーイ」だし、、もう、、

e0089956_214462.jpg美しいまでの人生のケジメの話であり、先に生きている者の後に生きる者に対する責任の話であり、
イーストウッド先生の俳優人生との見事なまでの決別映画でもあり、、、そのどれもが奇跡的にうまく重なった文句なしの今年のベスト決定作品!!!
あんなちっこいコミュニティの話なのに、アメリカという国、ひいては人間の普遍性まで届かせるこの映画としての懐の深さはいったい何?この映画としての香りの良さは何?
イーストウッド先生作品に関しては、などさんと感覚が全面的に一致するんで、観終わって話が尽きんで困るよ。

最近は、Directed by Steven Spielbergよりも、Directed by Clint Eastwoodという文字をエンドクレジットで見るほうがはるかに胸が熱くなる、オイラとなどさんである。

またまたまた、ありがたきものに触れさしていただき、もう感謝する他ありません、ありがとうございました!イーストウッド先生!
[PR]
by cinema-stadium | 2009-04-26 02:02 | Comments(6)

何様のつもりや?

今回の草なぎくんの過熱報道は、ホント民度の低いこの国の象徴だと個人的に思ってるが、ともかく不愉快だったのは鳩山だ!

「最低の人間だ!」とは何様や、お前は!!クソまみれの自民党で権力に固執しつづけるお前が言うか!!この騒ぎに便乗して正義漢ヅラしやがって!
TV見てたカミサンがポロッと「悪代官みたいな顔しやがって、、」と言うたのには笑たが、ホンマ、あの勘違いしてエバリ腐ったコメント放つ厚顔無恥な面見るだけで、ムカムカ虫酸が走るぜ!死ねばいいのに、、、
ジャニファンから暗殺でもされろ!!それこそ、大笑いだぜ、クソが!!早よ死ね!!
[PR]
by cinema-stadium | 2009-04-24 10:20 | Comments(2)

■鴨川ホルモー(2B)

at チネチッタ6   2009 04/22

地獄から一日だけの解放ということで、久々布団で爆睡、、で、目覚めて一番最初に思ったのが、「映画観たい、、」だった。
おいらの根本欲求が、メシでも、セックスでも、パチでもなく、映画だったということで、会社辞めて4ヶ月目にして、やっと健全なココロとカラダにもどりつつあることを実感、、嬉しい。

で、「おっぱいバレー」が気になりつつも、時間合うの探したら、これだったのでネットでチケット購入。

e0089956_3172523.jpg「電車男」以来、顔見れば師範代を思い出す山田クンだが、主役張っても違和感ない風格は出て来たねぇ〜
でも、キャラとしては浜田クンのほうがインパクトあり過ぎましたな。。彼どっかで見た顔だなぁ、、と思ってたら、そっか、長澤ちゃんのプロポーズ大作戦か、、「どですかでん」のリメイクするなら、主役は浜田クンしかいない、と思たよ。

一番笑たのは、京都の4大学のホルモーサークルが一同に介する、四条烏丸交差点の会!!荒川良々の絶妙の間と、祇園祭のリアルさのシナジーで、極めて映画的な笑いになってた。
冒頭が結構心地良いテンポだったんで、もっと弾ける笑いの連続かと思ったけど、案外そうでもなく、全編通してクスクス苦笑の連続だった、、むろん苦笑といっても、あきれたソレではなく、あまりに憎めなくて思わず、、というソレ。
こればっかりは、監督の資質に頼らざるをえん部分だけど、松竹の山田組もこなしてる本木監督の演出は基本マジメでさすが安定してるんで、ハチャメチャはなくとも終始安心して見れる。
やっぱ、京都という街でしか成立しない話として、きちんと街の風景を捉えてんのは好感持てますわな。
ハリウッドでも公開されるらしいけど、案外、この京都舞台の魑魅魍魎なセカイは向こうで受けるかも、、
[PR]
by cinema-stadium | 2009-04-23 03:17 | Comments(0)

at 109シネマズ川崎10   2009 04/12

一週間の鋭気を養うべく、サンデーレイトヘ。

おお、こりゃすげぇ!!007もびっくりの世界をまたにかけたクライムサスペンスやった!
予告で面白そうと思わせといて、観たら打ち殺すぞ、ワリャ!というのも結構多いジャンルだが、
こりゃ期待以上の出来やった!おもしれぇぞ、などさん!

