■愛のむきだし(HR)

at  三軒茶屋中央  2009 09/28

午前中、三茶で打合せの後、夕方から渋谷での打合せまで、5時間くらいぽっかりと時間が空く。
んんん、家でやらなければならない作業があるにはあるが、家に帰って、また同じ方向に出てくるの面倒だな、、と。、、、、んん、どうすっか、、よし、三茶で映画でも観よう、と。

で、三茶シネへ行くと「GOEMON」と「余命3ヶ月」かぁ、、、して隣の三茶中央のほうは、ぱてんさんがミクシィで再三再四誉めまくってた「愛のむきだし」。しかも、上映時間が、ぴったりオイラのエアポケット時間にハマってる、、
んんん、、にしても上映時間4時間も?マジかよ?辛そう、、と思いながらも、これも神の思し召しか、と思い、これに決める。して、、、、、まさに神の思し召しやった!!!

e0089956_21482650.jpg映画の中には、バツグンの跳躍力をもつ作品というものが稀に存在するが、現実には滅多に出会うことがない。要は、構造上、ともすれば破綻しかねないハードルを、一気の瞬発力で、「んなアホな」と思えることすら踏み台にして跳び越え、映画的恍惚までたどり着いちゃう作品・・・
分かりやすい例では、おいらにとってタランティーノの「Kill Bill」がそうなのだが、まさに、この作品も、バツグンの跳躍力をもった作品であった。その跳んだ高さは、まるでイシンバエワ並み、、
そう思ったのが、インターミッションまでの前半部。この時点で、まるで長尺のことなど、どうでもよくなってる。

さぁ前半だけで、ここまでの高見に軽妙に軽々と達した後、これから、どうするんだ??と思ったら、後半部になると、ズドンと重量感を感じさせて落下(良い意味で)していきやがった!そして、さらに、さらに、もう一度跳びやがった!!こりゃ脅威の3段跳びエンターテインメント!!もう、うひょ〜〜〜〜というしかない、参りましたよ、おいら、、、。
むきだしの愛、でなく、愛のむきだし、、最後に号泣しながら、なるほどと、、、。そいや、マリアと邪教、女装と男根、懺悔と贖罪、、うまいとこ配してるな、、こりゃ勢いだけの跳躍力でなく、計算した構造ですなぁ。
いやああ、究極の日本変態童貞純愛アクション!笑って泣いた圧倒的な4時間でしたぁ。

にしても、跳躍力ある映画は、跳躍力ある役者がいないと成立しないんだけど、役者たちが皆素晴らしい!!
西島くん、キミみたいな気持ちのいい軽やかな身のこなしができる人、どっから探して来たんだ???抜擢した人、エラい!!
そして、満島ひかり、満島ひかり、満島ひかり、満島ひかり、満島ひかりだ!!
彼女が、天に向かって吐いた唾がホッペタにビタって付いた瞬間、おいら恋したよ。まさかデスノートのライトの妹が、ジージャー並みにおいらのハートを討つとは、、
あと、若かりしユーミンに似た偽サソリも、昔のエロ本のモデルみたいな淫靡さがよろしい。

ああ、高校2年のとき、5時間のベルトルッチ「1900年」を観て以来の衝撃、、たぶん、ぱてんさんが書いてなかったら、観なかった(知らなかった)ろうな、、、ありがとうございました〜!!
[PR]
by cinema-stadium | 2009-09-28 21:48 | Comments(0)

at  109シネマズ港北6  2009 09/22

これまで1本も観てなかったハリー・ポッターシリーズ5作品を、いまさらながら短期間で全DVD鑑賞し、ハリポタ好きの長女を連れて、いまごろ劇場へ。

クリス・コロンバスの1作目は、ジョン・ウイリアムスの音楽の素晴らしさに酔いつつも、お子ちゃま向けのかわいらしい魔法エピソードの数珠つなぎという感が強くて「ふ〜ん」てなもんだったが、2作目の「秘密の部屋」はバジリスク伝説をうまく溶け込ませてあり、結構楽しめた。
3作目からオイラ好みのダークファンタジーの匂いが立ちこめはじめ、魔法大戦的な4作目の「炎のゴブレット」にいたってはオイラ、特に大好き!!もうこの辺から、スコットランドでスター・ウォーズやロード・オブ・ザリングやってるよな雰囲気がたっぷりで、劇場で観てこなかったことをちょっと後悔、、、
んで、ヴォルデモートとの対決色が強くなる5作目の「不死鳥の騎士団」となると、おいら、ホグワーツ環境にすっかり溶け込み、ポッター・ファミリーをすんなり受入れている自分に気づいたよ、、

