109シネマズ二子玉川6 2016.1.31

e0089956_0514571.jpg ●普通に面白かったけど、「FBI史上〜」って言うほど、特に驚きはない。ボストンのダークな世界は、「ミスティック・リバー」や「ディパーテッド」でさんざん見せられてるからね。
●ジョニデ、迫力はあるが、最近なんか焦ってね?賞狙いの匂いがプンプンしてヤなんだけど。特殊コスチュームキャラでしか注目されない自分に嫌気が差したのか?普通にギルバート・グレイプみたいな感じにしてりゃ暑苦しくないんだけど。
[PR]
# by cinema-stadium | 2016-01-31 03:45 | Comments(0)

109シネマズ二子玉川5 2016.1.31

e0089956_0525840.jpg●観ている間は、話の面白さに引きこまれてさほど感じなかった怖さが、見終わって時間が経つほどジワジワ来る。こんな日本的な怖さ、久しぶりだよ。
●やはり今年も松竹はチャレンジングで良いわ〜。中村監督への全面的な信頼感が前提だろうけど。惜しむらくは、もう少しマシなCG使えなかったのかってことだけ、、、
[PR]
# by cinema-stadium | 2016-01-31 01:46 | Comments(0)

■ザ・ウォーク3D(HR)

ららぽーと横浜5  2016.1.30

e0089956_049873.jpg●ただ単に、綱渡りするだけの話をどうすんだろ?と思ってたら、大間違い。プロジェクトの話で、チームがそれぞれの役割で動いてく、その様が面白い。さすがゼメキス!
●こりゃ、大コケの原因は、ソニーの宣伝戦略の失敗だね。あんな予告じゃ「で、だから何?」で終わりじゃん!確かに、綱渡りは、お股ヒューッとする見せ場の一つだけど、正確にこの作品の面白さと本質を伝えんと。
[PR]
# by cinema-stadium | 2016-01-30 01:44 | Comments(0)

試写  2016.1.29

e0089956_0471816.jpg●レザボア+キル・ビルといった感じのタランティーノの集大成ともいうべき面白さ!
●我らがサミュエルはもちろんだが、カート・ラッセル、ブルース・ダーン、マイケル・マドセン、ティム・ロスと配役の妙に唸る。ジェニファー・ジェイソン・リーのビッチぶりは最高だし、さらに、あっと驚くあの男が!
●エンニオ・モリコーネの音楽が耳に残るが、中でも「エクソシスト2」のリーガンのテーマがしれーっと流れた時にはワロタわ。
[PR]
# by cinema-stadium | 2016-01-29 01:43 | Comments(0)

109シネマズ二子玉川2  2016.1.27

●2回め。また号泣。しかし、ベルリンの壁描写の凄いこと!いままさに壁が築かれようとする瞬間の、向こう側とこっち側を描いた作品が過去に何かあったか?
[PR]
# by cinema-stadium | 2016-01-27 01:42 | Comments(0)

■リリーのすべて(HR)

試写  2016.1.27

e0089956_0454630.jpg●この格調高い品格、イマすらも斬るテーマ性、そして、知性に満ちた最高級レベルな演出と演技、、、傑作!
●どんなことにしろ、何かに覚醒する瞬間というのを描くのは困難であるが、トム・フーパーは丁寧に丁寧に紡いで、オレにも合点の行く瞬間を確かに捉えてる。
[PR]
# by cinema-stadium | 2016-01-27 00:03 | Comments(0)

試写  2016.1.25

e0089956_0445650.jpg●軽快な語り口ゆえ、世界中をぶち壊したサブプライムローンのクソいい加減さが余計に際立つ知的な作りに、大笑いしながらもホロ苦さも尋常じゃない。
●クリスチャン・ベールの義眼演技も凄いが、スティーブ・カレルが「フォックスキャッチャー」に次いで最高だったわ。それにしても、あそこでマーゴット・ロビー、セレーナ・ゴメスを使うセンスも凄いけど、それに応える本人たちの懐の深さもさすが!
●ブラピのプランBは、オレの中でかなり信用のおけるブランドになったなぁ。時々ジャッキー・コーガンとか外すけど。
[PR]
# by cinema-stadium | 2016-01-25 01:39 | Comments(0)

