ららぽーと横浜4 2017.1.7
e0089956_146246.jpg●エロ老人とマジメな孫のロードムービーだが、ハングオーバーもビックリの、このどうしよーもない下品さ、、、、サイコーッ!!もう久しぶりに落書きネタで腹痛くなるほどクソ笑た、ワロた。
●全米で批評家受けしなかったみたいだが、「ムービー43」ですら好きな俺にとっては大好物!!この作品に身を捧げたザック・エフロンが愛おしすぎる!!さらに腰抜かすほど歌がうまいところも憎いぜ、エフロン!この作品で、俺はファンになったぜ、エフロン!
[PR]
by cinema-stadium | 2017-01-07 20:55 | Comments(0)

ららぽーと横浜6 2017.1.7
e0089956_13495519.jpg●SNSの大っ嫌いな部分を娯楽作品として代弁してくれ、実に痛快!!細部のツメの甘さを補って余りある。
●そっか、これってダスティン・ホフマンとミア・ファローの「ジョンとメリー」の現代版か〜。イマの出会いを逆手に取った何気ないラストのセンスの良さに敬服。
●しかし、昨日試写で観たジャニタレと売れっ子女優のコミック原作ものの直後にコレ観ると、あいも変わらない日本映画の稚拙さを逆に思い知らされ、つくづく哀しくなるわ。(去年の豊作は錯覚だったのか?)
●日本映画界もこういう作品を、たとえばジャニタレと土屋太鳳でやれるようになって初めて成熟したといえるだろうけど、また一昨年の惨状に戻ろうとしてる予感がするから、あと20年は無理でしょうな。
[PR]
by cinema-stadium | 2017-01-07 17:10 | Comments(0)

■PとJK(GO)

試写 2017.1.6 
e0089956_14384474.jpg●昨年、日本映画の復活ぶりを喜んだが、こりゃまた逆戻りか!?それほど見事なまでのウンコっぷり。
●愚作揃いだった昭和60年代(1980年代とも恥ずかしくて言えない、、)の邦画を思い出したわ。いや、それ以下のIQレベルの低い作品で、日本映画界にとっても罪悪でしかない。困ったもんだ。
●監督はどこのアホな若造なんや、もう仕事こねぇぞ、とか思ったら、おいおい廣木監督やないか!もしかしたら、こいつらをどこまでバカに見せられるかをとことん追求したってか?
●土屋太鳳が、オレンジ、青空エールに続いて、またまた気持ち悪リィ演技全開、、TVの下町ロケットや織田裕二のIQなんとかのほうが、まだマシ!!彼女の良さは身体能力いかしてこそ!!このままじゃ小川蘇美役を越せないまま彼女のキャリア終わるぞ。
[PR]
by cinema-stadium | 2017-01-06 18:00 | Comments(0)

■マリアンヌ(HR)

試写 2017.1.6
e0089956_136306.jpg●徹底的なメロドラマかと思ってたら、戦争サスペンス・アクションとしても見応えがあって、この安定した手際の良さと手堅さ、エラく風格あってウメぇな、と思ってエンドロール観てたらゼメキスだったか!なるほど!
●実際どうだか知るよしもないが、ブラピとマリオンの間には、役づくりを超えた危うい香りと艶が感じられて、それが全編にヒリヒリする緊張感を漂わすことに成功している。
[PR]
by cinema-stadium | 2017-01-06 13:00 | Comments(0)

イオンシネマ港北11 2017.01.02

e0089956_9384578.jpg●シリーズ全作品を見てるはずだが、自分の頭のなかで前作からまるでつながってない。。あんな子供いたっけ?と思いながら、名前出た瞬間、えっ?オチ、バレバレやん、大丈夫かと心配になったが、最後その通りで逆に驚いた。。
●明らかに「マッドマックス怒りのデスロード」に影響受けてたりのサービス精神旺盛さは、基本的にキライではないのだが、シリーズ4以降のポール・WS・アンダーソンって、キャラ配置や時間と場所の推移が雑過ぎ!日本向けおまけキャラの瞬殺ぶりには笑たが。
[PR]
by cinema-stadium | 2017-01-02 23:13 | Comments(0)

