■さまよう刃(H)

at  チネチッタ9  2009 10/24

MacBook Proで遊んだあと、次週からの地獄を考え、とにかく映画を観ることに。
そこまで食指をそそられる作品はない中、「カイジ」にするか迷ったけど、時間が早く終わる本作品に決定。

予告やチラシで想像してた以上の新鮮な驚きはなかったものの、益子監督とやらの(初監督?)シーンの切り取り方、キャラの表情のメリハリある捉え方は、すごく好感持ったよ。「模倣犯」は彼でつくったら、かなり良い線行ったかもしれん。

ただ、やっぱ脚本は監督本人でなく、他の人に任せるべきだったかもなぁ、、
せっかく、事件の真相を垣間みた寺尾聡の驚愕ぶりを見事なワンシーンワンカットで押さえたのに、あとは感情にまかせて相手を単に仕留めるだけとは、、、感情的には分からんでもないけど寺尾がちょっとバカに思えるなぁ。
もう一人のクソともども地獄を見さしてやるには、他に方法がなかったものか、、(原作は知らんが、原作通りとしたら、原作もつまらんのか??)

e0089956_12274868.jpgという感じで、演出的には好きだが、お話的に「??」が結構多いので、かなりマイナスだなぁ、、まず何を持って、情報をチクる少年が寺尾の電話番号を知ったのか?
そもそも、犯人の居所を探すのに、いい大人である寺尾は、なぜもっと正確で効率の良い方法を考えようとしないのか?(まぁ、最初にその方法を主人公キャラが自分で閉ざしちゃってるからなぁ)
特に不思議でならんのは、最後のクライマックス、、取り囲んだ刑事どもが寺尾に「やめろ!」の一言も言わないで傍観してるのは、刑事の前に、人間としてどうよ?
チクった少年が放ったらかしになるのが、一番どうしようもない、、あんなんが放ったらかしにされて生き続けるの社会自体、ゾッとするよ。

チクリ少年の視点から描けば、もっと話は広がったんでないの?狙いが分からんでもないけど、寺尾の「さまよう軽井沢」では、話が広がんないもん。最後のクライマックスがお馴染みのチネチッタ前での撮影だったんで、作品自体には親近感覚えるんだけどね。

て、映画感想はこの辺でやめにして、自分が寺尾の立場だったら、、と、娘を持つ父親としてはいやでも考えましたわ。少なくとも、一人目をあんなあっさりと仕留めることはないな。
まず、チンポ切り落として、ありったけの知恵絞って、ジワジワ、生まれて来たことを後悔させるくらいの地獄を味あわせて、クソにふさわしい死にざまを用意してやるよ、オイラなら。
[PR]
by cinema-stadium | 2009-10-26 12:28 | Comments(0)

念願のMacBook Pro

アップルからの価格落ち発表と共に購入即決!ついに念願のMacBook Proば買うた!
我が家のMac5代目。intelプロセッサ2.53GHZ、メモリ4Gというスペックは、12年前に買った初代MacのPerforma6420からすると、まぁ夢のように快適!
e0089956_352361.jpgなんせ初代は、CPU200MHz、メモリ24MB、ハードディスク 2.4GB、、、、よく、そんな笑えるよなスペックで仕事できてたもんだ、、Performaで、幾多のフリーズと闘いながら、ビデオ編集してた頃が実に懐かしい、、、
 
しかし、今回セッティングが実に簡単で、DVDでのインストールも要らんだったのには驚いたね。電源オンで、ウエルカム画像流れて、案内に従ってFireWireつないで古いMacからのデータを移して(これが1時間ほどかかるけど、基本放ったらかしなんで楽)、ハイおしまい。
e0089956_3521918.jpgそれだけで仕事のファイルはもちろん、iTunesに入れてた4000曲以上のファイルも、iMacに入れてたのと同じ環境になったよ。
しかも、iMacで使ってたCSのイラレやフォトショップが、まんま何の支障もなくMacBook Proで使えるのも予想外の嬉しさ。CSって、Adobeがマシン一台ごとに登録管理してて、他のマシンで使うと警告でるとか聞いてたけど、、あれはデマだったんかいな??まぁ、全然これまでと変わらない環境で仕事できるつーのは、ありがたいや!
ん、、待てよ、デスクトップ画面以外、何もかも同じ、、てことは10.4環境のまま、Snow Leopardに変わってないんじゃ??と不安になって、「このMacについて」を見ると、ちゃんと10.61だったんで一安心。iPhoto開いたら、これもiPhoto’09に変わってたんで、ようやく新しいMacになったことを実感。
にしても、何より驚いたのは、メールアカウントや各パスワードはもちろん、iMacに登録してた各サイトでの登録情報まですべて持って来てくれてたこと!ネットバンキングの情報とか、いちいち打ち込まなくて、前の環境のまま使えば良いから、すんげ助かる!

