■恋妻家宮本(2B)

イオンシネマ港北 2017.1.31
e0089956_0522130.jpg●漫画家なら話にあわせた絵を自分で作れるが、脚本家もやはりそうしたいんだろうな、遊川さんが映画でそれやった感じがした。
●最後の大団円なんて脚本家の夢だろうし。ミュージカルに慣れてない日本の役者たちの照れが、逆に心地良かったわ。
●天海祐希ってこんな魅力的だったっけ?と思うくらい、役にぴったり。
●アラフィフ夫婦の不安と悲哀が、結構身につまされたよ。中学生の弁当エピソードも良かった。
[PR]
by cinema-stadium | 2017-01-31 17:15 | Comments(0)

ららぽーと横浜6 2017.1.28
e0089956_12401781.jpg●期待が大きすぎたのか、正直それなりに面白かった、、くらいの印象に終わってしまって、クぁーっと盛り上がるつもりだったオレとしては、なんか寂しかった。日本語吹替で見直すことにするか。
●もちろん、カンバーバッチの知的軽妙さも、マッツの相変わらずの不気味さもいいんだけどね。ただ、続き考えると、モルドのキャラ描写は弱くね?それに、マッツの取り巻き連中も、「スーパーマン2」におけるゾッド将軍のイヴとノンくらい濃くないと。。
●街の捻り映像やらも「インセプション」よりも前に見てたら、スゲェ〜と驚いただろうけど、全体にCG過多感で胃もたれ気味。むしろチッチャイ描写のマントの動きとかのほうがホッとして楽しかったわな。
●ウォンのキャラとかスキだけど、この映画に限らず、中国受け狙いの無駄なキャラ配置とか、そんなの感じるだけで、なんかオレ的に印象はマイナスにしかならんのだよ。
[PR]
by cinema-stadium | 2017-01-28 23:09 | Comments(0)

■スノーデン(2B)

ららぽーと横浜10 2017.1.28
e0089956_11531850.jpg●日本の報道のされ方は詳しく知らなくて、1人の極左ハッカー青年程度にしか思ってなかったが、勇気ある英雄やん!
●同盟国でなくなったら、日本は即息の根止められるって、、薄々分かってはいても、こう面と向かって突きつけられるとゾッとするわ。
●オリバー・ストーンからのトランプ政権への警告ともとれるが、ただ英雄譚としての淡々描写もキライではないが、なんたってオリバー・ストーンなんだから、振り返れば知らない間にグイグイと権力が迫ってきてるようなサスペンス的要素で押しても良かった気がする。
[PR]
by cinema-stadium | 2017-01-28 03:59 | Comments(0)

■沈黙サイレンス(HR)

ららぽーと横浜premiere 2017.1.27
e0089956_16294010.jpg●観てる自分が踏み絵を踏まされてるかの如き錯覚すら起きる、かつて神父志したスコセッシ師匠、渾身の一作。
●劇伴一切使わない沈黙の徹底ぶりと、ギリギリの選択の連続は、ある意味スコセッシ版「ダークナイト」か。勘違い日本描写でなく、日本の香りもちゃんと出ていると思ったよ。
●観てもいないでガタガタいう奴らの騒音がウルセェが、物知り顔でなく異国からのパードレ視線に徹して、奇妙な国の閉鎖思考を理解しようと、淡々と歩みよってくるスコセッシ師匠の姿勢は好きだなぁ。それが退屈に見える人も多いかもしれんがな。
●イッセー尾形がトランプに一瞬見えたが、ある意味スコセッシの予言と警告かもしれんねぇ。いまだから必要な映画であることは間違いない。
●浅野くんが「一方に偏るな」とかいう笑える矛盾とキチジローの狡猾な弱さが、まるで変わってない日本そのものでイタイわ。
●アンドリューも、カイロ・レンも、窪塚くんも、浅野くんも、イッセーさんも、塚本監督もみんな素晴らしい仕事。みんなこの作品のあと、ホントに化けそう、 、スコセッシ師匠と出会えて羨ましいわ
[PR]
by cinema-stadium | 2017-01-27 23:36 | Comments(0)

◼︎新宿スワンⅡ(H)

109シネマズ二子玉川6 2017.1.24
e0089956_16252317.jpg●園子温なのにおっぱいも出ない、園子温が普通に撮った、特に園子温でなくてもいい作品第の2弾。
●前作のスカウト青春話は結構好きなんだけど、今回は「俺たちはヤクザじゃない」って言いながらヤクザの抗争、、つーより周りの雑魚が幼いんで、『ビーバップハイスクール』になっちまった感。韓国アクション映画のテイスト狙ってんのか知らんが全然届いてないわ。
●広瀬アリスは可愛いけど、今回タツヒコが主役じゃなく、彼が居なくても何の問題もない話なんで、二人の絡みが前作のタツヒコと沢尻エリカの関係よりかなり弱い。加えて前作は真野恵里菜も居たからなぁ〜
●前作の山田孝之と綾野剛の関係を、今回、関と滝が繰り返しているような印象で、新宿というより横浜スワンって感じ。それでもいいんだけど、何より浅野くんと深水元基がとても同級生に見えないのが苦しすぎる。山田孝之のキレキレな感じが前作の魅力だっただけに、今回そこまでも届かず残念
[PR]
by cinema-stadium | 2017-01-25 01:12 | Comments(0)