チネチッタ10  2016.1.23

e0089956_043016.jpg●この先行ってる感が満々な作り手のセンス、嫌な人は嫌かもしれないが、オレはクソ生意気な中学2年生が、とんがって虚勢張りながらも面白い事やろうとしてる感じが逆に大好き!
●クリステン・スチュワートも、「オン・ザ・ロード」に続き、女優としての幅を広げようと頑張ってる。「トワイライト」女優でないことは充分にわかるので、もうちょっと肩の力を抜いたら?とも思うが。
●あまりに面白いので、続編を!と思ったら、アメリカ本国ではコケたのね、、じゃ20年後のカルトムービー行きだ
[PR]
# by cinema-stadium | 2016-01-23 02:37 | Comments(0)

チネチッタ3  2016.1.23

e0089956_0435638.jpg●35年ぶりの志ん魚(しんとと)が、変わらぬドン臭さと不器用さで居てくれたことが何より嬉しい。
●35年前のキャスト集合はもちろんだが、ゲストの森田愛に満ちたキャスティングがまた泣ける!つか、やい秋吉久美子、まずオメェは出なきゃ駄目じゃん!
●志ん魚の再生話と、マツケンと北川景子の爽やかな恋の絡み方が、昨今溢れるジャリコミック映画化の糞まみれぶりに比べ、なんと清潔で美しいこと!久々な、これぞ日本映画の心地よさ!
[PR]
# by cinema-stadium | 2016-01-23 01:38 | Comments(0)

■白鯨との闘い(2B)

ららぽーと横浜5  2016.1.22

e0089956_042151.jpg●リチャード・ハリスの「オルカ」のような、一匹のクジラとそれを追いかける男の執念と執念の対決映画かと思ってたら、「生きてこそ」とか「キャスト・アウェイ」に近いサバイバル映画やった。
●で、それはそれで、腐ってもロン・ハワード、そつなく見せてくれて、まぁまぁ面白かった。予告編は、この作品の良さを全然伝えてないので、コケるのは仕方ない。まぁ売りが難しい映画だもんなぁ。
[PR]
# by cinema-stadium | 2016-01-22 01:36 | Comments(0)

■フランス組曲(HR)

ららぽーと横浜2  2016.1.22
e0089956_041066.jpg●久々に王道のメロドラマを見たって感じ。スケール感もサスペンスも、しっかりしたもんを見せてくれて、チョー満足!
●クリスティン・スコット・トーマスの知性と品が、作品の質を高め、全体を引き締めていて素晴らしい。惜しむらくは相手のドイツ軍曹の悪党顔、、まぁ好みの問題か。。
[PR]
# by cinema-stadium | 2016-01-22 01:34 | Comments(0)

試写 2016.1.20

e0089956_040236.jpg●アシュトン・カッチャー版は実にヤな奴の不愉快な話だったが、今回のソダーバーグは、ちゃんと愛すべき変人に仕立てあげてて、見応えあった。
●3つの新製品発表会に絞った見事な構成と、父娘の話にした英断に拍手。最後のディランは「ザ・エージェント」のエンディングテーマとしても良かったが、今回も素晴らしかった。
[PR]
# by cinema-stadium | 2016-01-20 01:33 | Comments(0)

試写  2016.1.13

e0089956_039975.jpg●う〜〜ん、1000年に一人の逸材か。まぁ彼女は、彼女なりに頑張ってたけど、この全体を覆う幼稚な世界観は何とかなんない?
●相米さんの星泉は、あんまりカワユクなかったけど、彼女の内面が変わりゆく様を辛抱強くフィルムに収めてたよ(長回しという意味でなく)。だから、こんなに軽くなかった。
[PR]
# by cinema-stadium | 2016-01-13 01:31 | Comments(0)

■ピンクとグレー(HR)

