<   2012年 05月 ( 26 )   > この月の画像一覧

at ららぽーと横浜TOHOシネマズ3  2012  5/31

【観る前の期待度】☆☆★★
確か当時タイタニックと同時期公開だった1作目はちゃんと劇場で観て嫌いじゃなかったが、ディテールは記憶にほとんどない。2は観ようとも思わずスルー。今回もまるで期待してない。

【観た後の感激度】☆☆☆☆★★
e0089956_18193967.jpg
●意外にもよく出来てて、面白かった。エイリアン退治より、Kの人間性炙りだしに重きが置かれてる分、作品としての派手さは落ちてる気がするが、逆に作品としての奥行きと深みが出たと思う。
●途中で読めるが、やっぱ最後は泣ける。。娯楽大作の続編でこんな良作に手堅く仕上げてくるハリウッドは、やっぱ凄いなぁ、と。
●しかし、驚くのはオープニング前の配給会社ロゴ、、、MIB=SONYの看板作品と思ってたけど、東宝東和が配給ってどういうこと?配給権を売って、グループ赤字補填?こんな事やってたら、逆に株価落ちるだろ。明らかに経営危ういんだな、、まぁ「アベンジャーズ」もなぜかディズニー配給だし、ワーナーとFOX以外、そのへん最近グチャグチャやね。
[PR]
by cinema-stadium | 2012-05-31 17:56 | Comments(0)

■ガール

at ららぽーと横浜TOHOシネマズ6  2012  5/29

【観る前の期待度】☆☆☆
奥田英朗の原作が大好き。しかし、テレビのバカドラマの女優使った日本メジャー映画であの肌触りが表せるとは思えん。

【観た後の感激度】☆☆★★
e0089956_18183222.jpg
●奥田英朗の短編ヒロインたちが皆知り合いだったという脚色は誰でも容易にできる。オリジナル処理といえば、香里奈の恋人向井理と吉瀬美智子のオチくらいだが、それが逆に原作の品を低下させてるんだから、やっぱ奥田英朗作品の映像化は難しい。文体の奥底にある言葉に表せないシニカルな視点と主人公たちの葛藤がまるで表現できてないと思った。
●香里奈は嫌いな女優ではなく、むしろ「深呼吸の必要」や「しゃべれどもしゃべれども」くらいまでは結構好きだったが、テレビのバカドラマ主演を重ねるうち、手垢にまみれ女優としての品が落ちたと思う。4女優の中では、さすがアソクミさんが映画女優らしいしっかとした軸があって、見応えあり。板谷由夏エピソードは、原作で一番泣けるのに、一番軽く扱われてるのが、なんとも哀しいなぁ。
●自分をガールとか、女子とか言ってるのを、奥田英朗が奥底でせせら笑ってるのをまるで気づかない(気づいて)で、“だから、生まれ変わってもまた女に生まれたい”とか何とか言わせて儲けようとする作り手も、それに踊らされて泣くようなバカ女も、オレにとってはどーでもいいや。そう、愛すべき短編小説が、どーでもいい映画になった典型。
[PR]
by cinema-stadium | 2012-05-30 17:54 | Comments(0)

■ザ・マペッツ

at ららぽーと横浜TOHOシネマズ11  2012  5/29

【観る前の期待度】☆☆☆
この作品、予告とかあったっけ?チラシも置いてあったっけ?最初から、劇場側の興行的な期待が皆無な匂いがプンプンで、オレもフリーパスでなければ見とらん。

【観た後の感激度】☆☆☆☆★★
e0089956_18165459.jpg
●ザ・マペッツ最高やん!これはイイ!マペット・ショー、セサミストリートに何ら思い入れのないオレにも面白かった。自分たちの故郷を取り戻そうとするマペットたちの姿に、不覚にも泣けたよ。このカウントダウンのハラハラ感、“昔なんかで味わった、確かに味わった”と思いながらも思い出せず、、、最近多いな、、こういう歯痒い思い。。
●ジャック・ブラックに笑ろた、笑ろた!ガリバー旅行記の彼より、200倍はイイ。単なる人形ショーと侮る事なかれ、なんたって、悪役がクリス・クーパーだ。ウーピーも出るし、ハングオーバーのアランも!
●極彩色のミュージカルもなかなか新鮮!なんかドン臭い主演の人間二人も、主役はあくまでマペット!に徹してマペットたちより前に出ないところがイイね!ある意味、今年いちばんの意外なホームラン映画であった。
●しかし、この後、観たMIB3もそうだが、最近のハリウッド映画には中国人がよう出てる。中国人へのご機嫌取りみたいなもんだろうが、明らかに80年代ハリウッド映画が描いてた日本人の鈍臭さによう似とる。ひたすらドン臭い。腹の底で彼らをせせら笑ってるのがよう分かって興味深いですわ。
[PR]
by cinema-stadium | 2012-05-30 17:53 | Comments(0)

at ららぽーと横浜TOHOシネマズ2  2012  5/26

【観る前の期待度】☆☆☆☆
ウディ・アレンって、劇場で観るの、いつ以来だろ?前に何観たかも忘れたわ。とにかく、1920年代のパリにタイムスリップという話がめちゃ面白そうだったんで。

