■アイアンガール

at 銀座シネパトス3  2012  7/31

【観る前の期待度】☆☆
こと映画に関しては、誰よりも尊敬している知り合いが、はじめて劇場映画にクレジットされた作品。だけど、本人から出来は聞いていたので、、、

【観た後の感激度】☆★★
e0089956_1756518.jpg
●よく知っている方なんで、日本で近未来的な西部劇を、やりたかったのは読めた。が、演出がまるで、その本質を理解してなく、安っぽいアクションや特撮(?)にばかり力を入れてるようで、、、
●いろんな大人の事情があるのだろうけど、「志」が散財した残念な出来でした、、てことは、まとめるプロデューサーの力量なのか??
[PR]
by cinema-stadium | 2012-07-31 23:07 | Comments(0)

at 109シネマズ川崎IMAX  2012  7/27

【観る前の期待度】☆☆☆☆☆
傑作「ダークナイト」の続編!それだけで充分!

【観た後の感激度】☆☆☆☆☆
e0089956_1749971.jpg
●これほど緊張感のたるみもない2時間40分、他に誰が撮れる?ビギンズから3部作にわたって、シンボルであることを貫いたクリストファー・ノーランのバットマンに酔いまくり。本年度、満腹度ナンバーワン!
●原発=核爆弾であることをこれほどまでに直接的に描いた映画は記憶にないわな。ジョーカーとベインを比べること自体ちゃんちゃらおかしいわ。そもそもどう描くかの対象が違うんですもの、前々回は「覚醒」、前回は「選択」、今回は「決断」。見事なる3部作の完結!放射能に身につまされて脅かされてる人たちは、ゴッサム・シティの市民と同じなんだけどな、、、
●アン・ハサウェイのキャットウーマンのバイクに乗る姿のカッチョええこと、、そんなこんなで、あらゆる画がオレの求めるカッコ良さであったことに号泣の連続。オレには1秒たりとも撮れんわ。。ハンス・ジマーの音作りもやり過ぎ一歩手前なスレスレ感が緊張感高めてスバラシイ!映画とは、そこにある画と音で成り立つものである限り、まずそこが完璧!
●ビギンズの強引なまでのこじつけは不要な気がせんでもないけど、まぁシリーズ色を改めて出すという意味ではありと思うよ。
[PR]
by cinema-stadium | 2012-07-27 23:02 | Comments(0)

■ピラニア・リターンズ

at ヒューマントラスト渋谷2  2012  7/25

【観る前の期待度】☆☆☆☆
狂喜乱舞のピラニア3Dの続編ですもの!

【観た後の感激度】☆☆☆☆
e0089956_1751372.jpg
●もはや、パニックホラーを超え、パロディホラーの領域へ。笑たワロタ。。。特にナイトライダー主演のデビッド・ハッセルホフの扱いは、、
●大好きだが、やっぱプールで、人が大量に喰われ死にするというのは、かなり無理あるわ(笑
[PR]
by cinema-stadium | 2012-07-26 23:05 | Comments(0)

■メリダとおそろしの森

at ららぽーと横浜TOHOシネマズ9  2012  7/21

【観る前の期待度】☆☆☆☆
ピクサー映画に外れなし(カーズ2は観てないけど)

【観た後の感激度】☆☆☆★★
e0089956_17445588.jpg
●てっきりオテンバ娘の大冒険物語と思ってたら、ピクサー映画とは思えないせま〜〜い世界に収まる拡がりの無さに逆に驚いた。。
●大島さんは頑張ってたようにも思いますが。。。
[PR]
by cinema-stadium | 2012-07-22 18:46 | Comments(0)

■リンカーン弁護士

at ららぽーと横浜TOHOシネマズPREMIUM  2012  7/21

【観る前の期待度】☆☆☆☆
たまたま何かで見た評判が良かったのと、好きな裁判ものだし。

【観た後の感激度】☆☆☆☆★
e0089956_167829.jpg
●マコノヒーが久々カッコエエ!シリーズ化してもいけると思う。簡単な仕事のはずが、いつの間にか自分が大変な渦中に入ってる状況を、一足飛びでなく丁寧に綴ってるのが好感持てる。
●話自体が面白いし、惜しむらくは、マコノヒー以外の役者に華がないんだよな、、ウィリアム・H・メイシーは嫌いじゃないけど、周りに華ある役者がいてこそ輝く人だと思うんで。世界は全然違うけど「シャーロック・ホームズ」なんて、脇まで華ある役者で見せてくれるもんな、、それだけでトータルの印象ずいぶん変わると思う。続編に期待。
[PR]
by cinema-stadium | 2012-07-22 18:44 | Comments(0)

■シャークナイト

at ららぽーと横浜TOHOシネマズ9  2012  7/20

【観る前の期待度】☆☆☆☆
「セルラー」「スネーク・フライト」「デッドコースター」のデビッド・R・エリス監督のサメ作品ってだけで期待度最高値!全米でこけたのだけが気掛かり、、

