●「大奥」「鈴木先生」「ストロベリーナイト」の劇場版を観るために、録りためたTVドラマシリーズを見てる。
●まず「大奥」は完走、、予想してた激しさは無かったが、意外に落ち着いた面白さがあった。劇場版はここからどう展開するのか、ちょい楽しみ。
e0089956_327689.jpg
●「鈴木先生」。いま4話目だが評判通りの面白さで、こりゃ早く映画版観たいわ。昔、コミック1巻読んで面白かった食感に、コクのある味付けがなされてて、イマのドラマって感じ。ただ、映画版は過度に期待し過ぎないことにしよう。。

●「ストロベリーナイト」。はっきり言うて、竹内結子が出てるから映画版も観るのだ。スペシャルと1話目観たばかりだから、まだ何とも言えんが、海外のTV刑事・検死官モノは、このレベルいっぱいあるよなあと。まぁ、とにかく竹内結子が出てるだけで俺は満足だよ。
●しかし、どんだけTV流れの映画出てくるのだろう。TVから追っかけるの大変だよ、、、
[PR]
by cinema-stadium | 2013-01-15 22:48 | Comments(1)

WOWOWのウルトラセブン

●ウルトラマンの放送時によほど苦情が来たのだろう。今回のWOWOWのウルトラセブンHD放送の仕事は100点満点。

ウルトラセブンWOWOW

●それは作品冒頭と最後の処理に尽きる。何フレーム分かタメが設けてあるので、録画してBlu-rayに落とすときに編集しやすくてとてもありがたいのだ。
●前のウルトラマンのときの処理は、とにかく酷かった。まだ最後の音が残ってるのに、次の番宣が被って来たりでとにかくイライラしたが、今回は最後のフェイドアウト後、充分過ぎるほど黒み残してあるし。
●WOWOWは今年で契約20年だが、どっかの国営放送に比べ、政治的圧力に迎合もせず、民間地デジのように電通の広告コントロール下になく、普通の視聴者の声に耳傾けようとする姿勢あるから受信料を払う価値があるわな。
[PR]
by cinema-stadium | 2013-01-14 19:31 | Comments(0)

■LOOPER ルーパー(HR)

at ららぽーと横浜TOHOシネマズ1  2013.01.12

地元のほうではSF作家の梶尾真治さん一押しとのウワサ。ならタイムトラベル表現は安心だろうと臨む。
e0089956_756356.jpg

●なんか「ターミネーター」の一作目とか、「12モンキーズ」に出会ったときの感触に近かった。恐らく続編は無いだろうからクローネンバーグの「デッドゾーン」的位置のカルト的人気を持つ作品になるだろう。
●ターゲットは30年後の自分、というシンプルな魅力的プロットに加え、まさかあの要素まで絡ませて来たのにはビックリした。まだまだアイデア残されてるんだなあ、映画って。
●欲を言えば、エミリー・ブラントとレヴィット君の愛を、やり過ぎなくらい切ない系に振って欲しかったし、ブルース・ウィリスの上海ラブもあと少し丁寧さが欲しいわな。その対比は俺好み映画としてのキーですし。
●エミリー・ブラントは「砂漠でサーモンフィッシング」も良かったが、これも全く違う田舎の母役を好演してて魅力の幅が広い。次回のボンドガールに推薦!
●しかし、良いタイトルだなあ。タイトルが余韻を増す好例。
[PR]
by cinema-stadium | 2013-01-13 03:32 | Comments(0)

■96時間リベンジ(H)

at ららぽーと横浜TOHOシネマズ3  2013.01.11

ここ10年で2回続けざまに映画館で観たのは前作くらい。それほど前作は面白かった。
e0089956_11454422.jpg
●前作の半分くらいの面白さになったのは、ある意味仕方がないかな、前作があまりにも面白いから。。。その意味じゃ続編として標準の出来にはなってんじゃないかな。
●娘が一人になってリーアムに銃渡すまでのシークエンスは面白かったが、娘を大使館に渡してから何事も娘に起こらず終わり、、というのは物足りなかったなぁ、、あともうひと山、娘との絡みで来るもんだとばかり思ってたから。
●娘の彼氏をまるで使えてないのが、もったいない。遠隔でのキーマンにしなきゃ、最後にカタルシスはないよな。リュック・ベッソンのシナリオは今回練り込み不足の感は否めない。
[PR]
by cinema-stadium | 2013-01-12 05:05 | Comments(0)

●企業の人件費削減は分かるが、TSUTAYAの店頭レンタルまでセルフ化とは、、
e0089956_16303483.jpg
●機械に、会員カードと商品コードを読み込ませるのはまだ許せるとして、ケースのロック解除まで強いるというのは、どうよ?
●要するに、今まで店員がやってたことを全部客にやらせるわけだ。。年寄りには絶対難しいって!年寄りはレンタルするなってことだな。
●便利になるシステムは歓迎だが、こりゃ、わかんない奴や上手く出来ない奴がいっぱい出て来て、余計に列できそう。
●最近のTOHOシネマズのチケット売り場なんかも無人化が進んでるが、東宝とか蔦屋とか、そういう巨大な企業ほど、あえて雇用確保のために、こういうセルフ化は断固否定して欲しいもんだが、、
[PR]
by cinema-stadium | 2013-01-11 13:01 | Comments(0)