e0089956_3451583.jpgなかでもニューヨークの螺旋状の美術館(名前忘れた)での銃撃シーンはしびれた、驚いた、、オイラ興奮したぞよ!
クライヴ・オーウェンの終始お疲れ気味の顔は、今のオイラにゃしんどく、ナオミ・ワッツの乳首ポッチンも観れんで寂しかったけど、悪役連中がヨカ!無表情な暗殺者役と、彼を操るジイさんが最高!
なんたって、世界の仕組みを知った“気にさせる”ウソのスケールが素晴らしか!!
誰やこん監督?て思たら「ラン・ローラ・ラン」の人か、、あれはワン・アイデアのしつこさが嫌いだったが、ここまでスケールのでかい話も操れる人だったとは、、驚き。
脚本誰や?て思たら、なんてや新人てや???オー、マイガー、、、もう、オイラ、シナリオ書きたいとか、言うのヤメよ、、恥ずかしゅーなる。

しっかし、何やソニー、相変わらず、このやる気のないタイトルは!
[PR]
by cinema-stadium | 2009-04-13 03:47 | Comments(0)

■ヤッターマン(H)

at ららぽーと横浜8   2009 04/06

下の娘の小学校入学のお祝いに、連れてった。

e0089956_23595570.jpgヨカとたい!フカキョンのドロンジョ様が観れただけで!!
監督の三池さんも、フカキョンのドロンジョ様が観たいと思ってキャスティングしたのだろうけど、まさかフカキョンが、ここまで演技下手とは知らんやったろうな、、フカキョンの魅力を神懸かり的に引き出せるのは、「下妻」の中島監督しかできんとです。

けど、ヨカとたい!フカキョンのドロンボー踊りのガニ股が可愛かっただけで!!
嵐の桜井くん、CMとかでは良いんで、期待してたが、スクリンでは思ってたより華がないなぁ、、ニノや岡田くんレベルにはまだまだ、、
福田サキちゃんに至っては、まるで存在感なし、、、てゆーか、フカキョンの胸元や太ももに比べ、かわいそなくらい三池さんの興味の外(てゆーか、桜井くんも、ヤッターワンも同じだけど)

でも、ヨカとたい!フカキョンのボンデージ姿拝めただけで、、、ああ、あの胸元に顔を埋めて眠りたい、、
と、小学入学仕立ての娘の隣で妄想する父であった、、
[PR]
by cinema-stadium | 2009-04-11 23:59 | Comments(2)

■ワルキューレ(H)

at 109シネマズ港北5   2009 04/04

などさんと約束してたトム&ブライアンの新作を、ちょうど1週間前に観た。

「ナチにもまともな人間はいた」というマイノリティ話は、ゲイ人たるブライアンの首尾一貫したテーマとして違和感は全くなかった。
e0089956_23281019.jpgで、その話を描くにあたり、“映画では典型的ナチ側に設定したコノ人やアノ人も、ホントはまともな部分を持ってた人かもしれない”といった視点を常に持って臨むことが、ブライアン・シンガーなりの当時を生きた人に対するリスペクトだったんだろうな、と。
とにかく、ブライアンはひたすらストイックに淡々タンタンと事実を描いてく。が、ドキュメンタリー的に迫ってくという手法は用いず、あくまで正攻法で・・・
スピルバーグが「シンドラーのリスト」(違う話だけど)で、ドキュメンタリー手法を用いながら、全体の一要素でしかない「ガス室行きかどうか」のシークエンス描写を煽りに煽ってサスペンスを盛り上げた商売っ気たっぷりな演出とは、まるで真逆である。

が、そのブライアンの真面目さは、今回の映画の場合、弱点になったかなと。
すべてのキャラクターへの感情移入を拒否するかのような、各キャラのバックボーンの希薄さは、まあ良しとしても、この話は結果そのものが観る前から分かってるのだから、もっともっとジリジリするような緊迫感で話を引っ張らんと弱いですばい、ブライアン!
そもそもリスペクト感が前面に出過ぎるようじゃ、映画商売としてもきついと思う。

いやいや厳しいことばっか言ってるようだけど、悪い映画ではないし、きらいな映画という訳でもない。
ただ、これはオイラの持論であるが、映画でナチという題材を扱う時点で、すべてのキャラに優しい眼差しを注ごうなどとは決別せんといかん、、。ナチはナチ、ユダはユダたい!!描き手の視点がだれ彼にも優しいから、おかげで観てるこっちも、キャラの区別がつきにくくてかなわんわい。

にしても、相変わらずあっぱれなのは、トム・クルーズ!サムライからナチまで、何でもござれのスピリッツはまさしくプロ!けど、最近、商売運には見放されてるなぁ、と、この作品観て改めて実感。がんばれ、オイラと同い年!
(個人的に好きなのは、トムについてる無口な部下!唯一泣けるキャラだった、、)
[PR]
by cinema-stadium | 2009-04-11 23:40 | Comments(0)