【観た後の感激度】☆☆☆★★
e0089956_1635648.jpg
●そもそもタイトルに「3D」と出てるのに、2Dで観てる、なんとも言えない違和感、、、コレ見るファンは3Dでも見に来るし、見ない奴は2Dでも観ないんだから、3Dで公開すべきでしょう!
●JAWSを追いかけなかったところは、それはそれでオッケー! 迫り来るサメを、従来の動物パニックものとしてでなく、ジェイソンや悪魔のいけにえ的な見せ方にしたのは逆に新しい。
●B級というより、C級、D級の世界観は嫌いじゃないが、いまじゃ役者の誰も印象に残ってないというのは悲しいな。やはり、サメからの食われっぷりの見せ方が弱いからだろう。。
[PR]
by cinema-stadium | 2012-07-21 18:38 | Comments(0)

■ヘルタースケルター

at はませんTOHOシネマズ4  2012  7/14

【観る前の期待度】☆☆☆★★
沢尻エリカが脱いでまで女優生命賭け、彼女のおっぱいも見れるらしいので。

【観た後の感激度】☆☆★★★
e0089956_1559548.jpg
●正直、映画としてつまんない。演出が映画の演出じゃねぇや。キャラを活かして、ドラマを動かすという点では冗長過ぎて、持ち味の映像的なインパクトはすぐに飽きるし。蜷川さんの娘は、写真やPVどまりの人ではないか。
●沢尻エリカ、さすがに頑張ってたが、合ってそうに思えた監督が、実はいちばんのミスマッチだった気がする。韓国映画の監督と組ませたほうが、狂気の中に身を置く人間の腹の底の薄汚さや美しさ出すには良かった気がする。
●これ見て共感するという女性が多いらしいが、こんな大したことない映画で感動するなんて、それこそ底浅なバカ女じゃねぇの?
[PR]
by cinema-stadium | 2012-07-15 18:37 | Comments(0)

■ヒアアフター

at 飯田橋ギンレイホール  2012  7/11

【観る前の期待度】☆☆☆☆★★
昨年の初公開時に初日に行ったものの、仕事の疲れで爆睡し、311で上映中止になってずっと見れず心残りだったが、ついに!

【観た後の感激度】☆☆☆☆☆
e0089956_1193098.jpg
●号泣!イーストウッド先生がスピリチュアルな世界を描くとどうなる?と半分心配してた部分もあったけど、まさかボストン、ロンドン、パリの出来事をああ着地させるとは!!神業!
●マット・デイモンと料理教室で会う、ロン・ハワードの娘が「ヘルプ」同様に素晴らしい仕事!ラストの素晴らしさに繋げるための対比とはいえ、料理教室のマット・デイモンは切なくて涙出たわ。
●アメリカ映画はもう911から前を見ようよ、、イーストウッド先生の声が聞こえた気がした。311を経験した日本にも重なる。。。
[PR]
by cinema-stadium | 2012-07-12 18:43 | Comments(0)

■永遠の僕たち

at 飯田橋ギンレイホール  2012  7/11

【観る前の期待度】☆☆☆★★
なぜ、ガス・ヴァン・サント作品に加瀬亮が??

【観た後の感激度】☆☆☆☆
e0089956_116394.jpg
●この冷静な暖かさは、なんなんだろ?ガス・ヴァン・サントの冷静な視線でファンタジー撮ると、単なるピュアさを通り越して、冷たさと柔らかみが加わるなぁ。
●のっけからのビートルズの「TWO OF US」には痺れたよ。映画にビートルズナンバーを使うのは、勇気あることだと思うけど、これは見事に世界観を定着させてくれたなぁ。
●主役のあんチャンはもう記憶にないが、加瀬亮とミア・ワシコウスカがイイ。加瀬亮がミアに寄せる微妙な感情の摩擦がイイわ。
[PR]
by cinema-stadium | 2012-07-12 18:41 | Comments(0)

■崖っぷちの男

at ららぽーと横浜TOHOシネマズ12  2012  7/8

【観る前の期待度】☆☆☆★★
サム・ワーシントン主演ってだけで、自らの無実を晴らそうって話かな、と予想できる。

【観た後の感激度】☆☆☆☆
e0089956_1834558.jpg
●まぁ、予想通りの展開だったが、高所恐怖症のオイラには、オマタがスーッってなるような描写ばかりで、観てる間じゅう緊張してましたわ。
●初めての監督さんでこれがデビュー作品とか、、なら中々上出来なデビューだよな、ジョエル・シュマッチャーの奇跡「フォーン・ブース」を思い出したし。意外に狭い話に収まったが、もっと24的な街破壊のテロとか防ぐデカイ話に広げると、爽快感も倍増した気もするが、それは欲張り過ぎか。
●エド・ハリスが、なんか随分小物的な扱いになってきたな、と少し寂しさある。
[PR]
by cinema-stadium | 2012-07-09 18:32 | Comments(0)