at TOHOシネマズららぽーと横浜4  2011  6/30

今はなき水野晴郎氏が、ユナイト映画の宣伝部にいた頃「私がつけた」というタイトル「危機一髪」をここでは使わせてもらおう。

おいらが生まれて初めて見た外国映画がコレです。小3の頃、荻昌弘さんの月曜ロードショーで。
そのときグレンダイザーなどのTVアニメとかときっぱりオサラバ致しました。なんかスクリーンで見ると感慨深いもんが、、、

e0089956_23717.jpg映画としての品がやっぱ、ボンド映画の中でも際立っていますわ。イスタンブールからベネチアと、そこには欧州の歴史の秘めたもんがうまく画として絡みあって、一本の映画としてもほんま格調高い。スピ兄ぃが「インディ最後の聖戦」で、この作品を目指したのが改めてよく分かったよ。地下ではネズミの大群が現れるし。

しかし、今の学生さん幸せですよ、ほんとに。ビリー・ワイルダーの代表作やスピルバーグのデヴュー作はおろか、コネリーボンド映画やダーティハリーがスクリーンで観れるなんて、、500円で。。。
おいらこの時代に学生だったら、明らかに今とは違う生き方したよ。
[PR]
by cinema-stadium | 2011-06-30 23:03 | Comments(0)

■127時間(HR)

at TOHOシネマズららぽーと横浜5  2011  6/25

「オープン・ウォーター」「フローズン」に続く、放置プレイ映画である。ダニー・ボイルである。そりゃあ格が違いますわ。

e0089956_1473473.jpgオスカー授賞式では、まるでイイとこなしのジェームズ・フランコだったが、確かに、これはイイ!!
絶望感の中でも、生を求める若い健全な魂が良く出てて、ラストの夢幻世界とのツイストが、彼でなければ巧く表現できなかったと思う。

冒頭の躍動感から、パタッと躍動が止まるとこに、タイトル持ってくるセンス、、、しびれた、、放置映画賞決定!
[PR]
by cinema-stadium | 2011-06-30 20:47 | Comments(0)

■スーパー8(HR)

at ワーナーマイカルズ港北6  2011  6/25

師範代が言ってる通り、これはイイとか悪いとかの問題ではない。確かに展開がかったるいが、まぁ何も言うまい。だって、そこにいるのは、愚かしい時代のオイラであり、などさんであり、それだけで涙ではないか!
e0089956_1355472.jpg我々も、ダコタ・ファニングの妹の愛らしさを求めて、フィルムを回していたではないか!
我々も、フィルムにハクを付けるためには、どんなことだってやったではないか!そうクオリティだぜ、デブ!ついでに映画撮って、可愛い子と仲良くなりたかったぜ!

軍の目の前で撮影しているのに、なんで見つからないの?、、とは愚問である。
シュワやスタローンに弾が当たらないのと同じ論理だ。

スピ映画への愛とかは今さら言うまい。1979年当時、オイラ13歳、、しばしあの頃の夢想にタイムスリップ。
そして、疲れっ放しのなどさんが、オイラ以上に狂気乱舞してた!
[PR]
by cinema-stadium | 2011-06-30 19:35 | Comments(0)

at TOHOシネマズららぽーと横浜12  2011  6/23

スゲェ、、地球侵略ものでありながら、この家族パーティほどの世界観の狭さは何なんだ!傑作「クローバーフィールド」とはまるで逆!

e0089956_1173247.jpg「フローズン」の登場人物並みに知能指数の低いバカな登場人物たちばかりで、どうしようもなくドラマが転げないが、でも、キライじゃないぞ!最後、「第9地区」を思わせる漢に変わるとこ!
決してキライになれないぞ!映画史に残る、逆ラピュタ描写!
[PR]
by cinema-stadium | 2011-06-30 18:17 | Comments(0)

■激突!(HR)

at みゆき座  2011  6/21

TVやビデオで10回以上は観てて、DVDも持ってるけれど、やはりスピ兄ぃ出世作はスクリーンで観ておきたいなと、多少無理して銀座へ。
(これでスクリーンで観てないスピ兄ぃ作品は、シュガーランドエクスプレスのみ、、)

e0089956_463869.jpgてことで、やっぱ冴えてまっせ20代のスピは!
あの化け物を際立たせるため、家庭の化け物もちゃんと静かに見せてたことに改めて気づく!