ららぽーと横浜6  2016.1.10

e0089956_0381723.jpg●構成的に久々に面白い日本映画やった。8の字を思わせる構成と世界観が非常に心地よい大好きな映画。
●が、しゃべり過ぎ。菅田将暉なんかあそこまでしゃべらせる必要ないのに。傑作に届かないのは、しゃべり過ぎの脚本、どっか幼稚に感じちゃう。行定さん、自分でホン書かないほうが良いと思う。
[PR]
# by cinema-stadium | 2016-01-10 01:28 | Comments(0)

■人生の約束(2B)

109シネマズ二子玉川  2016.1.10

e0089956_036459.jpg●真面目か!いや、この真面目さは、昨年から続く救いようのない日本映画の幼稚化から救うには大切。とにかく嫌いじゃないが、真面目か!
[PR]
# by cinema-stadium | 2016-01-10 00:29 | Comments(0)

ららぽーと横浜10  2016.1.9

e0089956_0353816.jpg●デルトロの世界観は充分に堪能できた。
●ロキとジェシカ・チャステインの姉弟は最恐だが、最後のジェシカとミワの闘いになって、その凡庸さに興ざめしたのも事実、、そこだけ惜しいなぁ
[PR]
# by cinema-stadium | 2016-01-09 01:27 | Comments(0)

ららぽーと横浜4  2016.1.8

e0089956_0322916.jpg●初期のカーペンター映画の再来とか聞いていただけに、さすがに画作りのセンスは感じた。
●あとは、しつこさが不快な領域のスレスレまで来ていたので、抑制のバランスが加味されたら、傑作撮るんじゃないか、この人。まぁスピルバーグの傑作を直前に見たから、そのぶん損したかも。
[PR]
# by cinema-stadium | 2016-01-08 01:24 | Comments(0)

ららぽーと横浜5  2016.1.8

e0089956_0344470.jpg●傑作!これぞ、映画のお手本!
●スピルバーグは自身の集大成を撮ろうとする時期に入ったのではないか。そう思えるほど、これまでの様々な作品に共通する、良きアメリカ映画の主人公像の「目的」に対する真摯な姿勢が、今回のトム・ハンクスに凝縮して見えた。
●人類の歴史を踏みとどまらせた偉業を成し遂げたにも関わらず、普通の父親、旦那にさりげなく戻るトム・ハンクスの姿に号泣!
[PR]
# by cinema-stadium | 2016-01-08 00:26 | Comments(0)

ららぽーと横浜  2016.1.4

●2回め。なんだかんだ言って、正月気分を007で味わいたいもの!
[PR]
# by cinema-stadium | 2016-01-04 01:22 | Comments(0)

ららぽーと横浜8 2016.1.1

e0089956_17471442.jpg●大好きな「ボビー・フィッシャーを探して」に繋がる物語としても非常に興味深かった。天才の深淵に迫ろうとするトビー・マグワイアの背負った演技も、これはこれで抱いていたボビー・フィッシャー像に似合ってた。
[PR]
# by cinema-stadium | 2016-01-01 17:46 | Comments(0)

■orange オレンジ(GO)

ららぽーと横浜7 2016.1.1

e0089956_0544417.jpg●日本映画の末期的幼さ、、ヤバ過ぎる、まじで。
●土屋太鳳が、最も「らしくない」キャラで痛々しいを通り越して気持ち悪い。身体能力の高さを活かしてこそ、映画女優・土屋太鳳。
[PR]
# by cinema-stadium | 2016-01-01 17:29 | Comments(0)

恵比寿ガーデンシネマ2 2016.1.1

e0089956_14574561.jpg ●公開年度が遅いため、実際の動き(建築進行や周りの状勢)に追いついてないが、ガウディの目指したものを多角的につかもうとするチャレンジングな姿勢は、映画という以上に人類遺産の「記録」として必要なことだと思う。
[PR]
# by cinema-stadium | 2016-01-01 14:51 | Comments(0)

