at 109シネマズ川崎1   2009 05/24

やっぱ、おいら思うんだよね、映画は時間消費を伴う文化だから、2時間付き合わせるんだったら、せめてその間は全てを忘れさせてくれって、、その意味では十分満足!!
e0089956_2324169.jpg役者は、タキシード仮面を思い出すラッセル・クロウのダサダサな役づくりが見え見えなんだけど、それなりにウメぇから、つい引き込まれるし(長髪は師範代思い出した)、
昔バカ顔だったベン・アフレックも「チェンジングレーン」並みにちゃんと知的な正義漢に見えたし、、
けど、いちばんステキだったのは編集長のヘレン・ミレン!おいら、昔からカッチョいい女編集長に弱いのら(美樹ちゃんもそーだったし)。

そういや、この歯切れの良いテイストのサスペンスは、70年代の「コンドル」とか「大統領の陰謀」とかに近いなぁ、、その辺でも大好きなのかもしれない。

ただ一点、惜しむらくは、せっかく丁寧に真実を紐解いて来たのに、最後の最後のどんでん返しだけがちと乱暴だなぁ、、
でも、メタボな中年記者ラッセル・クロウと、若い女性記者の関係性もいやらしくなく、爽やかで好きだなぁ、、おいらもあんな助手ほしい、、
[PR]
by cinema-stadium | 2009-05-26 02:32 | Comments(2)

at 渋東シネタワー2   2009 05/15

e0089956_1135581.jpg世界のトニー・レオン様の周瑜も、TOKIOの城島クンに似た曹操も良いが、やっぱ常に悠然と構える金城武の孔明がいちばんステキ!
画づくりもさすがジョン・ウーらしくカッコ良い構図の連続だが、せっかくのソレも、やたらめったら細かく切りきざんだ編集のお陰で、映画としての品位と風格が残念ながら薄っぺらなものになってしまう、、、こざかしいんだよ!ったく!
こういう全編予告編みたいな、どうしよーもなく落ち着きのない、メリハリない編集って大嫌い!タメルとこはタメなきゃ、肝心カナメなとこの見せ場が見せ場になんないんだよなぁ、、しまいにはアッタマ悪い映画にみえてくるもの、、「チェイサー」観て勉強せいや!
とはいえ、まぁ役者の顔ぶれと、ウー流アクションの乱れ咲きのおかげで、楽しく観れるの間違いないけど。
[PR]
by cinema-stadium | 2009-05-17 11:36 | Comments(0)

■チェイサー(HR)

at 109シネマズ川崎8   2009 05/10

江戸に来たぱてん氏と観る。

もはや「スラムドッグ$ミリオネア」が子供に思えるほどの、二度と観たくない驚くべき圧倒的傑作!!
この密度の濃さは「殺人の追憶」+「オールドボーイ」!!
e0089956_1182630.jpgタイトルどおり、走る走る!!終始ヒリヒリ、ジリジリした緊迫感が続く、「グラン・トリノ」とはまた対極にある贖罪ムービー!!おそろしや韓国映画の底力!
[PR]
by cinema-stadium | 2009-05-11 01:18 | Comments(2)

at ららぽーと横浜TOHOシネマズ6   2009 05/02

ノミネートすらしなかった「グラン・トリノ」を差し置いて、オスカーとった作品ってどうなんじゃい!
と、連休初日になどさんと。

e0089956_11161763.jpg確かにオモしれぇ、、、このエナジー弾けるパワフルさは、全編インド版MTVちゅー感じでダニー・ボイルにしか出せんよなぁ。
走ってくるインド人たちは、もろ「28日後」のゾンビやん!雑多で混沌としたインドの雰囲気がダニー・ボイルにピタっとハマった感じやね〜〜。
世界一の映画製作本数ほこる映画大国インドに対するリスペクトもたっぷりだし、サービス精神旺盛なエンドクレジットもよろし(マイケル・ジャクソンの真似じゃないよ〜マイケルがインドからパクってんだよ〜)!

でもなぁ、、やっぱ、どう考えても「グラン・トリノ」っしょ、、歴史に残る作品というなら。
エナジーは確かにスゲェけど、構成自体は特に目新しいとか思わなかったもん、、でも、面白いのは間違いない。
[PR]
by cinema-stadium | 2009-05-07 11:19 | Comments(0)

e0089956_9221595.jpgグラン・トリノのサントラに泣く!!特にラスト2曲は、聴きながら涙止まらん、、、
イーストウッド先生の御自らの歌声は、まさしく神の囁き!!!
10年ぶんの癒しを手に入れた感じだ!
・・・にしても、テーマ曲歌ってるJamie Cullumの声の美しさはちょっと奇跡だね。
などさん、ありがと〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!
[PR]
by cinema-stadium | 2009-05-01 09:22 | Comments(2)