オスカー候補作の公開ラッシュで順位も何か必然的にこうなるわな。
1)ルーム
2)キャロル
3)オデッセイ
4)ディーパンの闘い
5)ニューヨーク眺めのいい部屋売ります
次 俳優 亀岡拓次
[PR]
# by cinema-stadium | 2016-02-29 23:40 | Comments(0)

チネチッタ3 2016.2.29

e0089956_11512197.jpg
●カネとるからには、大人から子供まで誰にも分かりやすくあって欲しいと願うオレには、大の苦手な部類。いや難解であっても良いんよ、キューブリッククラスなら、紐解きたくなるもの。これは正直なとこ、芸術気取り屋の背伸び以下にしか見えんし、狙いが透けて見えて、独り善がりっぷりが気持ち悪くて、早く解放して(終わって)くれと、もうどうでも良くなる、、ただ、リリーさんや寺島しのぶ、愛ちゃんや池松くんといい役者使ってるから、役者の人たちは求められたことをちゃんと演っていると思うけどね。
[PR]
# by cinema-stadium | 2016-02-29 11:49 | Comments(0)

■ザ・ブリザード3D(H)

ららぽーと横浜5 2016.2.27

e0089956_11455522.jpg
●いやあ〜、水上と期待して行ったけど、あまりにも単細胞な直球映画にいささか呆れた。いやあ〜嫌いじゃないんだけどね、いかにトゥルーストーリーとはいえ、ドラマ無さ過ぎじゃね?
[PR]
# by cinema-stadium | 2016-02-27 12:43 | Comments(0)

ららぽーと横浜1 2016.2.27

e0089956_1148460.jpg
●ここ数年の日本映画は、こういう、世の中からしたら糞みたいにくだらない、どうでもいいような題材を、それなりにまとめてくるのが大きな特徴ですな。弾けっぷりは去年の「ヒロイン失格」が上だが、映画としての品を維持しているのがイイ。しかし、若い観客がバカになっちゃうよな〜と思いながらも、この監督は誰?とつい気になっちゃう。月川翔?だれ?昔、日活ロマンポルノが若い才能を育てたようなことが、今はこの手の作品路線で起きている気がしてならん。ただ、ロマンポルノと違って、バジェットがそれなりに保証される中で、持ってるイイモノが消失しないことを祈る。
[PR]
# by cinema-stadium | 2016-02-27 11:46 | Comments(0)

■俳優 亀岡拓次(2B)

テアトル新宿 2016.2.25

e0089956_11422410.jpg
●オレの中では、役柄によって好き嫌いがハッキリ別れる安田顕だが、彼の役柄の中で一番好きな作品。飄々とした彼の良さが、端役俳優として生き抜いてく厚かましさと孤独を存分に引き出し、さらにオチは読めてもアソクミとの淡い恋がたまらなく愛しい。30超えてからのアソクミはホント最高だわ。
[PR]
# by cinema-stadium | 2016-02-25 11:36 | Comments(0)

ららぽーと横浜11 2016.2.13

e0089956_11355030.jpg
●移民、内戦といったことから無縁に近い日本人だから、この映画に描かれている登場人物たちの切実な危機感はわかったふうなことは言えぬ。が、間違いなく言えるのは、この監督、センス良いわ〜。集合住宅間の描写なんて、自分がちょっと離れたところからその場を目撃してるようなリアルな緊張感あったもんな〜
[PR]
# by cinema-stadium | 2016-02-13 11:34 | Comments(0)

■ルーム(HR)

試写 2016.2.12

e0089956_1131389.jpg
●囲いから出られない不自由さより、囲いから出たほうが自由でない・・囲いにいる時の絶望より、囲いから出た後の希望のほうが少ない・・親子が味わう感覚は、実は社会そのものであるということを見事に映像化しているのがまず素晴らしい。それでも生きていくために受け入れる・・ジャックの納屋との訣別シーンは、そりゃ涙腺決壊しますて。母のブリー・ラーソンのオスカーは当然として、この小さな男の子にノミニーくらいしないと。オレの中では「クレイマー、クレイマー」のジャスティン・ヘンリー以来の名子役!
[PR]
# by cinema-stadium | 2016-02-12 11:30 | Comments(0)

■キャロル(HR)

109シネマズ二子玉川6 2016.2.11

e0089956_11282735.jpg
●映画でしか描けない奇跡のような美しい瞬間が確かにあった。映画でしか表現できない狂おしいほどまでの切なさが繊細に刻まれていた。二人の名女優の競演はお見事というしかない!
[PR]
# by cinema-stadium | 2016-02-11 11:27 | Comments(0)