化け物との対決を一瞬楽しむ感が生まれるとこ、JAWSのオリジンて感じでやっぱイイネ。
まぁ、この作品観るたびに、スピ兄ぃは巧さは増しても、キレという点ではコレは越えられてないかも、、と思ったりもする。
[PR]
by cinema-stadium | 2011-06-24 01:39 | Comments(0)

■さや侍(2B)

at TOHOシネマズららぽーと横浜10  2011  6/18

まっちゃんの新作をカミサンとデートで。
e0089956_2173869.jpgなんか、まっちゃんの狙いそのものが、天才と、自分の才能を鼻にかける嫌みなヤツの丁度中間って感じだし、それがそのまま映画の感触になってました、、、

子役は、引っ張りだこの芦田まなちゃんより、こちらの熊田聖亜ちゃんのほうが女優としての将来の明るさを感じるぶん、おいら好みです。板尾のこの子を見る眼差しが良くって、良くって、、

おいらは、観てる者がクスクスッと、スクリーン上の殿と同程度の反応しかしない程度に、笑いを抑えてあるのが、逆にスゲェなと思うし、鼻にもつくなと
ちなみに、意外にもカミサンの琴線には触れたみたいで、珍しくエラい気に入りようでした。。
[PR]
by cinema-stadium | 2011-06-23 21:07 | Comments(0)

■情婦(HR)

at TOHOシネマズららぽーと横浜4  2011  6/16

やっと観れた、大ドンデン返しの先駆け。
ビリー・ワイルダーはやっぱストーリー・テリングの天才だなぁ。三谷さんも倣う演劇的構図だけど、品のレベルが違います。

e0089956_1631172.jpgディートリッヒの圧倒的存在感に酔って、学生500円、、いまの学生たちはなんと幸せな時代に生まれたことか、、うらやましい。

ありがとう、午前十時の映画祭。いよいよ来週25日から007だ、、新作並みに楽しみ。
ああちょっと見たい映画が詰まってき始めた、、
[PR]
by cinema-stadium | 2011-06-19 16:34 | Comments(0)

■GAMER(H)

at 三軒茶屋中央  2011  6/12

これも、なんとも場末の劇場で見るのにぴったりな、、だから三茶大好き!最高の2本立て

e0089956_1920493.jpg以前流行ったセカンドライフのようなものとネットの対戦ゲームを合わせたようなのを、実際の人間が命かけてやって生き残れば自由、、という話なんだけど、他人がやっているゲームを見てるのは、所詮あんまし楽しくないのよ。それを最後まで越えられないのが辛いなと。

これまた、期待していたもの以上でも以下でもないから、まぁいいやという感じでしたぁ。
極彩色の舞台の見せ方は、延々見せられるとウザイなぁ、、
[PR]
by cinema-stadium | 2011-06-15 19:20 | Comments(0)

■フローズン(H)

at 三軒茶屋中央  2011  6/12

なんとも場末の劇場で見るのにぴったりな、、
雪山のリフトの上に置き去りにされた3人の若者の話…と1行もかからないストーリーは、5〜6年前の「オープンウォーター」の雪山版だ!

e0089956_1971221.jpg寒風吹きすさぶ、リフトの上で3日間、、なのに、「凍える」という恐怖があんまし感じられず、飲まず食わずで腹が減ったの一言もないのは、う〜ん、、
まぁ期待していたもの以上でも以下でもないから、まぁいいや。
[PR]
by cinema-stadium | 2011-06-15 19:07 | Comments(0)

at TOHOシネマズららぽーと横浜3  2011  6/11

e0089956_10572995.jpg凄いぞXメン・ビギンズ!カジノロワイアルやJJスタートレック並みの最高の仕切り直し!過去の作品まで輝かせる意味では、ビギンズものの最高作!
監督誰?思たら、なるほどキックアスの人か、、合点!!ひょっとしたら、夏の大作もののナンバーワンの出来かも。
今年のサマーシーズン、最高の滑り出し!さぁ次はスーパー8だ!
[PR]
by cinema-stadium | 2011-06-12 03:23 | Comments(4)