e0089956_5571767.jpgてなわけで、このハリポタ劇場初体験となる6作目は、おいら、娘以上に結構期待して臨んだのである。
オイラにとってシリーズ通して楽しめる魅力のひとつはハーマイオニーで、今回も彼女の微妙な乙女心が細かく描写してあって可愛いのだけれども、肝心の対ヴォルデモートにおけるポッターの存在感が薄く、全体通してなんか散漫に感じたなぁ、、ポッターのスパイ活動ももっと面白くなりそうなのに、単調で平板だったしなぁ、、
まぁ今回はダンブルドアが主役なんで仕方ないか、、ポッターVSヴォルデモートの壮大な魔法対決の愉しみは次作にとっておきますか。

しかし、ハリー・ポッターシリーズで、毎度おいらの苦痛はエンドロールの長さだ、、、
最近のCG映画にスタッフがようけ居るのは仕方ないし、彼らをちゃんとクレジットして、観る者も敬意を払って彼らの痕跡を最後まで見届けるのは、映画ファンとして大切な礼儀だと個人的には思う、、、
が、だ、、、にしてもスタッフキャストの紹介に13分以上かかるというのは長い、、長過ぎる!
もうちょっと何とかならんもんか、、昔のCG使わない映画は3分くらいありゃ、充分スタッフ全員クレジットできてたぞ。
ストーリー進行にあわせて、メインのキャストとスタッフを紹介したり、スクロールのスピードをあと25%くらい速めたり、、せめて7〜8分で終わらせてくれ!
[PR]
by cinema-stadium | 2009-09-26 05:57 | Comments(0)

最近がぜん、ヤンキースのオフィシャルサイトの、試合後にファンから寄せられるコメントが面白い。

試合の感想はもちろんだが、ファン同士で来季の戦力構想をどうするかを、球団経営者のごとく選手年俸とにらみあいながら討論してるから、なんか笑えるし、さすがアメリカ人だなぁと、違った意味で感心してるよ、オイラは。

e0089956_2191868.jpgんで、その来季の戦力の話題で、よく取り上げられるのが、今年で契約が切れる我らが松井。
当然、そこではヤンキースにおける松井の価値みたいなことを、ファン同志で好き勝手言ってるわけだが、ニューヨークで松井がホントのところどう思われているか、このファンコメントを読んでるだけで、よう分かるんで、楽しいというか、オモシロイというか、ハラハラしながら読んでる。

んで、松井の引き合いによく出されるのが、契約年数も、契約額もほぼ同じジョニー・デーモン。まぁ、大体の論調はこうだ、、、
「おそらく、松井かデーモンのどちらかは(どっちとも?)、外野手の多いヤンキースから去るだろう、、で、どっちかを選ぶなら、ファンとしては、外野手として衰えの見えたデーモンより、DHを受け入れて結果を出している松井のほうに残ってほしい、、」というもの、、

敵地ボストンから移籍して来たデーモンに比べ、松井に対しては、日本から来たとはいえ、ニューヨークのファンの根底には、ある意味「生え抜きのヤンキー」という愛着があるみたいである。
んで、ヤンキースファンが何を恐れているかと言うと、フリーエージェントになった松井をボストン・レッドソックスが奪いにくるということ、、。
松井がヤンキースを離れた場合、ボストンに「だけ」は奪われたくない、、ボストンに奪われるくらいなら、日本に英雄として帰ってほしいと、というのが、どうやらニューヨークのファンのホンネのようである。


以下、ヤンキースファンのコメントを抜粋したものであるが、、、

I hope that Matsui has shown that he can come through in the clutch, and our Yankees will bring him back in 2010.