109シネマズ二子玉川8 2016.2.10

e0089956_11264963.jpg
●とびきりの傑作ってわけではないが、実に居心地の良い安心感がある。モーガン・フリーマンとダイアン・キートンの夫婦像がとにかく可愛い。犬の使い方や旧世代iMacとか小道具の使い方が、「そこまで大成はしなかったけど、日々それなりに幸せ」なブルックリン住まいのアーティスト系老カップル感がメチャ出てて秀逸!
[PR]
# by cinema-stadium | 2016-02-10 11:22 | Comments(0)

試写 2016.2.10

e0089956_11213631.jpg
●古沢良太と金子修介という新鮮なコンビに期待したが、なんだろこの物足りなさ。野村萬斎、宮迫は好きだが、これはミスキャストだと思う。どっちかというと「まほろ駅前」の龍平・瑛太コンビのようなトンがった若々しさが必要な役柄に思うけど。
[PR]
# by cinema-stadium | 2016-02-10 11:20 | Comments(0)

試写  2016.2.9

e0089956_11193964.jpg
●原作は知らんが、すぐに分かる犯人探しより、タイムリープ前後の感覚が味わいがあって結構好きだ。意外だったのが、とても藤原竜也の母には見えない石田ゆり子が素敵なのよ。
[PR]
# by cinema-stadium | 2016-02-09 11:18 | Comments(0)

■ザ・ガンマン(2B)

109シネマズ二子玉川5 2016.2.7

e0089956_1116417.jpg
●ショーン・ペンが、復讐に燃える元傭兵役というのが、らしくなくて新鮮!激しいアクションより、もっとヒロインとの関係性に「哀しさ」を創出していれば、映画的余韻も違ったろう。
[PR]
# by cinema-stadium | 2016-02-07 11:13 | Comments(0)

■オデッセイ(HR)

ららぽーと横浜  2016.2.5

e0089956_110131.jpg
●オレにはリドリー・スコットらしさが余り感じられられず、むしろ「インターステラー」と被って見えもしたが、それは逆にマット・デイモンの良さが際立っている証拠!しかも脇を固めるのがお気に入りのジェシカ・チャステイン、ジェフ・ダニエルズ、ショーン・ビーンとは渋すぎるわ!「一人取り残されサバイバルもの」の極みといえるのに、漂う前向き感は、散りばめた音楽の選曲の貢献度が大ですな!
[PR]
# by cinema-stadium | 2016-02-05 10:57 | Comments(0)

■X−ミッション(2B)

試写  2016.2.4

e0089956_1056424.jpg
●冒頭から高所恐怖症な人にはチンチンが縮こまるようなアクション満載で、ビグローの「ハートブルー」のリメイク感をすっかり忘れさせる3Dアトラクションぶりは十分楽しめた。
[PR]
# by cinema-stadium | 2016-02-04 10:53 | Comments(0)

現在、7月も後半突入、、、なのにレヴューは1月で泊まり、溜まってる作品数100本強、、
気が遠くなりかけるが、鑑賞記録として続けなきゃなので、気を取り直して、、
気合を入れる意味も込め、月ごとにマイベストを出していこッと!
年末の個人的な楽しみの年間ベストの振り分けにも役立つし、そうしようそうしよう!

e0089956_1351382.jpg1)ブリッジ・オブ・スパイ
2)リリーのすべて
3)マネー・ショート
4)ヘイトフル・エイト
5)スティーブ・ジョブズ
次  の・ようなもの のようなもの
[PR]
# by cinema-stadium | 2016-01-31 23:56 | Comments(0)

109シネマズ二子玉川6 2016.1.31

e0089956_0514571.jpg ●普通に面白かったけど、「FBI史上〜」って言うほど、特に驚きはない。ボストンのダークな世界は、「ミスティック・リバー」や「ディパーテッド」でさんざん見せられてるからね。
●ジョニデ、迫力はあるが、最近なんか焦ってね?賞狙いの匂いがプンプンしてヤなんだけど。特殊コスチュームキャラでしか注目されない自分に嫌気が差したのか?普通にギルバート・グレイプみたいな感じにしてりゃ暑苦しくないんだけど。
[PR]
# by cinema-stadium | 2016-01-31 03:45 | Comments(0)

109シネマズ二子玉川5 2016.1.31

e0089956_0525840.jpg●観ている間は、話の面白さに引きこまれてさほど感じなかった怖さが、見終わって時間が経つほどジワジワ来る。こんな日本的な怖さ、久しぶりだよ。
●やはり今年も松竹はチャレンジングで良いわ〜。中村監督への全面的な信頼感が前提だろうけど。惜しむらくは、もう少しマシなCG使えなかったのかってことだけ、、、
[PR]
# by cinema-stadium | 2016-01-31 01:46 | Comments(0)

■ザ・ウォーク3D(HR)