【観た後の感激度】☆☆☆☆☆
e0089956_18132953.jpg
●おそらく、映画の質としては、今年一番の傑作じゃなかろうか。1920年のパリで、ヘミングウェイやピカソと会い、創作談義をし、そこで恋をする、、なんて映画としてこれ以上ロマンティックな設定はないでしょ。
●オーウェン・ウィルソンって、ウディ・アレン作品にどうよ?と思ってたけど、なかなかイイやん!前作ジェームズ・L・ブルックス作品でも、ウィザースプーンと呼吸バッチリだったけど、今度もレイチェル・マクアダムスとも、もう一人のパリの彼女ともイケてる。しかも、彼女らの魅力を壊さないし、、彼は、実はいい役者だったんだ、と改めて気づいたよ。
●もう、最後がまた粋で最高!ウディ・アレン最高!ウディ映画を見直したくなった。
[PR]
by cinema-stadium | 2012-05-27 17:52 | Comments(0)

■夜の大捜査線

at みゆき座  2012  5/24

【観る前の期待度】☆☆☆☆
恥ずかしながら一度も観たことがなかった。。小中高時代に何度となくTV放映があったけど、なぜか見逃してた。いつだったか、井筒監督の講演で、彼が映画にハマったきっかけはこの作品とか言ってたのを思い出す。

【観た後の感激度】☆☆☆☆★★
e0089956_1812283.jpg
●アメリカ南部の当時の黒人への差別感が、言葉でなく、ヌチャーッとした湿り気とともに、肌身に絡み付いてくるよう。
●ポワチエ以上に、ロッド・スタイガーの単に正義とも悪とも分けられぬ、独特の人間臭さが素晴らしい。彼、オスカー獲ってたっけ?
●あの犯人役、、この作品以外でなんかで見たんだよな、、、思い出せん、、途中から、そればかり気になって、集中力削がれたわ。
[PR]
by cinema-stadium | 2012-05-25 17:49 | Comments(0)

■ファミリー・ツリー

at 渋谷TOHOシネマズ6  2012  5/24

【観る前の期待度】☆☆☆☆★★
うん、予告で「いい映画臭」はたっぷり漂ってる。いい映画は間違いなしだろう。でも、いったい何回見せられたろう、この作品の予告、、、
予告編は昔から好きだけどさぁ、こうも同じ予告何回も見せられると、イイ加減イライラしてくんだよな。。
ちょい前は、バトルシップ、MIB、テルマエ、スノーホワイト、幸せへのキセキ、、最近は海猿、踊る、、全部、東宝や東宝東和、FOX絡の東宝系列であるのは仕方ないにして、差ありすぎ、、、予告編の編成権というか、テレビのCM枠みたいにどっかが握って、それ自体が商売になってんのかな??オレは見飽きた予告の時は、小便タイム。他にあるだろ、予告流す作品!

【観た後の感激度】☆☆☆☆★★
e0089956_1811653.jpg
●予告の「いい映画臭」そのまんまのいい映画。
●長女役の子素晴らしくカワイイ!その彼、チョー笑ろた!つか、この二人がストーリー転がして、緩衝材にもなってるもんな。
●ハワイという舞台は、作品から湿り気排除という意味で効いてる。にしても、喪失感を埋めていく映画多いなぁ、最近のアメリカ映画。
[PR]
by cinema-stadium | 2012-05-25 17:48 | Comments(0)

at 渋谷TOHOシネマズ4  2012  5/24

【観る前の期待度】☆☆☆
40代も半ばを過ぎたが、一号ライダーからストロンガーまでのライダー体験はリアルタイムでしてる。しかも東宝チャンピオン祭りよりダンゼン東映マンガ祭り派だった。が、ストロンガーから、かれこれ35年以上もライダーから離れ、自分の子も女の子ばかりで、特撮ヒーローものとはまるで無縁になっちまった。が、どっかにまだヒーローものにくすぐられる部分はあるのよ、今でも。。

