■レスラー(HR)

at チネチッタ10  2009 06/27

なんともイタ哀しい話だけれど、ダメ人間へのやさしい眼差しがたまらなく愛おしい!!大好きな傑作!!(今年、いったい何本目の傑作だ??ちょっと、今年の映画の質は全体的にスゴくねぇ??)

e0089956_17555318.jpgともに自らの身ひとつで生きるレスラーとストリッパーの人生を交差させ、オスとメス(男と女というより)の『存在の証』の差異を、それぞれの子どもへの関わり方の違いでさりげなくあぶり出す構成の素晴らしいこと。
それを、ドキュメントタッチの手持ちカメラとムダな音楽一切なしで、キャラクターたちの息づかいを見事にフィルムに刻み付けたアロノフスキー演出に、オイラ脱帽、、、(あの「パイ」のカントクが、よもやこんなのが撮れるとは、、)
その演出に見事に応えた、ミッキー・ロークの人生賭けた渾身の演技、マリサ・トメイの母と女の顔が交互に入り混じった逞しくも切ない愛らしさ、、素晴らしすぎる、、、やっぱ、こういう作品観ると、改めてアメリカ映画って懐が広いなぁ、と感心するなぁ、、

先日の映画ごっこ「ハゲタカ」とかと比べると、大人と子どもくらいの差だよな。この作品の楽屋でのレスラー同士の敵味方超えた優しい思いやりに満ちた空気感は、「ハゲタカ」の似非映画スタッフどもには、おそらく一生かかっても出せやしまい。
「ハゲタカ」が時間が経てば経つほど、不快さが増してくのに対し、この映画は時間とともに愛おしさが増してくよ!
[PR]
by cinema-stadium | 2009-06-28 18:02 | Comments(0)

■ハゲタカ(GO)

at ららぽーと横浜TOHOシネマズ9  2009 06/19

ついにNHKさんも連ドラの映画版ですか、、
オイラ、NHKドラマ見てないから、キャラになんの思い入れも無いから、ハッキリ言わせてもらうけど、何なの?あの常にウザったらしく話にまとわりついてくる音楽どもは!!!もー、セリフ聞き取れず、イライラ、イライラ、、おいら、それだけで大幅減点、、、
ウザウザ音楽のおかげで、世界観にイヤらしい空気が生まれ、玉山鉄二の熱演まで、ざーとらしく見えて仕方なかったよ、、映画における音楽の使い方、もっと勉強した方がエエンじゃネェの、この監督、、

e0089956_344104.jpgまぁ経済界の昨今の動きにあわせて、急遽こしらえられたと思われる設定は、無理なく話に埋め込まれているとは思いつつも、脚本の問題か、演出の問題かわからんが、“映画としての”ストーリーテリングが下手クソ!
下手、下手、、、下手だねぇ・・面白くなれた可能性を秘めた題材だっただけに余計イライラした!
あの落書きを途中で明かしてどうすんの???バッカじゃねーの?あれをいちばん最後に紐解いてこそカタルシスが生まれ、この時代のくされ方が際立ち、「砂の器」並の壮大な泣ける話になったのに、、
も〜〜〜もったいなさ過ぎ!てゆーか、バカか、ヌシどま!だけん韓国映画の足下にも及ばんとた!
おかげで、単なる連ドラ話の圧縮版みたいな印象しか残らんかった、、てゆーか、この程度の話にしたかったんであれば連ドラでやったほうがいちばんエかったんちゃう?

救いは、龍平くんのひょうひょうとした存在感が心地良かったことだね。
まぁ、連ドラ好きだった人にとっては、そこそこ楽しめるだろうけど、おいらにとってはハッキリ言って嫌いな映画(もどき)!ハイビジョン画像のイカにもな質感も、そもそも映画ナメテルよな、、
[PR]
by cinema-stadium | 2009-06-22 03:44 | Comments(0)

at チネチッタ9  2009 06/17

映画は時として、理屈を超えたところで奇跡を起こす。まさにその奇跡と出会えた、、

以前、「マッハ!!!!」について、ブルース・リー、ジャッキーに出会った時の衝撃に近いってことを書いたが、これはそのときをも上回る第4の衝撃やった、、
e0089956_681067.jpg何がスゴいって、池脇のチーちゃんを思わせる、か弱そうな可愛いコが、CGはもちろん、スタントなしのテコンドーをマッハの速さでこなし、むさ苦しいヤローどもをバッタバッタとなぎ倒していくんですもの!!!
そのほとばしる、か細い肉体の躍動に涙、、、
おいら、ジージャーに惚れた、、もー美しすぎるよ、、ブルース・リーやジャッキー以上の動きを求められ、生傷が絶えない中で見事それに応えていく彼女がたまらなく愛しい、、、
その姿を前にして、あーだこーだ理屈をこねること自体、愚かしい。彼女の躍動をフィルムに刻んだこと自体が奇跡なのだ。

「ドラゴン危機一髪」「怒りの鉄拳」「燃えよドラゴン」「死亡遊戯」のブルース・リー、「酔拳」「プロジェクトA」のジャッキーを思わせながら、彼ら以上の身のこなしをするジージャー、、ああ、ジージャー、ジージャー、ジージャー、ジージャー、、、、
e0089956_684416.jpg
ああ、こんなに可愛い子が、












e0089956_69284.jpgこんな動きや











e0089956_691643.jpgこんな動きを







スタントなしでやるんだぜ!


