at TOHOシネマズららぽーと横浜8  2011  5/27

てっきり、「アンノウン」や「96時間」系のアクション・ミステリーと思ってたら、びっくり、、、思い切りラブ・ファンタジーなファイナルディスティネーションやった、、

e0089956_23234459.jpgてゆーか、「ダークナイト」と「インセプション」を見てる者に、この“選択肢”とこの“空間移動”は弱いです。
もっと、ノッピキならない状況に主役二人を追い込めなかったものか、、昔のキャプラ的な香りは嫌いではないけれど。。
[PR]
by cinema-stadium | 2011-05-28 23:23 | Comments(0)

愚痴 無智

20年以上ぶりに実家の部屋を片付けてたら、芸能人のサインが結構出て来た。
おそらく映画祭関連の人たちのだろうけど、うーむ、誰のサインだったっけ?
20何年も経つとまるで誰のか分からん!こんな難解な字は解読不能だ、、。
確か、今井美樹もあったような、、いやこれは裕木奈江ちゃん?
えーい面倒くさ!全部燃やせ!と心を鬼に!で、唯一判読できた一枚だけ残す!
e0089956_2371520.jpg「愚痴 無智 汐路章」。実家を飾るにふさわしい、素晴らしい一枚だ!
[PR]
by cinema-stadium | 2011-05-24 16:36 | Comments(0)

■八日目の蝉(HR)

at TOHOシネマズららぽーと横浜2  2011  5/20

本日よりオイラの大好きなシネコンが再開した。。お帰り、祝・上映再開、TOHOシネマズららぽーと横浜!!これでまたオイラの映画ペースはもとに戻るぞ!

e0089956_3344130.jpgさて、「八日目の蝉」、、成島さん、監督作品の最高傑作の誕生、おめでとうございます。
昔、成島さんがシナリオやってた頃、酒の席で「お前は人間を一面からしか見ないから、お前の書くホンはつまんないんだ」と言われた。図星だった。
この作品見て、なるほど、そういうことを言える資格のある人だったんだなと痛感。
4年間の母子の逃避行の濃密さがイタイ、、、4年後の母子の距離の遠さがイタイ、、、
すべてが集結する最後の島の記憶を辿る旅に号泣、、、

井上真央も永作博美も、すっぴんから出る、美しいとか醜いとかを越えた、迫力というかオーラがあった。
なんか島の風景が懐かしくって、懐かしくって、、、ああ天草で余生を送りたい、、
[PR]
by cinema-stadium | 2011-05-21 03:34 | Comments(0)

at チネチッタ1  2011  5/14

アメリカでは昨年公開だからビンラディン暗殺の影響は何ら受けていない作品なんだけど、アメリカが911からようやく立ち直ってきたような気配を感じることができました。

e0089956_17223341.jpgレズビアン夫婦が、精子バンクの同じ男の精子を使って、それぞれ生んだ腹違いの姉弟、、その設定だけで新しい家庭像はパーフェクト!初めて見せられるキャラ感情に不思議な共感、、というより唸ります。

女主としての微妙な嗅覚を発揮するアネット・ベニングが素晴らしい!前半からポロポロと露出させるジュリアン・ムーアの仄かなエロっぽさが、後半効いて来る巧さ!
ああアメリカ映画って、だからスゴい。
[PR]
by cinema-stadium | 2011-05-17 17:22 | Comments(0)

at 109シネマズ川崎9  2011  5/14

「ショーン・オブ・ザ・デッド」「ホット・ファズ」と傑作連発のエドガー・ライト監督の最新作だ!
初っぱなのユニヴァーサルマークでいきなり大笑い、、さすがのジェリー・ゴールドスミス節もここまで料理されちゃ、逆に高度なリスペクトに映る!

e0089956_17515131.jpgもうあとは言いかえれば、、中2の頃の脳ミソを手にした実はGAMEオタクだった師範代が、クソつまんねと思われてたはずの、ぱてんさんのシナリオを、ぱてんさんの演出込みの条件でそのままプロデュースしたら、傑作ができたみたいな、、そんな映画だ(て、どんな映画や?)。
いわゆるパチの激熱ギミック演出が、7回も8回も続けてやってくるような感覚、、、ああ、キックアスにどこか通づる、主人公(「JUNO」の冴えない彼氏)と、ヒロイン(ダイハード4のマクレーンの娘!)のB級っぷりがこれまたイイのだ!ときどき付加された、スクリーンサイズの微妙な変化がこれまた効果的!
[PR]
by cinema-stadium | 2011-05-15 17:53 | Comments(0)