【観た後の感激度】☆☆☆
e0089956_1892042.jpg
●最初に栄光の7人ライダーとして一号からストロンガーまで出してくれるとは!憎い登場のさせ方じゃないの!つか、コレって、ライダー大好きっ子たちを映画館に連れてくる親のターゲット層って俺ら世代ってこと?にしても、栄光の7人ライダーは最初と最後の少しだけで、さびしいなぁ。
●最近のライダーは、何がフォーぜなんだか、何がメテオなんだかサッパリわからんが、なんかキモいカッコつけのチャラそうな野郎どもがヒーローに変身するのは、時代なのかなぁ、、昔のライダーは皆、哀しみ背負ってたんだけどなぁ、、最近の変身前の奴らは、戦隊野郎たち共ども皆バカばっかりに見えるなぁ。。オレが歳なのだろう、きっと。キョーダインみたいなノーテンキなライダーは、あそこまでいくと他のカッコつけより、余程好感もてた。
●ヒーロー対ヒーローという設定は定番だが、やはり子どもたちにとってワクワクする設定だろう。ライダーが強い?戦隊が強い?なぜヒーロー同士で闘うの?手を組めば悪は一網打尽なのに。。そんな想いにすべて応えてる点では立派な商品。だけど、俺の周りの映画好きオトナが褒めてるほど正直イイとは思わなかった。今回の作品だけは出来が悪かった?
●近くで興奮冷めやらぬ男のコに微笑みながら、もし自分の子供が男の子だったら、あの親子みたいに観に連れてきたろうな、、と想像しながら、劇場を後に。あ、入場時にもらったカードあげればよかったなぁ。
[PR]
by cinema-stadium | 2012-05-25 17:46 | Comments(0)

at 有楽座  2012  5/23

【観る前の期待度】☆☆☆
TVアニメのコナン好きの次女は、毎年劇場版もカミさんと二人で観に行ってるが、オイラは今回が劇場版初めて。TVアニメのほう、たまに見て、良くできてるなとは思ってたが。

【観た後の感激度】☆☆☆★★★
e0089956_1881698.jpg
●ちゃんと子どもを連れて来た親も楽しめるレベルに仕上げてあるのには恐れ入る。つか、小学高学年以上じゃないと、謎のからくりは難しんじゃと思ったけど。。
●劇場版は恐らくオリジナルストーリーだろうけど、よく話を練ってあるなぁ、、コナンというキャラも知る限りでよく活かしてあるし、何よりちゃんと主要キャラ以外のサブキャラの扱いがさりげなく巧い。最近のクレしんにはコレがないんだよ!
●一年に一本の量産体制の中で、このクオリティは健闘してると思う。が、TVの延長イメージが俺の中で抜け切らないのはなぜ?そこにコナンというキャラの成長がないからだろう。少なくとも劇場版ののび太も、しんちゃんも成長はする。
[PR]
by cinema-stadium | 2012-05-24 17:44 | Comments(0)

at ららぽーと横浜TOHOシネマズ11  2012  5/22

【観る前の期待度】☆☆☆★★
アキラ先輩とロペには、これまで予告上映の前に何度となく笑わせられたクチだが、オマケの超ショートが、金とって見せる90分になるとどうか?にしてもAKB並の商魂やなあ、東宝、、でも、昔キライだった東宝も最近じゃサービスの質に凄く満足してるから、秋元やディズニーやらジャニとかの銭ゲバ連中より余程カワイイ。

【観た後の感激度】☆☆☆★★
e0089956_1871979.jpg
●あのオマケテイスト以上のものを期待しなければ、それ以下でもないもので応えてくれる。
●意外にも90分なんとかあのリズムで見せ切ったことは逆に頑張ったなぁ。夏休みの最終日に、閉園したレジャーランドで、という設定はイイわ。。幾つになっても気持ちくすぐられる。
●どうみても明らかにアキラ先輩が主役なのに、タイトル張ることないのが、バカボンのパパみたいで
なんかいいんだな。
[PR]
by cinema-stadium | 2012-05-23 17:42 | Comments(0)

■SPEC天

at ららぽーと横浜TOHOシネマズ2  2012  5/21

【観る前の期待度】☆☆☆
テレビシリーズは見てない。流星の絆で戸田恵梨香が好きになったので。堤監督作品かあ、、テレビ見てないと付いて行けなそう。

【観た後の感激度】☆☆★★e0089956_1154625.jpg
●おいらは、TVの結末は映画館で!とかのやり方は邪道と思う方だけど、TVファンに楽屋落ち的な楽しみを用意するのは大いにありだと思う。けど、映画館に掛けるなら、せめて本筋は初めて観る人も楽しめるようにするのがプロの仕事だと思う。何、あの主役二人の関係の描き方は?苛々する。なんか、テレビの続きの慣れ合いで話進められると、こっちが転校生みたいでクソ居心地悪いわ。
●結局、予算の少ないXメンですか。なんか、浅野ゆうこの氷や炎のスペック描写はヤスっぽくて、テレビのハイビジョン画質だとやっぱ映画観た気にならない。
●戸田恵梨香は、ツンデレとビッチのバランスが上手い具合に調合したキャラじゃないと光らない女優さんなんだな。。いい脚本に巡りあう事を願う。これまでは流星の絆とコードブルーの彼女が良かったな、、て、テレビ向き?
[PR]
by cinema-stadium | 2012-05-22 18:23 | Comments(0)