■アベンジャーズ(2B)

at 三軒茶屋シネマ 2013.01.10

前回、IMAX3Dという現在考えられる最強の環境で観たにも関わらず、なぜか気分的にあまり高揚しなかった。その理由を探るべく、現代最低の場末の2D環境で再チャレンジ!
e0089956_2310277.jpg

●んー、ヒーロー集結映画の大作感はたっぷりあんだけど、今回もやはりそこまで乗れんかったなあ。
●やっぱ長いわ。それぞれの活躍を均等に描くのは良いけど、ヒーロー同士の小競り合いがやたら無駄に多く長く、終いには退屈して、せっかくのクライマックスの敵軍団とのバトルがやって来ても、既にもう疲れとるもん。
●スカヨハのブラックウィドウは、やっぱ良いよな〜
[PR]
by cinema-stadium | 2013-01-10 10:55 | Comments(0)

●昨日、小学4年の次女に「スターウォーズの続きって、いつ観れるの?」と聞かれ、言葉を無くした。次女にとって、SWの続きとは、昨年観た「episode1ファントム・メナス」の次、「episode2 クローンの攻撃」のことだ。
●昨年の旧作3D化のムーブメントは「ファントム・メナス」含めどれもこれも惨敗で、あの「タイタニック」でさえ失敗し、最近の「モンスターズ・インク」も酷かったようだから、「クローンの攻撃」の3D公開は期待薄か??
●シリーズ最低の「ファントム・メナス」で初めてSW体験するという最悪の出会いなのに「早く続き見たいなぁ。前の面白かったから」という娘が不憫でならんぞ!ルーカス、せめて「帝国の逆襲」だけでも3D化して、娘を驚かせてくれよ!!
●にしても、この作品の3D版だけは、絶対こっちでも劇場公開してくれよ〜!

[PR]
by cinema-stadium | 2013-01-10 06:33 | Comments(0)

●去年、1年間で劇場で観た映画の数を数えてみたら190作品。これは過去一番よく見てた高校時代をはるかに上回る自分の新記録。で、知人たちからは「よくそんなお金がありますね」「ヒマぁ」とか言われた。
●もう少しで50に届こうかという男がなぜそんなことが出来たのか。どんだけ暇だったのかというと実はそこまでもない。前年の仕事量に比べたら確かに減ったが半減ということでもない。答えは簡単で、それまでパチに使ってた時間を映画に回したら、自然といっぱい観てたというだけである。で、どんだけ金使ったのかというと、実はそれも全然大したコトなく、これもそれまでパチに使ってた金を映画に回しただけなので、むしろパチしてた頃より遥かに金使わなくて済んだ。
●試しに、昨年1年間で映画観るのにどんだけお金がかかったのか正月休みに計算してみたら(暇やなぁ)、面白いことが分かったよ!一番多く観た劇場TOHOシネマズだけに絞って言えば、149本観て、支払った料金は¥88000、一本あたりに換算すると600円も行かなかったよ!
e0089956_17353655.gif●実はこれにはカラクリが!TOHOシネマズのシネマイレージ会員になると、6本観たら1本無料という特典がある。つまり60本観たら10本はタダ!これは他の劇場にもあるサービスだが、さらにTOHOシネマズの会員特典には、有料鑑賞作品の上映時間1分あたり1マイルが加算され、合計6000マイルになると1ヶ月フリーパスという凄い特典がある。簡単に言えば2時間(120分)の作品を50本観たら、一ヶ月タダで見放題ってわけである。
●で、それらのサービスを思いっきり利用したら、観た149本のうち、無料鑑賞が75本になったというわけ!有料鑑賞は74本、しかもレイトでしか見ないから単純計算で¥1200×74本=¥88000。パチしてた頃は、その額をわずか一日で失うことも多々あったんで、そうなると過去30年近く、どんだけ時間と金を無駄にし、どんだけのイイ映画と出会う貴重な機会を逸してきたことか!まぁ考えるだけでも腹が立ち、嘆いて戻ってくるものもないので、この話題はヤメとく。
●今年は200本超えを狙いたいな。。って、お前はイチローか!
[PR]
by cinema-stadium | 2013-01-09 06:21 | Comments(0)

●この前の洋画TOP50に「レ・ミゼラブル」入れるの忘れとったわ。それ観るまでランキング付けるの待ってたのに、肝心のを忘れるなんて、ボケの始まりか。。まぁ位置的には、30位くらいに押し込むか。。てことで、見直してたら、単にTOP50並べる以外にいろんな視点でランキング付けたくなりました。