109シネマズ二子玉川9 2017.1.21
e0089956_10482446.jpg●予告見る限り、好きな要素だらけで期待してたが、全部のキャラがモヤッとしたまま着地した感じで、ストレス残った。
●まず優秀な会計士であることが(不正を一晩で暴くシークエンスは良かったが)、戦闘シークエンスでまるで活かされないのはどうよ。以前、デンゼル・ワシントンが演った、ホームセンターの店員が実は、、という「イコライザー」の方が、よほど裏と表の絡み方もバランスも旨かったよなぁ。
●え?アナ・ケンドリックの絡みは、そんだけ?をはじめ、捜査側がまるで本筋と絡まないのも驚くし(なら彼ら最初から必要ないじゃん!)、黒幕がスキだらけで意外に小物感たっぷりなのと、強敵の素性も出てきた瞬間分かる弱さは相当イタイ。
●、、といった感じで、これまでのアクション映画の流れを期待すると、全部肩透かしを食らう、、そういう意味では新しい映画なのかもしれん。
●ただ、素晴らしいのは、主役のヒーローの童貞感!これは今の時代にマッチしているこの作品の強みであることは確か。
●にしても、邦題ひでぇな、カタカナにすりゃカッコええって考えてるの見え見えで反吐が出る。まま「会計士」のほうが1000倍はマシ。
[PR]
by cinema-stadium | 2017-01-21 23:00 | Comments(0)

試写会ニッショーホール 2017.1.20
e0089956_1027856.jpg●「七人の侍」でなく、「荒野の七人」のリメイクと思えば、充分に満足できる。
●7人のキャラの掘り下げが薄っぺらなのは、いまどきアクションのサービス満載で相殺。お気に入り「ラブソングができるまで」でデビューした彼女が、最近「ガール・オン・ザ・トレイン」と本作といよいよ出てきた感があって感慨深いもんが。
[PR]
by cinema-stadium | 2017-01-20 21:09 | Comments(0)

ららぽーと横浜4 2017.1.14
e0089956_12122396.jpg●これは、おもしろい!予想の10倍はおもしろかった!ドローン攻撃を巡る、もう一つのシン・ゴジラ!
●何を選択しても誰もハッピーにならない、世界をまたいだ画面上の駆け引きに、今の時代の恐ろしさ感じつつハラハラ。
●冷徹な鉄仮面女大佐にヘレン・ミレンも相変わらず良いが、最後の作品となったアラン・リックマンの出しゃばり過ぎない名演が素晴らしい!
●あと昆虫ドローンの操縦士の彼、「キャプテン・フィリップス」の海賊役も良かったが今回もバツグン!
●製作年度はシンゴジより前、、これ先に観てたら、シンゴジの鮮度も違って見えたかも。
[PR]
by cinema-stadium | 2017-01-15 09:04 | Comments(0)

ららぽーと横浜10 2017.1.14
e0089956_1282915.jpg●ウーピーの「天使にラブソングを」のもじったタイトルはどうかと思うが、全編漂う清潔な感じはとても好感もてる。
●アリス役の子、骨格が良すぎるが、かつてスカヨハやキーラ・ナイトレイを最初に発見したときのようなインパクトがある。ライサンダー・メナードか、、今後要注目!
●しかし、そのメナードちゃん、ホントに弾いてるのか?だったらスゲェや。。。と思ったら、カナダを代表する若手音楽家だと、、、やっぱ世界には、いるもんだね、才色兼備のすごい子が。
[PR]
by cinema-stadium | 2017-01-14 23:08 | Comments(0)

■哭声 コクソン(HR)

試写 2017.1.12
e0089956_124948.jpg●これぞ韓国映画の底力!!「エクソシスト」でもなく「エンゼルハート」でもない、全く新しい気色悪さ。閑散とした山村の閉じた近隣感が今の世界の閉塞感に共通するものを感じるわ、、
●しかし「チェイサー」「哀しき獣」のあとにコレとは、、ナ・ホンジン監督は、ポン・ジュノが「殺人の追憶」の後に「グエムル」放ったのと同じように、才能の底知れぬ可能性を感じる。北朝鮮、朴槿恵、日本、、、韓国とりまく現況を全て先取りして投影したような恐るべき慧眼、そこに笑いすら乗っける余裕、、
●國村さんの善人でも悪人でも演れる幅広さをうまく利用したナイスキャスティング!「新しき世界」「ベテラン」で大好きな俳優となったファン・ジョンミンの紛らわしいキャラが、さらに世界観を混沌とさせて素晴らしい!
[PR]
by cinema-stadium | 2017-01-12 09:33 | Comments(0)