■海にかかる霧(HR)

ららぽーと横浜PREMIER 2015/04/30

e0089956_13241348.jpg●今年も韓国映画スゴイぞ!
●これって、セウォル号事件の後に作られたの?たまたま?先見の明だとしても、皮肉だとしても、どっちにせよ、腹の底から唸るわ!
●西田あ〜たらあたりが名優気取りでいられる日本映画界と違って、この映画に並ぶ役者の面構えを見よ!サスペンスを作り出すのは役者なのだ。本物の役者のツラだよ。
●やっぱ船という逃げ場のない舞台は、最高だなぁ。。この監督、絶対「JAWS」好きに違いない。
[PR]
by cinema-stadium | 2015-04-30 13:11 | Comments(0)

ららぽーと横浜PREMIER 2015/04/30

e0089956_13262389.jpg●今年の「新・午前10時の映画祭」の一番の目玉作品ではなかろうか。
●初見は小4のとき、浄行寺のテアトルデンキで。あれから40年、、スクリーンでは2度めだが、ビデオ含むとカレコレ30回以上は見てるのだけど、今でも、何度見ても子どもたちのクーデターの感動は全然色褪せないなぁ。おそるべき美しさ。
●クロスビー・スティルス・ナッシュ&ヤングの名曲「Teach Your Children」が流れる中、トロッコで去ってくダニエルとメロディの姿は、何度見ても号泣しながら、二人に神の祝福あれ!と思ってしまう。
●ニューシネマ全盛の時代に、アメリカ映画とは違ったアプローチで体制に歯向かったアラン・パーカーとイギリス映画の知性と気品に「あっぱれ!」上げましょう。
[PR]
by cinema-stadium | 2015-04-30 13:10 | Comments(0)

■Mammy/マミー(HR)

109シネマズ二子玉川4 2015/4/28

e0089956_1385972.jpg●近所にオープンしたシネコンでの初作品は、我ながら渋いのを選んだよ。
●ADHDの息子とその母親の厳しくも美しい日常が、この上なくイタく、切なく、歯応えありすぎて、特に同じ発達障害の子供を持つ母親が見たら、デッカイ希望と絶望の共存に、身につまされる思いになるであろう。
●その希望と絶望を映しとるスクリーンサイズの使い方は、ある意味実験的なんだが、、俺は大好きだなぁ、こういうチャレンジ。
[PR]
by cinema-stadium | 2015-04-28 13:06 | Comments(0)

ららぽーと横浜10 2015/04/25

e0089956_1354530.jpg●お気に入りのアナ・ケンドリックが売れっ子になったのは嬉しいが、これは辛かったなぁ。
●自分はミュージカルにこだわりあるわけじゃないのだけど、往年のミュージカルファンが見たら、怒るんじゃね?
●ほとんど台詞代わりに歌ってるのは良いとしても、あまりにもメリハリが効かずダラダラと歌ってるだけにしか見えないから辛い。描いてる世界が二人だけという狭さも、どうにも勝手にして、という感じ。
●これ舞台のほうでも公演やってるの?イカすナンバーが一曲も無いんですけど、、、、もしかして歳のせいでそう思うのかなあ。
●今年のアナ・ケンドリック作品は、「イントゥ・ザ・ウッズ」に続いて、これもオレにはダメだった、、残る「ピッチ・パーフェクト」に期待するぜ!
[PR]
by cinema-stadium | 2015-04-25 13:01 | Comments(0)

ららぽーと横浜4 2015/04/25

e0089956_12595517.jpg●驚くべき手法と優れたテーマと良い役者の幸福な出会い。
●いつかデパルマあたりがやるかなあ、、と思ってた全編長回し(もどき)を綺麗にやっちゃったのは、まあ誰もが賛辞を寄せてるんで、特に触れなくてももう良いか。。。
●元バットマンのマイケル・キートンのイタさより、エドワード・ノートンの変態っぷりの方がオレはスゲェと思うよ。
[PR]
by cinema-stadium | 2015-04-25 12:58 | Comments(0)

ららぽーと横浜7 2015/04/24

e0089956_1257322.jpg●今年の今んところベスト1だよ!
●しかし、スゴイ画ヂカラだったよな、、戦禍の後を道行きする幼い二人の背後に、◯◯が走っている画は!
●重さの先に現実と希望をあぶり出すこの監督誰?と思ったら「アーティスト」の監督か。。。
●あのオスカー作品より遥かに俺に届いたよ。とにかく、この子役は天才!
[PR]
by cinema-stadium | 2015-04-24 12:55 | Comments(0)

ららぽーと横浜2 2015/04/24

e0089956_1255473.jpg●失敗した。。「あの日の声を探して」と同じ日に観るんじゃなかった。。
●実に誠実で良心的な美しい佳作だが、同じく内戦の難民を描いたという点で、この作品の後に観た「あの日の声を探して」の圧倒的に重厚な映画的パンチ力の前ではどうにも霞んでしまって損したなぁ。
●でも普通に楽しめるし、笑えるし、考えさせるし、ホントに悪い映画じゃなく、大好きな類の作品には違いない。
[PR]
by cinema-stadium | 2015-04-24 12:53 | Comments(0)

■セッション(HR)

ららぽーと横浜6 2015/04/18

e0089956_12525785.jpg人として狂ってる二人の対決は、シナリオがどうとか、役者がどうとか、そんなの遥かに超越しているわ。
●純粋に圧倒的な映画としてのパワーに、ただただ打ち震えるのみ、、、、すごい新人監督出てきたなぁ
[PR]
by cinema-stadium | 2015-04-18 12:51 | Comments(0)

ららぽーと横浜12 2015/04/14

e0089956_12501198.jpg●ウディ・アレンだから水準以上にあるのは違いないが、あんたはそんな良い人じゃないでしょう。
●毒のある嫌味な変態NYインテリという本質を隠しているぶん、見やすいが、やっぱりウソの中にさらなるウソを感じてしまう。
●ただストーリーテリングのウマサは完璧。
[PR]
by cinema-stadium | 2015-04-14 12:47 | Comments(0)

■アンリミテッド(H)

109シネマズ港北7 2015/4/12

e0089956_12472437.jpg●トワイライトのオオカミ男くんは、あの幼稚なシリーズの中で唯一魅力的で、その後の主演作品もまぁまぁ悪くなく、活躍を期待しているが、このままじゃC級アクション俳優で終わってしまいそうな予感もする。
●ヤマカシに振るより、自転車アクションに徹した方が良かったと思うわ。
[PR]
by cinema-stadium | 2015-04-12 12:45 | Comments(0)