して、昨日は一日Macざんまい。ケーブルに繋いだ固定iMacを踏み台にしてAirMac電波を飛ばし、Wi-Fi接続で我が家のどこでも快適ネット接続!うひょ〜〜、ウンコしながらyoutube見れるよ!

んで、外ではiPod touchで使うために契約してたホットスポットを利用して、マクドナルドでバーガー食いながらネット接続、、、もうこれからは出張も全国どこでもOKよ、言うコトなし!!
・・・・と喜んでるのもあっという間で、きっと5年後には、このスペックも笑えるよなレベルになるんやろな、、
[PR]
by cinema-stadium | 2009-10-26 04:03 | Comments(4)

at  港北ワーナーマイカル 6  2009 10/17

オイラの愛する、殺戮ショー・ムービーのシリーズ第4弾!今回は、シリーズ初体験のなどさんと。
しかも、おいら新3D初体験だ!

予告の「アバター」からして3D効果にびっくり。おいおい、眼鏡が豪華なだけでなく、ちょっとスゴいよ、この3D進化は!!
アイマックスは、「トランスフォーマー」を見た限りでは、正直、迫力は驚くほどでもなく、単にデジタル上映だけではアトラクションとして失格で¥2,000は絶対高い!!と思ってたが、この新3Dについては¥2,000は高くない!!てゆーか驚いたよ。ちゃんとアトラクションになってんだもの!

e0089956_10574.jpgんで、本編は、毎度おなじみの死亡事故大全集!ショーに徹してるぶん、実に健康的!
しかし、殺し方に限って言えば、4作目となれば、さすがにどれも新鮮味はない、、、が、3D映画×2という描写は、ちとワクワクしたね。さすがは、おいらを狂喜乱舞させた「セルラー」と「スネークフライト」の監督だ!!
しかしさぁ、次から次に殺し方を考えるの、絶対楽しいと思うよ。オイラなら、憎っきアイツを想定して、どうぶち殺してやろうか、これ以上ない残酷な殺し方で血祭りにあげることを考えて毎日ニコニコだろうな。

シリーズ初体験のなどさんは「大好き!」を連呼!
まぁ、吹き替え連中の凄まじいばかりの下手ぶりは心底不愉快だったが、字幕版がないからしゃあない、、
ギャガさんよ、なんとかしてよ、ウリにもならない連中を吹き替えに使うの、、それ以前に吹き替えのディレクターはちゃんと存在したの??8mm自主制作映画でクソ魚住の吹き替えをしてくれた嶋田のほうがまだ巧いや。

さぁ5作目も、またよろしく!
[PR]
by cinema-stadium | 2009-10-21 01:02 | Comments(0)

■プール(H)

at  チネチッタ6  2009 10/10

小林聡美、もたいまさこが出てるとあって、確かに大好きな「かもめ食堂」の雰囲気の延長線上にあるにはあるのだが、、

e0089956_8493880.jpgなにが起こるわけでもない中に、時間をかけ気持ちが氷解していくさまは魅力的ではある、、、
そーゆー題材に惹かれた大森美香カントク(いつから監督やってんだ?)はいいセンスは持ってるんだろーけど、いかんせん力量がそのセンスに追いつかないから、どうにもノッペリした退屈感のほうが勝ってしまう惜しい作品でしたな。
やっぱ、メタファーアイコンといえるプールの表情を押さえられないのは演出家としてどうにも致命的でしょう。
[PR]
by cinema-stadium | 2009-10-16 08:51 | Comments(0)

■サマーウォーズ(HR)

at  109シネマズ川崎1  2009 10/01

イーストウッド先生、ごめんなさい、、、あなたの「グラン・トリノ」より好きな映画ができちゃいました、、、
なんという不覚、、浮気者でスミマセン、、お許しください、、、
e0089956_041785.jpg


立ち直れないくらい好きになっちゃったよ〜〜〜〜!!!!!!
まさか、この歳で「ラピュタ」や「トトロ」や「クレしん/オトナ帝国」より号泣する作品に出会うなんて、、

も〜〜〜〜ちゃまらん、、、、、初のブルーレイ購入はコノ作品たい!!(再生機は持ってないけど、、)
[PR]
by cinema-stadium | 2009-10-02 00:46 | Comments(2)