109シネマズ二子玉川5 2017.01.01



e0089956_993545.jpg●なんなんだ、この展開の悪さ!三池✕クドカンはもうヤめたほうが良い、根本的に相性が悪いんだと思う。
●生田斗真と菜々緒の頑張り以外、みるべきところなし

[PR]
by cinema-stadium | 2017-01-01 23:04 | Comments(0)

2016年マイベスト

かれこれレヴュー滞って7ヶ月、、
過去から順に遡ったところで、停滞長引くだろうから、新しい作品のレビューと、
遡ってのレビューを平行して進めていくことにしないと益々滞るな。

まずは2016年を振り返って。。。
まぁひたすら運の悪い一年だったけど、順位を付けるのも難しいほどイイ映画、大好きな作品に多く出会えたのが救いだったかと。

《ベストサウンドトラック》


e0089956_13450725.png
〜コンピレーション〜
◎シング・ストリート未来へのうた
〜スコア〜
◎ブルックリン(マイケル・ブルック)

《ベスト主題歌》
◎アダム・レヴィーン 「GO NOW」(シング・ストリート未来へのうた)

《ベストパンフレット》
◎シング・ストリート未来へのうた(アナログLPジャケット…収納には最低だが)

《ベストシアター》
◎チネチッタシアター12(シング・ストリート未来へのうた…THX上映?やたらうるせぇ爆音とかよりバランスの良さが最高やったよ)

《ベスト劇中バンド》
◎シング・ストリート(シング・ストリート未来へのうた)

《ベストアンサンブル》
○シビルウォー(キャプテン、アイアンマン、ブラックウィドウ、ファルコン、ホークアイ、ウィッチ、アントマン、スパイディ、ブラックパンサー)
●何者(佐藤健、有村架純、菅田将暉、二階堂ふみ、岡田将生、山田孝之)

《ベストカップル》
○ウォーレン夫妻(死霊館エンフィールド事件)
●すず&周作(この世界の片隅に)

《ベストファミリー》
○ダルトン・トランボ一家(トランボ/ハリウッドに最も嫌われた男)
●幸野一家(湯を沸かすほど熱い愛)

《ベスト親子》
○ブリー・ラーソン&ジェイコブくん母子(ルーム)
●松田龍平&柄本明(モヒカン故郷へ帰る)

《ベスト兄弟姉妹》
○コナー&ブレンダン兄弟(シング・ストリート未来へのうた)
●杉咲花&伊東蒼(湯を沸かすほど熱い愛)

《ベスト親友》
○コリン・ファース&ジュード・ロウ(ベストセラー)
●池松壮亮&菅田将暉(セトウツミ)

《ベストバディ》
○トム・ハンクス&アーロン・エッカート(ハドソン川の奇跡)
●本木雅弘&竹原ピストル(永い言い訳)

《ベストライバル》
○ディカプリオVSトム・ハーディ(レヴェナント蘇りし者)
●貞子VS伽椰子

《ベストチームワーク》
○ボストン・グローブ社(スポットライト世紀のスクープ)
●巨大不明生物特設災害対策本部(シン・ゴジラ)


《ベスト助演男優》
○ジャック・レイナー(シング・ストリート未来へのうた、マクベス)
●妻夫木聡(怒り、殿利息でござる、ミュージアム)

《ベスト助演女優》
○アリシア・ヴィカンダー(リリーのすべて、エクスマキナ、ジェイソン・ボーン)
●杉咲花(湯を沸かすほど熱い愛)

《ベスト主演男優》
○トム・ハンクス(ブリッジ・オブ・スパイ、ハドソン川の奇跡、インフェルノ)
●森田剛(ヒメアノール)