「ぜひ来年もヤンキースに残って、勝負強さを見せてくれ、松井!」てなことをニューヨークのファンはホンネとして思ってるわけですよ、松井!
最近の調子で、シーズンの残り試合とポストシーズンでも活躍して、オイラを元気づけてくれ!!
野球の神様、どうかお願いします、、、今年こそは、松井のワールドシリーズ優勝、おいらの目に刻ませてください!
[PR]
by cinema-stadium | 2009-09-18 02:19 | Comments(0)

パニックきちがい などさんから借りた「オルカ」を見た、、
いやあああ、最初観た小学5年の時とはまったく違う感情が湧いてきて、泣けた泣けた、、

e0089956_234225.jpg「ジョーズ」の面白さを求めてた当時は、まったく気づかんかったが、改めて見直すと、人間にやられた自然が、徐々に人間を追いつめ復讐していくという構図は、1977年製作にして既に自然と人間の逆転関係を描いた立派なエコ映画!!

特に、シャチとの対決を決意した黒づくめのホグワーツ元校長=リチャード・ハリスが、エンニオ・モリコーネの物悲しいメロディにのって、悲愴な覚悟で港を出航するシーンのカッチョええこつ!!!
彼を見守るニューファンドランド島の小さな漁村の霞がかった雰囲気が、また何ともいた哀しくてヨカ!!涙が止まらんかったわい!!

などさん、ありがとう!! 6年前に借りた「グリズリー」と「キングコング2」はまだ観とらんばってん、「オルカ」はすぐ観たばい!ところで、あん「ポルターガイスト2」に出とったインディアンの人は、なんで一緒に舟に乗らしたとやろか?
[PR]
by cinema-stadium | 2009-09-17 02:34 | Comments(2)

■サブウェイ 123(H)

at  港北ワーナーマイカル  2009 09/11

などさんと、楽しみにしてた本作をついに。しかし、なんとも消化不良という言葉がぴったりな作品でしたな。隣で、などさん舟漕いでたし、、

デンゼル&トニースコットちゅうこつで、「クリムゾンタイド」の夢再びと思ってたオイラがアホやった、、まぁいいや。
e0089956_2484846.jpgジョン・タトゥーロはじめ警察はいても意味ないし、何もせんどころか身代金の運搬途中に何度も事故に遭うし(バカばっかり)、面白く活かせそうなPCチャット画像もまるで活かされないし、、はぁぁぁ、

トラボルタ以外の犯人グループも、地下鉄の乗客も全員キャラ立っとらんから、話にまるで緊迫感が感じられんし、感情移入できんぞ!トニー・スコットはデンゼルとトラボルタにしか興味ないくせに、二人のやり取りがまるで一本調子で、全然盛り上がりの波が来ないし、、、はぁああ

あの「サブウェイ・パニック」が、こうなっちゃうつーのは、哀しいけど、まぁいいや。オイラとなどさんには、エメリッヒの「2012」がある!
[PR]
by cinema-stadium | 2009-09-13 02:49 | Comments(0)

■96時間(HR)

at  チネチッタ3  2009 09/05

などさん、GIジョーよりコレにすれば良かったよ、、久々の痛快アクションや!!
何が良いて、元CIA工作員のダメ親父リーアム・ニーソン!

元妻に愛想を尽かされ大金持ちと再婚されようが、愛娘に会うためなら、仕事も辞めて、彼らの家の近くでストーカーのようにまとわりつくぜ、ダメ男のカガミ、リーアム!!
おお、なんとも哀しい、ダメっぷりだが、愛娘がヨーロッパ旅行中に誘拐されたのを知ってからのリーアムのカッチョ良さときたら!

