<   2014年 12月 ( 29 )   > この月の画像一覧

■メビウス(HR)

シネマカリテ2 2014/12/31

e0089956_18214130.jpg●本年見納めはキム・ギドクの超濃い目の一作!
ホラーと思いきや○ン○を巡って痛さと快楽の間をループする終わりなきサイレントサバイバル・バトル。
日本映画界じゃ、まず資金出す人おらんやろうな。。。その時点で、もうギドクの一人勝ち。
ああ、今年最後の夢は○ン○を巡る悪夢にうなされそうだ、、、
[PR]
by cinema-stadium | 2014-12-31 18:21 | Comments(0)

◼︎ベイマックス(2B)

ららぽーと横浜12 2014/12/29

e0089956_1314438.jpg●今の子どもたちは幸せだよなぁ、こんな質の高い作品に小さいうちから触れることができて。
俺らの子ども時代のディズニー映画なんか、せいぜい「ラブパック」とか「狼王ロボ」くらいで、ほとんど死に体の映画会社だったのに。
ここ最近、非ピクサー映画だけど、良い意味でピクサーの影響受け、完成度も高いつーディズニー作品増えたなぁ。
「Mr.インクレディブル」のスケール感とスピード感に加え、「パシフィックリム」的な少しハードなダーク面も持ってるんで、オトナも子どもの付き添いで観に行っても、子どものこと忘れるくらい楽しい。
また新たなヒットシリーズの誕生ですね。
次作では、今回の物足りなかった悪役の幅広げて欲しいものです。
[PR]
by cinema-stadium | 2014-12-29 02:30 | Comments(0)

■あと1センチの恋(HR)

ららぽーと横浜9 2014/12/27

e0089956_22543886.jpg●これ、まったく予想もしなかったけどホント拾い物やったわ!
アン・ハサウェイの切ない「ワン・デイ」を、ノーテンキに仕上げた感じの作品やったよ。
「アバウト・タイム」もそうだけど英国産の恋愛モノは、どんなにバカ話でも、品や知性がどっかの幼稚なIQの低い国と違って、根本オトナだから、安心して楽しめる。
リリー・コリンズを初めて可愛いと思えたよ。
[PR]
by cinema-stadium | 2014-12-27 22:55 | Comments(0)

■真夜中の五分前(H)

ららぽーと横浜10 2014/12/27

e0089956_482851.jpg⚫︎これまで、行定監督作品はどれ見ても、それなりに楽しめたけど、今回は個人的に全然ダメでしたわ、
ウォン・カーワァイ気取りか知らんけどカッコ付け過ぎで、なんか、セカチューの中で大嫌いだった、柴咲コウと大沢たかおのパート見てる時の感覚に近かったなぁ。
原作がそうなのか知らんけど、三浦春馬のキャラって主役なのにホント何もしねぇよなぁ。。、
やっぱミステリーなのにミステリーになってないのはどうよ、綺麗な画だけじゃ退屈。。。
でも、こういう「一見なんかありそに見える」のが評価されんだよ、きっと(笑。
「円卓」あんなに楽しかったのに、なんか余計に歯痒いなぁ。
[PR]
by cinema-stadium | 2014-12-27 03:52 | Comments(0)

TOHOシネマズ日本橋9 2014/12/26

e0089956_72674.jpg●3作目にして、やっとビルボとトーリンが好きになったよ!
タウリエルに萌え、キーリに泣き、レゴラス様にきゃあ〜〜‼︎
これです、待ってたのは!前作まであんだけ引っ張ったスマウグ対決をまさかの導入で済ませる贅沢さ!
そして中盤〜後半にかけてのドワーフ、エルフ、人間、オーク入り乱れての畳み掛ける闘い!
もう震えたよ、震えまくり!!
前作までも確かに面白いんだけど、どこか不完全燃焼な想いが残って今ひとつノレなかったんだよな。
それが今回すべてイッキ解消、狂喜乱舞の見事な傑作締め!!
[PR]
by cinema-stadium | 2014-12-26 06:44 | Comments(0)

渋谷TOHOシネマズ 2014/12/22

e0089956_892334.jpg●美術スタッフ頑張ってます!
役者もちゃんと野球練習して取り組んだのがよくわかります。
特に亀梨くんの身体能力の高さ分かって、もっと彼の活躍見たかった。
でも、明らかに本上まなみとか、宮崎あおいとか、もっとホントはエピソードあったでしょ?というキャラの絡みの悪いこと、、
その半端ない違和感ばかりが気になったわ。
[PR]
by cinema-stadium | 2014-12-22 06:38 | Comments(0)

◼︎スティング(HR)

ららぽーと横浜PREMIER   2014/12/22

e0089956_812550.jpg●小6の頃テアトルデンキで観て以来か?
記憶ではロバート・ショーをハメるとこが印象的だけど、改めて見直すと、チャールズ・ダーニングを間にかませてるのがウマイんだな。
ボール・ニューマンとレッドフォードはもちろんだが、2人囲む脇が素晴らしかったんだね。
ジョージ・ロイ・ヒル、やっぱ好きな監督だなぁ。
[PR]
by cinema-stadium | 2014-12-22 01:05 | Comments(0)

ららぽーと横浜10 2014/12/19

e0089956_1274215.jpg●しまった、これは3Dで観たかった。。
これほどまでに楽しくて、哀しくて、優しくて、懐かしくて、
暖かくて、切なくて、美しい、人のいろんな感情が揺さぶられる作品も珍しい!
今年の珠玉の宝物、、見事なジュネのメルヘンファンタジー・ロードムービーの傑作!!
[PR]
by cinema-stadium | 2014-12-19 10:07 | Comments(0)

■クローバー(2B)

ららぽーと横浜PREMIER 2014/12/19

e0089956_1262614.jpg●正直、何の期待もしてなく、その通りそんな大した作品ではないが、そのどうでもイイような話をちゃんと商品として成立させているのは、かなり好感持った。
と思ったら「ルームメイト」の監督なんだね。
その前の「アナザー」は酷かったが、「ルームメイト」でかなり飛躍してたのでこのまま行けば良い職人監督になりそうな人だ。
武井咲を、「るろうに」よりかわゆく見せ、大倉くんの良さを引き出したのは、少なくとも両方のファンにとっては金出した以上のお得感は持ったはず
[PR]
by cinema-stadium | 2014-12-19 10:06 | Comments(0)

ららぽーと横浜5 2014/12/19

e0089956_125549.jpg●監督誰か思たら犬童さんか、、参ったなあ。
いや榮倉奈々は可愛いいんですけどね、、
こんな幼い話を、犬童さんみたいな監督がやってて良いんでしょうか。
参ったなあ〜、ターゲットの年齢層の女の子たちがこの程度のものを「面白い映画」と思って成長していくとしたら、世の中、どうしようもないバカ女ばかりになって、その子たちが母親になってくと考えるとゾッとするわ。
罪ですよ、これは。。
相馬くん、予想はしてたが映画向きじゃないね、という以前に役者向きじゃない(嫌いなタレントじゃないんだけど)。
役者専門でやってきた生田斗真と並んだだけで一目瞭然の線の細さ。

[PR]
by cinema-stadium | 2014-12-19 10:03 | Comments(0)