■2015年度 マイベスト

4月になって、今頃2015年の総括なんて、世界で一番遅いんじゃ?
まぁ鑑賞記録の一環として。

【旧作ベスト】
もはや順位など意味ないのだけど。。まぁ去年スクリーンで観た好きな名作順って感じか。

1.ゆきゆきて、神軍
2.フィールド・オブ・ドリームス
3.小さな恋のメロディ
4.時計じかけのオレンジ
5.ラスト・エンペラー
6.日本のいちばん長い日
7.フルメタルジャケット
8.ひまわり
9.インファナル・アフェア
10.第三の男


【日本映画ウンコ3】
思い出すだけで気分悪くなるわ

1.MOZU
2.劇場霊
3.寄生獣・後編/進撃の巨人・後編

【外国映画ウンコ3】
日本映画のワーストは嫌悪感しか無いけど、外国映画のワーストは、ワーストにしながらも不思議とどっか憎めない愛らしさがある。

1.フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ
2.カリフォルニアダウン
3.帰ってきたMrダマー


【サントラベスト】
e0089956_1535577.jpg
1.ピッチパーフェクト
2.マイ・インターン
3.イミテーション・ゲーム
4.博士と彼女のセオリー
5.マッドマックス怒りのデスロード
次.ジャッジ裁かれた判事


【マイベスト アクター】
e0089956_1634585.jpg◎篠原篤(恋人たち)
◎松坂桃李(マエストロ、MOZU、ピース・オブ・ケイク、日本のいちばん長い日、図書館戦争、エイプリル・フールズ)
◎内野聖陽(罪の余白、海難1890)
◎本木雅弘(天空の蜂、日本のいちばん長い日)




e0089956_1631886.jpg◎シルベスター・スタローン(クリード)
◎リーアム・ニーソン(ランオールナイト、誘拐の掟)
◎チャニング・テイタム(フォックスキャッチャー、ジュピター、マジック・マイクXL)
◎マーク・ストロング(キングスマン、イミテーションゲーム、リピーテッド)




【マイベスト アクトレス】
e0089956_16371637.jpg◎藤野涼子(ソロモンの偽証/前・後)
◎百田夏菜子(幕が上がる)
◎足立梨花(でーれーガールズ)
◎石井杏奈(ソロモンの偽証/前・後、ガールズステップ)



e0089956_16412027.jpg◎ブライス・ダラス・ハワード(ジュラシック・ワールド)
◎シャイリーン・ウッドリー(きっと星のせいじゃない、ダイバージェントNEO
◎アナ・ケンドリック(ピッチパーフェクト、ピッチパーフェクト2、ラスト5イヤーズ、イントゥ・ザ・ウッズ)
◎シャーリーズ・セロン(マッドマックス怒りのデスロード)





【日本映画マイベスト】
いちおう50本並べたものの、日本映画、トータル的にレベル低っ。。「野火」とか「トイレの〜」とかミニシアター系の良さ気なの去年見逃しているのはイタイけど(先日観た「野火」は、去年観てたら確実に上位だったが)。まぁ渋谷や新宿に行くの億劫で、シネコンに掛かるテレビ局絡みのクソ映画や、メジャーのコミックジャリもので自分自身お茶濁してるような状態だから、しょうがないか。。

e0089956_16424722.jpg1.恋人たち
2.きみはいい子
3.ロマンス
4.心が叫びたがってるんだ。
5.岸辺の旅
6.ソロモンの偽証・前編
7.幕が上がる
8.さよなら歌舞伎町
9.この国の空
10.ビリギャル




11.駆込み女と駆け出し男、12.ヒロイン失格、13.GONINサーガ、14.海街diary、15.百日紅、16.ソロモンの偽証後編、17.バクマン、18.母と暮せば、19.悲しみの忘れ方、20.娚の一生、21.ピース・オブ・ケイク、22.味園ユニバース、23.Zアイランド、24.みんなの学校、25.でーれーガールズ、26.海難1890、27.始終着駅ターミナル、28.ガールズステップ、29.ジヌよさらば、30.探検隊の栄光、31.先生と迷い猫、32.新宿スワン、33.日本のいちばん長い日、34.ボクは坊さん、35.くちびるに歌を、36.俺物語、37.罪の余白、38.クレヨンしんちゃんオラの引っ越し物語、39.天空の蜂、40.リアル鬼ごっこ、41.マエストロ!、42.アオハライド、43.杉原千畝、44.進撃の巨人前編、45.バケモノの子、46.ラブ&ピース、47.リトル・フォレスト冬春、48.グラスホッパー、49.ジョーカー・ゲーム、50.龍三と七人の子分たち

