■Zアイランド(2B)

ららぽーと横浜5 2015/5/31

e0089956_243885.jpg⚫︎水上と共に、水上弟くんプロデュースの「Zアイランド」観た。前作「サンブンノイチ」はお世辞にも良いとは言えんが、今度は面白かった!弟くん、このメンツの扱い、よー頑張った!
⚫︎品川監督は、ドロップ、漫才ギャングは買ってるが、サンブンノイチの不愉快な傲慢さはヘドが出るほど嫌いで、どっちに転んでも不思議じゃない監督だ。まあ何か持ってるのは間違いない。
⚫︎今回、漫才要素が滑りまくる弱さはあるが、ハチャメチャなこの元気の良さは今の日本映画界において貴重!俺が見た日本のゾンビものの中では、一番楽しめる作品になっている。
⚫︎あの娘をどう扱うかが品川監督の監督としての力量が見えてくる大事な要素だと思ってたが、なかなかクールで、やっぱりこの監督、何か持ってるな。併せて鶴見辰吾が素晴らしい。
⚫︎しかし、こんな楽しいのに客少な過ぎ!
[PR]
by cinema-stadium | 2015-05-31 13:14 | Comments(0)

ららぽーと横浜12 2015/5/28

e0089956_6382542.jpg●もう一つの「ハンガー・ゲーム」というか、少しだけ大人になったグーニーズ連中がGAMEのバイオハザードの世界に入っちゃった、みたいな感じで、特段新しさは感じない。
●が、訳もわからない世界に放り込まれた視点で引っ張るのは正解で、見ている間は飽きさせない。ただ、変にみんなすぐに打ち解けあったり、迷路が以外に単調だったり、もっと面白くなったんじゃないかとそればっかり思ってしまったのも事実。次作に期待しよう。
[PR]
by cinema-stadium | 2015-05-28 21:11 | Comments(0)

■ひまわり(2B)

ららぽーと横浜PREMIER 2015/5/28

e0089956_634399.jpg●ここ2〜3年、何度も見逃してきたが、新午前十時でようやく初見。最初の10分は出来損ないのコメディかと不安になったが、テーマが明確に見えてからは、さすがな王道のメロドラマ、、という以上に、ベトナム戦争激化の時代に立派な反戦映画やった。
●ソフィア・ローレンに尽きる。決して美人じゃないが、ゴージャスなザ・女優!旦那を探して疲れ果てた老婆のようなローレンから、一転して開き直った若返りまで、まぁ七変化ともいうべき、今の時代にはいない底力のある女優さんやなぁ。彼女に見惚れ続けた100分やった。
●名優マストロヤンニ、この時代は、コリン・ファースと田中哲司を混ぜあわせたような味のある中級感が逆に素晴らしい。再会後の二人の演技に釘付けにさせられるのは、これぞ映画スターのスクリーン支配力!
●ローレンの旅路も当時としてはソ連ロケは画期的だったろうな。
[PR]
by cinema-stadium | 2015-05-28 17:00 | Comments(0)

■リピーテッド(2B)

チネチッタ6 2015/5/23

e0089956_630336.jpg●前半〜中盤、秀逸なミステリーの引っ張りがイイ感じ!が、惜しい!全てが見えたら、ありきたりなB級サスペンス演出に失速。。。
●でも、ニコール・キッドマン、コリン・ファース、マーク・ストロングと達者な役者の競演だけでも見応えある。マーク・ストロングのいかようにも取れる不気味さはサイコー!
●しかし、この顔触れでなぜに公開まで2年も掛かるのか、独立系配給会社の小屋抑えの難しさなのかなぁ。
[PR]
by cinema-stadium | 2015-05-23 21:35 | Comments(0)

109シネマズ二子玉川9 2015/5/20

e0089956_6282730.jpg●リーアム・ニーソン絶好調!てっきり「96時間4」かと思ったら、男と男、親父と親父、流儀と流儀の真っ向対決。王道西部劇のスピリット受け継ぐ快作やね。
●何よりリーアム!イヤイヤながらサンタの格好して、子供を恫喝するクズっぷり最高!それを苦笑しながら見守るエド・ハリス親分がまた!これぞアメリカ映画の教科書的キャラ分け!
●惜しむらくは脚本の見事さを、雑なアクション描写で足引っ張っちゃとこくらいかな。
●すっかりアクションスターづいちゃったリーアム、現代のジョン・ウェインを目指してるのか?
[PR]
by cinema-stadium | 2015-05-20 20:27 | Comments(0)