まず受話器の向こうの娘が、侵入して来たヤローどもに連れ去られようとしてることを察したリーアム、慌てふためいて怒りで絶叫するキャラかと思えばそうではない。一瞬にしてCIA工作員の顔に変わり、わずか30秒ほどのやり取りの中で、解決の糸口を残すための手を次々と打っていくのだ!(ここがシビれる!)
e0089956_1536013.jpgさぁ、ここからは、その30秒でまいた種を次々刈り取っていくぜ、我らがリーアム!!まずは、元妻のバカ旦那のプライベートジェットでパリへすっ飛び、連れ去れた現場で実地検証たい!
・・.てな具合で、次々迷いなく、核心へと、文字通り、どんどん近づいていくリーアムのスピーディさの心地良いこと!
して、何がスゴいて、リーアムの身のこなしのカッチョ良さったら、もうマットデイモンのジェイソン・ボーンも真っ青のスピード&タフ!!さらに、くそヤローどもに慈悲のかけらも見せんリーアムの後ろ姿は「ドクターノオ」のボンド並みにクール!!ええで、ええで、これたい!!おいらが見たかった画は!!

ベイやソマーズみたく過剰破壊になり過ぎるでなく、かといって手綱を緩めることなく、一気に怒濤のごとく魅せまくる、このシャープな腕のカントクはいったい誰や?おおなんと、リュック・ベッソン組の若手??ええよ、ピエール・モレル、あんた、親分より、はるかセンスある!

しかし、リーアムの脳みそには終始「娘の無事」それだけしかないというのが、良いんだよな。娘のためなら、世界を敵に回そうが構わん!という、脇目も振らないバカ親父っぷりが、おいらには何とも愛おしい。

惜しむらくは、肝心の愛娘役の子がとんでもないブスだってこと!!いくら○○だとしても、あんなブスに、誰が50万ドルも払うかよ!
[PR]
by cinema-stadium | 2009-09-06 15:37 | Comments(0)

■GIジョー(H)

at  109シネマズ港北7  2009 09/04

などさんと念願のGIジョーをついに!!あ、サブウェイ123も今日からだったのね、、そっちすりゃ良かった、、と思ったところで後の祭りでしたわ。

e0089956_313462.jpgとにかくすごいよ、GIジョー、、、何の脈絡もないとこで、本気でやってんのか!?と思いたくなる回想シーンが敵味方かまわず連発!その変わり目の幼稚な演出ときたら、ある意味スゴいぞ、スティーブン・ソマーズ!!さすがはハムナプトラで、1〜2作ともオイラを爆睡させただけのことはある!

にしても、最後のレックスとマッカランの上下関係逆転のくだりは、そこまでやったら、も〜〜笑うしかないやろ、、よっぽどスターウォーズ、好きなのね、ソマーズさんたら、、そういうあんた、オイラ決して嫌いじゃないよ、うん。
しかし。GIジョー軍団より忍者イ・ビョンホンがいちばん存在感あるというのは、向こうの役者さんもよほど底が尽きたのかねぇ、、
なんとも映画的知能指数がプリキュア並みに低い映画だったが、パリでの戦闘シーンが見応えあっただけでも良しとするオイラとなどさんであった、、
[PR]
by cinema-stadium | 2009-09-05 03:14 | Comments(0)

at  109シネマズ港北1  2009 08/30

娘たちがこのシリーズ大好きなもので、夏休みの終わりのパパの務めとして、、

e0089956_0472959.jpg原作未読なもので、どこが原作と違うかは推測するしかないが、おそらくオリジナルであろう最後の15分だけを見ればそこが一番面白かった。

1作ごとに毛色の違う作品にしたのは正解だと思うけど、シリーズ全編を通しての感想は「で?結局何を伝えたかったんかい?」というのは否めんなぁ、、
大風呂敷を広げ、ともだちが誰なのかだけで引っ張ってこられて、着地したところが贖罪なの???むむむ、、、大風呂敷とのバランスがしっくり来んなぁ、、てゆーか、とっ散らかったまま終わった感が強い。
とはいえ、その着地の15分が、それまでの散在イメージから一転して、極めてシンプルで、今回一番面白かった部分だし、娘たちも?ながら喜んでいたから、まぁ、これはこれで良しとしますか。

シリーズ各作品でいえば、オイラはアクション色の濃い第二章が好きかな。
[PR]
by cinema-stadium | 2009-09-02 00:48 | Comments(0)