《ベスト主演女優》
○シアーシャ・ローナン(ブルックリン)
●広瀬すず(ちはやふる上下、四月は君の嘘、怒り)

《ベスト監督》
○ジョン・カーニー(シング・ストリート未来へのうた)
●片渕須直(この世界の片隅に)


〜 作品編 〜
あまりに愛しい作品が多いので今年は番付にして、葛城事件、リップヴァンウィンクル等、取りこぼした気になる作品がありつつも。。さよなら2016年

《外国映画》
☆横綱☆
シング・ストリート未来へのうた

○大関級
ブルックリン、スポットライト、死霊館エンフィールド事件、ブリッジ・オブ・スパイ、トランボ/ハリウッドに最も嫌われた男、ハドソン川の奇跡、インサイダーズ内部者たち、リリーのすべて、ルーム、ロストバケーション

●関脇級
ファインディング・ドリー、ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK The Touring、キャロル、ヘイトフルエイト、シビルウォー、マネーショート、オデッセイ、デッドプール、ボーダーライン、ドント・ブリーズ

◇小結級
アーロと少年、レヴェナント蘇りし者、マイケル・ムーアの世界侵略のススメ、エクスマキナ、ザ・ギフト、ジャック・リーチャーNEVER GO BACK、ベストセラー編集者パーキンズに捧ぐ、ザ・ウォーク、スティーブ・ジョブズ、フラワーショウ!

◆前頭級
ニューヨーク眺めのいい部屋売ります、ヘイル、シーザー!、マダム・フローレンス、手紙は憶えている、ローグワン、エージェントウルトラ、教授のおかしな妄想殺人、ガール・オン・ザ・トレイン、10クローバーフィールドレーン、クリムゾン・ピーク

△十両級
白鯨との闘い、フランス組曲、X−MENアポカリプス、サウスポー、イットフォローズ、キング・オブ・エジプト、ジャングルブック、ブリジット・ジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期、追憶の森、マクベス

↓ウンコ級
インデペンデンス・デイ/リサージェンス


《日本映画》
◎横綱
シン・ゴジラ

○大関級
永い言い訳、この世界の片隅に、ヒメアノール、ディストラクションベイビーズ、海よりも深く、湯を沸かすほど熱い愛、モヒカン故郷へ帰る、セトウツミ、ちはやふる下の句、アズミ・ハルコは行方不明

●関脇級
クリーピー、アイアムアヒーロー、オーバーフェンス、殿利息でござる、君の名は。、のようなもの のようなもの、残穢、バースデーカード、貞子VS伽椰子、闇金ウシジマくんザ・ファイナル

◇小結級
二重生活、日本で一番悪い奴ら、ちはやふる上の句、団地、聖の青春、何者、俳優亀岡拓次、ふきげんな過去、溺れるナイフ、ミュージアム

◆前頭級
森山中教習所、DOCUMENTARY OF AKB48、後妻業の女、家族はつらいよ、SCOOP!、花芯、ピンクとグレー、僕だけがいない街、ぼくは明日、昨日のきみとデートする、闇金ウシジマくんPart3

△十両級
嫌な女、オオカミ少女と黒王子、星ガ丘ワンダーランド、疾風ロンド、黒崎くんの言いなりになんてならない、あやしい彼女、名探偵コナン、探偵ミタライの事件簿、TOO YOUNG TO DIE !、ディアスポリス

↓ウンコ級
信長協奏曲、エヴェレスト、秘密

なんかキライ、なぜかキライ、無性にキライ、、、
64前後、怒り、世界から猫が消えたなら


おまけ
《旧作》
1.ハリーとトント、2.はじまりのうた、3.ポセイドン・アドベンチャー、4.秒速5センチメートル、5.ONCE ダブリンの街角で

[PR]
by cinema-stadium | 2017-01-01 13:59 | Comments(0)