<   2016年 05月 ( 24 )   > この月の画像一覧

TOHOシネマズ川崎7 2016/5/24

e0089956_23441129.jpg●まさか、今の日本でこんな危ない作品ができるとは、夢にも思ってなかった。。日本映画にまだこんなパワーがあったとは!
●たけしの「全員悪人」ならぬ「全員キチガイ」。昔ニューシネマかなんかでこんな破滅的な若者たちの行く末追ったような作品見た気がするが、それもなんか違うな。ひたすら殴り続ける主人公は、破滅の先まで見てやろうとする、煮えたぎったヒリヒリする熱がやたら美しい。
●柳楽優弥のエネルギーを持て余しながらゾンビのように浮遊する姿、彼という凶器を得た菅田将暉の狡い狂気は、今年の日本映画の宝。さらに彼らを上回る小悪魔な紅一点の小松菜奈は、今まで見た彼女の中で、いちばん魅力的。
[PR]
by cinema-stadium | 2016-05-24 23:38 | Comments(0)

■二重生活(HR)

試写 2016/5/23
e0089956_22504574.jpg
●菅田将暉、長谷川博己、リリーさん!なんと旬な男優陣!おそらく、これに小松菜奈だとか、土屋太鳳とかを主役にもってくれば、興行的には50%増しが期待できたろうが、それをしなかったことに、この映画の勝因はある。
●門脇麦の移ろう不安定な美しさが、作品のリアリティのレベルを格段に上げる。土屋太鳳とかやったらクソ嘘っぽいだろうし、二階堂ふみや小松菜奈がやったら、揺れ動きのない色に染めてしまったろう。それほど、己を知ろうと、他人の生活の覗き見にハマっていく門脇麦は魅力的だ。
●なに?監督はこれがデビュー作だと?なるほどドキュメンタリー畑の人か!スリリングな覗き見は、なかなかハラハラするし、エロい描写も巧い。次回作はサスペンスに徹したものを見てみたいなぁ。
[PR]
by cinema-stadium | 2016-05-23 22:40 | Comments(0)

ららぽーと横浜6 2016/5/21
e0089956_9522553.jpg●是枝監督の最高傑作!いろんなものすべてが、出しゃばりすぎない美しさ!日本映画の「品」だね、これが!
●母息子、母娘、姉弟、父子、元夫婦、すべての関係性の加減が「絶妙の程よさ」なんだよな。今年の日本映画は、全般、昨年に比べ格段に大人になった気がする、その代表格!
●もう飽きたと思ってた阿部寛、樹木希林、小林聡美、真木よう子が揃いも揃ってベストな演技。素晴らしい!
[PR]
by cinema-stadium | 2016-05-21 09:50 | Comments(0)

ららぽーと横浜12 2016/5/21
e0089956_9544618.jpg●オレが観たコナンシリーズ(といっても4〜5本だけどね)の中で、一番面白かった。
●原作も読まず、TVシリーズは子供が見ているのを横目で見ていた程度のコナン知識しかないオレでも、これまでモヤモヤしてても特に追求する気もしなかったコナンの過去にまつわるもの、いろいろ全部がストンと落ちてきたもの!
●しかし、大変だね〜毎年1本作り続け、同じレベルのクオリティで応えなきゃいけないシリーズってのは。。スタッフの皆さんに敬意を表します。
[PR]
by cinema-stadium | 2016-05-21 08:52 | Comments(0)

試写 2016/5/17
e0089956_9484077.jpg
●相手を信頼したり、揺らいだりの、波の作り方が雑だが、内側の恐怖を超えたら、振り返る間もなく、外側には想定外の別の恐怖が待っているという、なんかある意味「ルーム」をもう一回観てる錯覚に陥ってしまった。。
●一見、ミスキャストに思えるジョン・グッドマンが逆に不気味で新鮮。
●「クローバーフィールド」と前半と後半の時間配分が真逆なのは巧いと思うが、前半ネタは既に10年以上前に24シーズン2がやってるし。
[PR]
by cinema-stadium | 2016-05-17 09:47 | Comments(0)

ららぽーと横浜10 2016/5/14
e0089956_9463630.jpg
●気持ちイイ〜!!庶民こそが世の中を変えられるという、現在への風刺も効いてるが、それ以前に一人ひとり賛同者を増やし、村を守ろうとする様は七人の侍ならぬ、七人の商人であり、中村義洋監督の職人技が隅々に効いてる力作。こんな気持ちのイイ作品を待ってた!
●阿部サダオは相変わらず阿部サダオで(悪い意味でなく)、脇に回った瑛太や妻夫木くんがいい味出しているし、千葉雄大、寺脇康文、きたろう、、、役者の配置の巧さは、誰の力か?今年のキャスティング賞はこの作品だね。
[PR]
by cinema-stadium | 2016-05-14 09:43 | Comments(0)

ららぽーと横浜3 2016/5/14
e0089956_942682.jpg●なぜにこの世から消すのが、携帯と映画とネコ?なぜに親友の一番大事なものを奪ってまで生きようとした罪の重さに鈍感なお前が、ネコで踏み止まるのだ?ネコ好きな俺でも共感できないし、そもそも彼のネコへの愛情の深さをまるで感じないのに。その辺の空々しさが、やたらうるさい気取った劇伴に包まれて、余計に空々しく感じた。
●生きていくのに大切なもの、人が消えたなら、それでも生きたいなんてまず思わないもん、おいら。だから、宮崎あおいの「生きてやる」がまったく響かず寒気するわ、、こういう雰囲気だけのファンタジーは苦手だな。むしろ隣でカミさんが泣いてたのが、びっくりした、、え?この程度で泣くの、って、、
[PR]
by cinema-stadium | 2016-05-14 09:40 | Comments(0)

■ズートピア(2B)

109シネマズ二子玉川9 2016/5/10
e0089956_9395182.jpg⚫︎よく出来ているが、なんでか好きになれない。ディズニーは、ヒットするシナリオを作成するソフトでも開発したんじゃなかろうか?そんな気になるよな好きになれなさ。
[PR]
by cinema-stadium | 2016-05-10 09:37 | Comments(0)

■追憶の森(H)

イオンシネマ港北5 2016/5/9
e0089956_9372978.jpg
●日本人なら、オチはすぐ読めると思うが、海外の人達は感動するのかなぁ?
●魅力的な配役だが、樹海が舞台だと絵的な変化に乏しく正直辛い。むしろ逆手に取って舞台にしたほうが良いのではなかろうか。
[PR]
by cinema-stadium | 2016-05-09 09:34 | Comments(0)

■64 前篇(2B)

ららぽーと横浜2 2016/5/7
e0089956_93475.jpg
●なんだろう、この熱苦しさは。言葉にならない怒りや絶望を表現するということは、絶叫、咆哮、罵声、嗚咽、、それだけか?この前に「スポットライト」を観てるからか、余計に逆の浅さ(芝居の深みのなさ)を感じてならなかった。。いやフォローになってないようだが、力作とは思うんだけどね、、
●それ以前に、前篇、後篇と分ける手法が何かイヤラシクてキライなんだよな。せめて3時間で1回にまとめてほしいわ。
●ところで、永瀬の前で号泣する佐藤浩市の芝居、家を出る前と後でつながってない。あんなに号泣したあとで、あんな顔してられっかよ。
[PR]
by cinema-stadium | 2016-05-07 09:32 | Comments(0)