いまOSは最新の10.67、、なのになんで、こんな遅い???つーか鈍いよ、動きが。
急いでメールチェックしなきゃならんときなど、異常にムカついて、MacBook Pro投げ飛ばしたくなる!
あ!!ははぁ、Appleめ、そういうことか、、、実際に投げ飛ばさせて、Lion導入時に新型買わさせよってハラか!
てゆーか、こんなオセェのは、オイラだけなの?どうすりゃ直る?
ああ、こんなことなら10.65辺りから、アップデートしなきゃ良かった、、
[PR]
by cinema-stadium | 2011-05-13 22:36 | Comments(2)

悪夢の311から、はや2ヶ月、、オイラ行きつけだったシネコン「TOHOシネマズららぽーと横浜」はいまだ再開の兆しなし。。。
どこよりも最新の設備を備え、どこよりも最高な快適環境で、おいらのTOHOシネマズ嫌いを一掃してくれた同館であるが、いったいどれほどの損害を受けたのだろうか、、
お陰で、なんかエラく腰が重くなって、映画館までの精神的距離を感じるようになってしまったよ。
あれ以上の贅沢は望まんので、はやく帰ってきておくれ。。おいらの「TOHOシネマズららぽーと横浜」!!
[PR]
by cinema-stadium | 2011-05-10 09:02 | Comments(0)

■アンノウン(HR)

at チネチッタ10  2011  5/07

傑作「96時間」以来、すっかりアクションづいている感のあるリーアム・ニーソンの、これまた会心の一作!
てゆーか、事故に遭って目覚めたら、自分のことを妻が知らないだけでなく、まったくの他人が自分として生きている、、、話としてチョー面白かった。
e0089956_19584286.jpgフォーガットン以来、この手の話のオチに怯えている自分がいるが、これはトンデモオチでなく、正面からダマそうとしているから好感。
まぁ、下の2つ(ネタバレなので未見の人はパスすべし)を許せる人は、この上なく楽しめるのでは。。。
オイラは昔のヒッチコックやハリソン・フォードの「フランティック」や「逃亡者」の匂いがして、大好きであるが




   ×    ×    ×



(1)ピンチヒッターまで用意してるくらいの組織なら、すぐにリーアムを探し出して回復するまで面倒みてあげれば、こんなメンドーな事態にはそもそもならないやんけ!

(2)つい1週間前までテロリストである人間が、事故で記憶を失ったくらいで正義に目覚めるわけなかろーが!

あー面白かった。
[PR]
by cinema-stadium | 2011-05-08 19:58 | Comments(0)

■孫文の義士団(HR)

at 109シネマズ川崎4   2011  5/07

今年、イップマンに次ぐ、中国4000年の底力映画。

e0089956_19251177.jpg西太后の命を受けた暗殺団から、孫文を1時間だけ守り抜くミッションを任された無名戦士たちの闘いに泣く!!
ある者は仇討ちのため、ある者は義理に応えるため、ある者は親として恥ずかしくない姿を子に示すため、、彼らのほとんどが、中国の未来のためとかの政治的思想や大義名分と関係なく戦うというのが、とにかく泣ける!!
作り手の「現在という時は、名も無き過去の数多くの犠牲の上で成り立っている」という強固な歴史観に結構揺さぶられるよ。
七人の侍ならぬ、メインの七人のボディガードが香港の街並を疾走する姿だけで美しいが、なかでも車夫のニコラス・ツェーにはただ号泣するしかない!!
[PR]
by cinema-stadium | 2011-05-08 19:25 | Comments(1)

家族でカラオケ

子どもの日に、初めて家族4人でカラオケに行った。
おいらを除いては、何度となく帰省時に皆で行ってるらしいので、ともかくおいらが参加する形は初めてだ。
まぁ予想はしてたが、娘二人がのっけから飛ばす飛ばす、、AKBやPerfumeの耳慣れた曲を次から次に。。
AKBにいたっては、どこで覚えてきたんだと言いたくなるような振り付き、、ああ、普段うちでは見せない娘たちのガールズパワー爆発の図である、、
おいらはと言えば、さっき、駐車場のカーブで対向の車を避けようとマイカーの左サイドを鮮やかに凹ませた心的疲労も重なり、なんかチョー憂鬱な気分に、、
でも、あまりにノー天気に歌い踊り続ける娘たちの姿に、次第に、え〜い楽しまなきゃ損、と感化され、ミスチルの「HANABI」を♪もーいっかぁい、もーいっっかぁあ〜〜い、と熱唱。すると長女が「パパどこで練習してんの?うまいね!」だと。ふっ、パパだってやる時はやるのだ。
[PR]
by cinema-stadium | 2011-05-07 14:12 | Comments(0)