これを奇跡と言わずして、なんと言おうぞ!!!
ああ、おいらって、つくづく強くてカッチョええ女に弱いなぁ、、

かなりなハードスケジュールの中、もうすぐ上映終了ということで無理して行ったが、その甲斐あった!!などさん、スタトレはもうちょいあるから、まずはチョコファイを!
[PR]
by cinema-stadium | 2009-06-18 06:14 | Comments(5)

■ターミネーター4(HR)

at ららぽーと横浜12  2009 06/14

大好きなチャリエン2作のマックGが監督とはいえ、前の「T3」にさほど乗れてないオイラとしては、正直この「T4」まったく期待してなかった、、
まさかここまで良い出来だったとは!!などさんと二人、日曜の夜に男泣き!

e0089956_3294861.jpgそもそも「3」の猿顔の鈍臭いジョン・コナーが、バットマン・クリスチャン・ベールに変わった時点で、映画としての格が数段レベルアップしとる!
「マッドマックス2」を彷彿とする終焉観も良し、バイク型ロボットのカッチョ良さときたら、もう!
おお、クリスチャン・ベールがそれにまたがるなんて、バット・ポットを意識してんのか!!ひたすらカッチョええ!
さらには「地獄の黙示録」ありの「ジュラシックパーク」ありの、オイラ世代号泣のサービス演出たっぷり!
でも何より、「3」までの「追われ、逃げ、闘う」という単純な行動描写から、マーカスという泣かせキャラを加え、二人主役+キーマンの3層の行動描写に、それぞれの感情描写を交差させたところが、話に深い奥行きを与えて大正解!つまりは、シリーズではじめて、本当の意味で人間側が主役になったちゅーこつたい!

すばらしいぞ、マックG!おいら、シリーズの中で1番好きだ!!
[PR]
by cinema-stadium | 2009-06-15 03:30 | Comments(0)

108000円になったホワイトのMacBookも魅力的だが、やっぱ14万台のアルミ筐体のMac Bookがカッチョよくて良いなと、ここ1週間購入を検討してたら、おい、いつの間にかそれがMacBookラインナップから消えちまったぞ!昨日までアップルのサイトで調べてたのに、、
したら、あ・・なんと、代わりにProファミリーに13万代のものが加わってるやないか!アルミ筐体はProに集約ってことか、、
e0089956_12212184.jpgしかし、実に短命な幻のMacBookアルミだったなぁ、プレミア付くかなぁ、、て、ビックカメラのサイト調べたら、昨日より1万以上、安くなってるやんか!!昨日、購入を申し込んだヤツは可哀想だなぁ、、

しかし、アップルはなんの前触れもなく、突然こんなことやるから恐ろしい、、おいらも一回やられてるもん、、iPod touch、ようやく手に入れたと思たら、1週間後には音声出力できる次世代のtouchが、さらに2000円安で出たもんなぁ、、しかも、その時点ですぐ、前モデルは無かったかのような扱いに変わるし、、

この分じゃ、あと半年待てば、CPU2.53GHz、メモリ4GB、HDD250GBクラスのProが13万円台で購入できると読んだ!よし、あと半年待つ!
ところでレオパルドの次って、どなってるんやろ?
[PR]
by cinema-stadium | 2009-06-09 12:21 | Comments(0)

at ららぽーと横浜8  2009 06/05

おいらは、いわゆるトレッキーとは無縁の人間である。
テレビ版は見たことないし、中2のとき観た映画版第一作は、ロバート・ワイズによる神々しい世界観がヘド出るほどキライで、以来シリーズは一度も観る気すら起こらなかった。
今回、観た理由は、JJでしかない!「MI3」大好きだし、「クローバーフィールド」に狂喜乱舞したオイラを裏切るはずはないと。

e0089956_019159.jpgして、、おお、なんとスターウォーズのエピ1〜3で物足りんだった部分がここにすべて網羅されてるではないか!
キャラ間のつながり、戦闘までのモチベーションの高まり、敵の母船の不気味なディテール、、、すべて完璧!
なるほど、こんな味わいあるチームやったんか、エンタープライズの乗組員たちは!見事なまでのスタートレック・ビギンズ!!
ゆえに、以前のカークやスポックなどのキャラにはオイラは微塵も思い入れがないのだけど、ここで始まった新チームの今後はぜひ観ていきたい!これからがオイラのJJ版トレッキーの始まりだ!

オイラ、思わず「帝国の逆襲」とはじめて出会ったときの感動を思い出してしもたがな。
[PR]
by cinema-stadium | 2009-06-09 00:24 | Comments(2)