【外国映画マイベスト】
日本映画の幼さと比べてもしょうが無いけど、外国映画はやっぱ大したもんだ。娯楽大作からコメディ、アクション、社会派まで、ちゃんとオトナだもの!

e0089956_16453075.jpg1.ジュラシック・ワールド
2.ベテラン
3.アントマン
4.アメリカンスナイパー
5.ナイトクローラー
6.あの日の声を探して
7.ピッチパーフェクト
8.セッション
9.Mommy マミー
10.マッド・マックス怒りのデスロード




11.フォックス・キャッチャー、12.マイ・インターン、13.コードネームはUNCLE、14.薄氷の殺人、15.ジャッジ 裁かれる判事、16.イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密、17.博士と彼女のセオリー、18.わたしと会うまでの1600キロ、19.海にかかる霧、20.アメリカン・ドリーマー理想の代償、21.クリード/チャンプを継ぐ男、22.マジック・イン・ムーンライト、23.きっと、星のせいじゃない。24.マップ・トゥ・ザ・スターズ、25.チャイルド44、26.バードマンあるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)、27.エクソダス神と王、28.ラン・オールナイト、29.トラッシュ! この街が輝くまで、30.妻への家路、31.誘拐の掟、32.キングスマン、33.パージ:アナーキー、34.エール!、35.ヴィンセントが教えてくれたこと、36.チャッピー、37.グッド・ライ いちばん優しい嘘、38.ひつじのショーン、39.ジョン・ウィック、40.ピッチパーフェクト2、41.ミッション・インポッシブル ローグネーション、42.KANO 1931海の向こうの甲子園、43.アナベル 死霊館の人形、44.ドローン・オブ・ウォー、45.ダイバージェントNEO、46.フォーカス、47.グローリー 明日への行進、48.ヴィジット、49.Re:Life、50.リピーテッド
[PR]
# by cinema-stadium | 2015-12-31 16:56 | Comments(0)

■恋人たち(HR)

キネカ大森2 2015.12.29

e0089956_1337329.jpg
●やっと、やっと、一年最後にまともな大人の日本映画に出会えた感じ。
●はてしない暗闇の向こうに小さな光を見いだすラストに触れた瞬間、2015年の日本映画ベスト1は決まった。
●といっても、書いている今はもう既にキネ旬1位とか賞総ナメなんで、自分の中での盛り上がりはかなり醒めたが、、
●しかし、初めて見る役者が見事な名優に化けてる橋口演出は、腐ってガラパゴス化した日本映画の中でかなり貴重な存在。ホンモノの役者になりたい俳優さんは橋口監督に鍛えてもらうのが一番良いと思うよ。
●皇族詐欺のエピソードは、ホンモノのモデルのキチガイぶりを肌で知っている身としては、オレに話を聞いてくれれば、もっと面白いエピになったのに。。そこだけ残念(笑
[PR]
# by cinema-stadium | 2015-12-29 13:37 | Comments(0)

■ベテラン(HR)

キネカ大森2 2015.12.29

e0089956_13362966.jpg
●2015年はシネマート六本木が閉館して、韓国映画に触れる機会がかなり減ったが、エンターテイメントとしてのクォリティの高さは、世界最高峰だと思うよ。韓国の娯楽映画ほど今面白いもんは無い。
●正義も悪も徹底するから、その衝突のスパーク感がハンパないわ。今の日本映画の惨状からすると、娯楽映画がこのレベルに達するのに、あと10年、20年は掛かるやろう、悔しいが。
[PR]
# by cinema-stadium | 2015-12-29 13:34 | Comments(0)