ららぽーと横浜5  2016.1.30

e0089956_049873.jpg●ただ単に、綱渡りするだけの話をどうすんだろ?と思ってたら、大間違い。プロジェクトの話で、チームがそれぞれの役割で動いてく、その様が面白い。さすがゼメキス!
●こりゃ、大コケの原因は、ソニーの宣伝戦略の失敗だね。あんな予告じゃ「で、だから何?」で終わりじゃん!確かに、綱渡りは、お股ヒューッとする見せ場の一つだけど、正確にこの作品の面白さと本質を伝えんと。
[PR]
# by cinema-stadium | 2016-01-30 01:44 | Comments(0)

試写  2016.1.29

e0089956_0471816.jpg●レザボア+キル・ビルといった感じのタランティーノの集大成ともいうべき面白さ!
●我らがサミュエルはもちろんだが、カート・ラッセル、ブルース・ダーン、マイケル・マドセン、ティム・ロスと配役の妙に唸る。ジェニファー・ジェイソン・リーのビッチぶりは最高だし、さらに、あっと驚くあの男が!
●エンニオ・モリコーネの音楽が耳に残るが、中でも「エクソシスト2」のリーガンのテーマがしれーっと流れた時にはワロタわ。
[PR]
# by cinema-stadium | 2016-01-29 01:43 | Comments(0)

109シネマズ二子玉川2  2016.1.27

●2回め。また号泣。しかし、ベルリンの壁描写の凄いこと!いままさに壁が築かれようとする瞬間の、向こう側とこっち側を描いた作品が過去に何かあったか?
[PR]
# by cinema-stadium | 2016-01-27 01:42 | Comments(0)

■リリーのすべて(HR)

試写  2016.1.27

e0089956_0454630.jpg●この格調高い品格、イマすらも斬るテーマ性、そして、知性に満ちた最高級レベルな演出と演技、、、傑作!
●どんなことにしろ、何かに覚醒する瞬間というのを描くのは困難であるが、トム・フーパーは丁寧に丁寧に紡いで、オレにも合点の行く瞬間を確かに捉えてる。
[PR]
# by cinema-stadium | 2016-01-27 00:03 | Comments(0)

試写  2016.1.25

e0089956_0445650.jpg●軽快な語り口ゆえ、世界中をぶち壊したサブプライムローンのクソいい加減さが余計に際立つ知的な作りに、大笑いしながらもホロ苦さも尋常じゃない。
●クリスチャン・ベールの義眼演技も凄いが、スティーブ・カレルが「フォックスキャッチャー」に次いで最高だったわ。それにしても、あそこでマーゴット・ロビー、セレーナ・ゴメスを使うセンスも凄いけど、それに応える本人たちの懐の深さもさすが!
●ブラピのプランBは、オレの中でかなり信用のおけるブランドになったなぁ。時々ジャッキー・コーガンとか外すけど。
[PR]
# by cinema-stadium | 2016-01-25 01:39 | Comments(0)

チネチッタ10  2016.1.23

e0089956_043016.jpg●この先行ってる感が満々な作り手のセンス、嫌な人は嫌かもしれないが、オレはクソ生意気な中学2年生が、とんがって虚勢張りながらも面白い事やろうとしてる感じが逆に大好き!
●クリステン・スチュワートも、「オン・ザ・ロード」に続き、女優としての幅を広げようと頑張ってる。「トワイライト」女優でないことは充分にわかるので、もうちょっと肩の力を抜いたら?とも思うが。
●あまりに面白いので、続編を!と思ったら、アメリカ本国ではコケたのね、、じゃ20年後のカルトムービー行きだ
[PR]
# by cinema-stadium | 2016-01-23 02:37 | Comments(0)

チネチッタ3  2016.1.23

e0089956_0435638.jpg●35年ぶりの志ん魚(しんとと)が、変わらぬドン臭さと不器用さで居てくれたことが何より嬉しい。
●35年前のキャスト集合はもちろんだが、ゲストの森田愛に満ちたキャスティングがまた泣ける!つか、やい秋吉久美子、まずオメェは出なきゃ駄目じゃん!
●志ん魚の再生話と、マツケンと北川景子の爽やかな恋の絡み方が、昨今溢れるジャリコミック映画化の糞まみれぶりに比べ、なんと清潔で美しいこと!久々な、これぞ日本映画の心地よさ!
[PR]
# by cinema-stadium | 2016-01-23 01:38 | Comments(0)

■白鯨との闘い(2B)

ららぽーと横浜5  2016.1.22

e0089956_042151.jpg●リチャード・ハリスの「オルカ」のような、一匹のクジラとそれを追いかける男の執念と執念の対決映画かと思ってたら、「生きてこそ」とか「キャスト・アウェイ」に近いサバイバル映画やった。
●で、それはそれで、腐ってもロン・ハワード、そつなく見せてくれて、まぁまぁ面白かった。予告編は、この作品の良さを全然伝えてないので、コケるのは仕方ない。まぁ売りが難しい映画だもんなぁ。
[PR]
# by cinema-stadium | 2016-01-22 01:36 | Comments(0)