●旧作・名作公開BEST10
1-カリフォルニア・ドールズ
2-ベニスに死す
3-ブラック・サンデー
4-ゴッドファーザーPart2
5-キャリー
6-レインマン
7-バック・トゥ・ザ・フューチャー
8-華麗なる賭け
9-女王陛下の007
10-夜の大捜査線
次-合衆国最後の日

●3D映画BEST3
1.アメージング・スパイダーマン3D
2.ジョン・カーター 3D
3.ヒューゴ3D

e0089956_2291565.jpg●パニック映画BEST3
1.シャークナイト
2.ピラニアリターンズ
3.マンイーター

●ニコラス・ケイジ映画BEST3
1.ゲット・バック
2.ハングリー・ラビット
3.ブレイクアウト

●アメコミ・ヒーロー映画BEST3
1.ダークナイトライジング
2.アメージング・スパイダーマン
3.アベンジャーズ

●三池崇史映画BEST3
1.悪の経典
2.愛と誠
3.逆転裁判

●橋本愛映画BEST3
1.桐島、部活やめるってよ
2.HOME愛しの座敷わらし
3.ツナグ

●アニメ映画BEST3
1.モンスターホテル
2.おおかみこどもの雨と雪
3.ももへの手紙

●ドキュメンタリー映画BEST3
1.ニッポンの嘘
2.サイド・バイ・サイド フィルムからデジタルシネマへ
3.DOCUMENTARY of AKB48 Show must go on 少女たちは傷つきながら、夢を見る 

●日本以外のアジア映画BEST3
1.ザ・レイド
2.トガニ幼き瞳の訴え
3.捜査官X

●クソ映画BEST3
1.POV〜呪われたフィルム
2.貞子3D
3.エージェントマロリー
[PR]
by cinema-stadium | 2013-01-07 22:09 | Comments(0)

●昨年は、始めたばかりのTwitterを毎日一回は更新しようという目標だったが、Facebookを薦められてからは、いつの間にか1日1ツイートならぬ、ほぼ日FB状態に。まぁ、その意味では目標は7割がた達成できたか。。
●その一方で、マイ映画鑑賞データベースともいうべき、このブログが放置状態という弊害が生まれたのは想定外であった。
●暇を見ては一挙に10〜20作品とかアップしてたが、いかんせん観たあと日にちが経ち過ぎて詳細を忘れた状態で書くから、ほぼ印象記録に終始、、、挙句にバイオハザードVとバイオハザード・ダムネーションがごっちゃになってしまうほどで、このままではいかんと。。そうは思っても、鑑賞本数が増えれば増えるほど、どんどんレビューが追いつかないという悪循環に、、
●TwitterとFBに関しては、次第にウザったくなってきたものの、なにか映画で言いたいことがあると、ブログのレビューが追いついてない状態では、ついFBに発言、、という悪循環が続いて、自分でも深みにハマっていくのがよう分かった、、
●Twitterについては、フォロー数が増えれば増えるほど、もう情報量の多さとスピードについていけなくなり、面倒くさくなって「もういいや」状態。。
●で、FBについては、最初はぬるいリズムが居心地よかったり、長年音信不通の知人と再交流ができたりして、それなりに楽しんでたのだが、、、
e0089956_11201178.jpg●某・師○代が言う「繋がりたくもない奴と繋がるのは嫌だ」というほどまではないが、FBは顔を2〜3度拝んだくらいの親しくもない「友達」との薄ら寒い距離感と、開放的なようでいてそうでない狭っ苦しい閉塞感と、超クソつまんね話題や勘弁してという情報が自分の意志に反してタイムラインに勝手に目白押しで紛れ込んでる状態がだんだん気持ち悪くて気持ち悪くて、「いいね!」じゃなく「しね!」と言いたい衝動に駆られたり。。(もっともそれらを制限する機能があるとも聞くが、その設定すら面倒くさい)
●加えて、仕事関係の繋がりもできれば仕事の愚痴すら言えず、昔の清い教え子たちとの繋がりができれば「ファック!」や「チンポ」とかもなかなか気安く放てず、いつの間にかFBは言いたいことも言えない場になってることに気づき、ああ、やっぱり自分には、自分の意志でコントロールできるブログがいちばん合ってるなと。。。
●てことで、年末に映画レビューが追いつき、やっと「ただいま!」って感じ。無論、FBやTwitterにもいいトコはあるんで、それらはストレスにならぬ程度に使いながら、今後はやっぱりココを本拠地としてやっていきます。あ〜〜〜スッキリ!
●このブログ、iPhoneから簡単に記事や写真を投稿できるアプリもできたんで、FBでやってたよなこともできるんで助かるわ。てことで、今年の目標は「やっぱりブログを大切に」。
[PR]
by cinema-stadium | 2013-01-07 11:20 | Comments(0)