■フォーカス(2B)

109シネマズ二子玉川2 2015/5/19

e0089956_6263662.jpg●マーゴット・ロビー!マーゴット・ロビー!彼女は最高!
●「ウルフ・オブ・ウォールストリート」と「アバウト・タイム」の次はこれか!いま一番好きな女優だな。
●彼女を見ている間、なぜか若い頃のフェイ・ダナウェイを思い出してたら、エンドロールにミッシェル・ルグランの「華麗なる賭け」の主題歌を流すなんて、明らかにこの監督、確信犯やなぁ。
[PR]
by cinema-stadium | 2015-05-19 22:29 | Comments(0)

109シネマズ二子玉川6 2015/5/19

e0089956_6192763.jpg●かなり評価分かれるだろうな、、美しい絵、クライマックス無しの静かな展開、、オレは好きだよ。
●何にせよ、誰しも何かモノゴトに取り組むにあたって、神が降りて来るような瞬間があるが、原監督はその降りてくる瞬間をあえて外したようだが、オレはそこが見たかった。その後に上がってた絵の素晴らしさは感動的なものだったから、余計に。。
●でもそれやっちゃうと、監督の狙いに反してクライマックス出ちゃうか、、
[PR]
by cinema-stadium | 2015-05-19 03:00

■ビリギャル(2B)

ららぽーと横浜7  2015/5/16

e0089956_16511019.jpg●まったく期待してなかったぶん、意外に、という以上に、清々しい気持ち良い出来に仕上がっていてかなり楽しめた。
●あのウンコ映画「ストロボエッジ」と同じ女優かと思うくらい、有村架純が活き活きとして良かったし、吉田羊と田中哲司もありきたりな世界観ではあるけど、無用なことをやってなくて、すぐそこにいる感じが良かった。
●野村周平の絡みが、その辺の糞ドラマのアタマの悪いベタベタドロドロ感が皆無でいやらしくなくて実に心地良い。
●まぁスタッフがテレビドラマやってる人たち多いからか、質感のテレビ臭は否めないが、そのへんの民放系のテレビドラマ延長ものとは、ちょっと違ってシマリのある作りになっているのは、WOWOWが咬んでるからか、、今後いっぱい出てくる民放系ドラマ映画もこれくらいのレベルはやってくれないと!
[PR]
by cinema-stadium | 2015-05-16 23:25 | Comments(0)

■シグナル(2B)

ららぽーと横浜11 2015/5/16

e0089956_1638847.jpg●「クロニクル」と出会った時の衝撃まではいかんかったが、これはこれで、新しい才能が出てきた感はズドンとあった。
●さすがに宣伝文句の『キューブリックの再来』とまでは言い過ぎとしても、カメラマンあがりのこの監督、なんか若い頃のルーカスが「THX1138」を撮ったときに近いような、、、「モンスターズ」のギャレットや「月に囚われた男」のデビッド・ボウイ息子が登場したときに近い才気は間違いなく匂う。
●ラストの爆発まで引っ張り過ぎる感があるが、そのストイックさが彼の持ち味なんだろうな、、それゆえ、あれを笑わず真剣に見てしまうのだろう。次作で完全プレイクするか注目ですな、ウィリアム・ユーバンクという監督。。
[PR]
by cinema-stadium | 2015-05-16 20:23 | Comments(0)

■寄生獣・完結編(GO)

ららぽーと横浜4 2015/5/14

e0089956_1624222.jpg●で、染谷くんに屋上で突き飛ばされた新井くんは、その後どこ行った?こういうディテールのぞんざいさがイライラする。
●前編がそこそこよく出来てると思って期待した俺がバカやった。。。つくづく山崎って芝居作れないヤツだよな。CGドラえもんでも相手にしてろ!
●あと邦画のメジャー系のチープさは、音楽の使い方の幼稚さが関与してんだとよく分かった。
●で、新井くんどこ行った?そーか、夢か、あれはすべて夢だったのか、、糞やね
[PR]
by cinema-stadium | 2015-05-14 22:43 | Comments(0)